麻奈姫伝説

五条方集落に伝わる古い古い大昔のお話です。


真名川ダムほとりに立つ麻奈姫像

五条方地区でお守りの
麻那姫水神宮様9月にお祭り

農場横の真名川の清流

豊富な水の真名川ダムの放水風景

現在の豊富な水とたんぼ

竜神様のいた十文蛇淵の増水時の水量

桜と麻那姫様像                   麻奈姫里芋畑と百名山荒島権現岳

私たちの住む五条方地区では古くより水を大切にしてきました。
そのため、麻奈姫伝説が伝えられたり、水神様を大切にお祭りしてきました。

麻奈姫様は私たち奥越の守り神様です。
旧上庄村の五條方地区の長者の娘だったそうです。
大昔の大干ばつで飢饉の時に
十文蛇淵に住む竜神様に身をささげ、
大量の雨を呼び、地域を救ったと言い伝えられています
今も、五條方地区の人々は、水神様を大切にお守りしています。
今年9月13日は(毎年変わります)には、水神様の前で酒を飲み交わし、
麻奈姫様を偲んでお祭りをしています。
ときにはお立ち寄りください。

真名川は洪水と干ばつを繰り返していた暴れ川だったようです。
昭和34年には当農場の水田が真名川の氾濫ですべて流されました。
現在は、
真名峡にその後作られた大きなアーチ式真名川ダムのおかげで、
安定した豊富な水で、地域を潤しています。

トップへ
トップへ
戻る
戻る


2002(c) Fanfare Farm All Rights Reserved.