taikomoti arai logo

 

 

本2冊同時出版2018年(平成30年)9月
株式会社エクシートから単行本2冊同時出版

「我が太鼓持ち人生の裏座敷」
「記憶に残したい『風流人の12か月』」

 2018年の今年72歳の戌年生まれ。
 太鼓持ちと関わってから、アレコレ50年程が経過して、今年は6回目の戌年の節目にもなるし、膝腰などに支障も出始めているので、ここらで太鼓持ちに付いて振り返ることにしました。
 そこで本を2冊同時に出すことに。

 

 

 

 

 

我が太鼓持ち人生の裏座敷 1つは「我が太鼓持ち人生の裏座敷」。
 福井に住む貧乏床屋の小倅が、料亭も花街も芸妓も右も左も分からないのに、無謀にも太鼓持ちになろうと思って、あっちウロウロこっちウロウロしながら、兎にも角にも京都花街のお茶屋まで揚がる事が出来、全国からもお声がかかり、海外遠征(ヨーロッパ、アジア)までしてきました。
 3冊程、単行本も出版させて頂きましたし、劇場映画の太鼓持ち指導にも呼ばれました。
 消極的で引っ込み思案のボクちゃんでも、太鼓持ちになりたいと思った一心で突き進んだ経過を、何かの参考にでもなればと思い書かせて頂いた。
 

風流人の12か月 もう1つは「記憶に残したい『風流人の12か月』」。
 座敷遊びの面白さは、単に酒を飲んで騒ぐだけでは無い、そこには単なる他の人達との交流だけでは無く、知識や経験や知恵の交換であり、ヒントを掴む場所でもありますし、宴席では政治・経済・宗教・思想や肉体的欠陥や勝負事には触れない、お話するのは歴史・文化・ユーモアが基本ですネ。
 そんな話の中には必ず、時代の流れやお金儲けのヒントが隠されていて、それを捕まえる能力が試されてもいる、そんな遊びの会話に入って行く為にも、すくなくても季節の行事の意味くらいは知らなければ、話にも付いて行けない。
 そこで、主な年中行事の深読みの前段階を書かせて頂いた。年中行事をする事さえ今は衰退している、後世に座敷遊びでの行事の会話や遊び方を残せれば嬉しいです。
 今までお茶屋などでお世話になった、旦那様を対象にして少し出版しましたので、在庫的には少なく、在庫が有る間は、もし興味が有る人が居られましたら、一般販売(税別1000円)も可能です。

よろしゅうに。

 

 

 



BACK

mokuji

NEXT

 

top pagee-mail:houkan@mitene.or.jp

 

 

男芸者(幇間/太鼓持ち)「太鼓持あらい」のウエブサイトに掲載の文章・絵・写真・デザイン等の著作物は掲載了承済みです。転用転写や著作権を侵害する一切の行為はご遠慮下さい。全文及び著作名記載無き絵・写真・デザイン等に付き「太鼓持あらい」に著作権が有り、転用転写や著作権を侵害する一切の行為はご遠慮下さい。(c)2018


Copyright Information
Please be aware that any and all texts, images, pictures, photos, designs and other literary works on the TAIKOMOCHI ARAI's websites have obtained legal approval for publication. Please avoid reproducing or copying any part of the websites in any form without the prior permission of the copyright owner. The copyrights of any and all texts, pictures, photos, designs and other literary works on the websites are owned by TAIKOMOCHI ARAI unless otherwise designated, not permitting reproduction or copying of any of them without the prior consent of the copyright owner, which constitutes infringement on the copyright of the websites.(c)2018

 

 


japanesebook20180925-houkan@mitene.or.jp