観光新道








マウスをドラッグすると地図が移動します。ホイールをまわすと拡大縮小します。


 車で市ノ瀬から別当谷出合いまで入り、ここからが登山となります。夏場には売店もオープンしています。別当出合登山センターがあります。
 「観光新道」の標識に従って左手の方へ登っていきます。やがて左側から水音が聞こえてきます。約20分で工事用の林道と交差します。(現在は工事用林道をまたいでいる。)「手洗い場」と呼ばれています。
 登山道は林道と平行して右手の方へ緩やかに登っていきます。しかし、まもなくこのコース一番の急坂にさしかかってきます。所々に階段がついていて、ほぼ一直線に尾根まで続きます。手洗い場から約50分で尾根に取り付きます。
 左手、市ノ瀬からの白山禅定道と合流して「黒ボコ岩」へと向かいます。殿ヶ池避難小屋(とのがいけひなんごや)まで2km、室堂まで4km、市ノ瀬から6.1kmの標識があります。

白山禅定道と観光新道の合流点

 階段混じりの登山道をいくと、左手には白山釈迦岳のどっしりとした全貌が、右手には別山の山並が見えてきます。
 

白山釈迦岳


仙人窟(せんにんいわや)


 大きな岩を左に巻いて、道はやや緩やかになってきます。仙人窟をくぐると室堂まで3kmの標識があります。上方には殿ヶ池避難小屋が小さく見えています。やがて大きな窪地を通過します。まもなく殿ヶ池避難小屋に到着です。別当出合いから約2時間30分です。

殿ヶ池避難小屋


殿ヶ池避難小屋と白山釈迦岳


 小屋は尾根の上にぽつんと静かに建っています。標高は2050mです。ここからは、甚ノ助避難小屋、チブリ尾根避難小屋が手に取るように見えます。一休みしたら先を急ぎましょう。
 20分程で、「馬のたて髪」を通過します。尾根の上の吹きさらしで、天候の悪いときには注意が必要です。

馬のたて髪


 右手前方には砂防新道がせまってきています。

右手に砂防新道


 さらに20分程で小さなケルンのある窪地に着きます。「蛇塚」(じゃづか)と呼ばれています。標高は2240mです。10分程で「黒ボコ岩」に到着します。別当出合いから約3時間20分です。標高は2320mです。ここで先ほどの砂防新道と合流して室堂へ向かいます。
 この「観光新道」のコースは傾斜の急な場所がありますから、天候の悪い時、特に下山コースにはとらない方がよいでしょう。また、尾根上は障害物がないために、落雷のおそれがあるときにも注意が必要です。


  市ノ瀬登山口に戻る

  登山コースへ戻る




  ホームへ戻る