福井ライオンズクラブの系譜

地区順位番号
チャーターナイトー認証状
日本順位番号 55
クラブ番号 No.025135
創立年月日 昭和32年8月7日
承認年月日 昭和33年4月5日
事務所所在地 福井市大手3丁目7−1 繊協ビル内 
    TEL(0776)27−2777  FAX(0776)27−1094
例会会場 繊協ビル 8階  TEL(0776)− 
例会日時 第1・3水 PM12:15〜13:15
スポンサークラブ 金沢ライオンズクラブ
会員数 76名(3/1現在)

 昭和32年春頃、大阪LC幹事 広瀬省三氏から、福井県知事 羽根盛一氏に対して、福井に「ライオンズクラブ」の設立の要靖があり、一方、
金沢市長土井 登氏から、福井市長熊谷太三郎氏に同じく 「ライオンズクラブ」設立の勧誘があった。福井精錬株式会社専務取締役黒川誠一
氏が中心となり、昭和32年6月初めに福井県知事公舎に於いて世話人会を開催された。次いで、6月22日に 「福井ライオンズクラブへ入会の
おすゝめ」の勧誘状を市内の有力者の方々へ配布された。  6月25日に福井駅ビル3F食堂に於いて「福井ライオンズクラブ」の説明会を開催
初代幹事になられた八木源次郎氏が金沢LCへ数回にわたり見学に出掛けられた。
 7月に入り、クラブ結成の気運が盛り上がり、黒川誠一氏が中心となり結成準備会を開かれた。黒川氏より 「ライオンズクラブ会長」 推薦の動
議があり、各テーブルから選考委員会を選出し、別室にて選考会を開催した。その結果、初代会長には「名部井欽策氏」と決定した。黒川氏は
福井精錬の後継社長に内定しているため,将来は 「福井ロータリクラブ」に入会しなければならない事情もあり、福井ライオンズクラブへの入会は
出来なかった。
 この間、金沢LCからL辰村米吉、L岡本三郎、L勝沢加三郎及び、東京からは小浜藩主の未裔であるL酒井忠博が、郷土福井に是非ライオン
ズの灯火を灯したい、態々東京より来福されたのである
昭和55年(1980)12月17日 
 福井ライオネスクラブの結成式を拳行 北陸地区で3番目、
 福井県で最初の
「ライオネスクラブ」が誕生した。

 昭和56年(1981)3月24日  福井ライオネスクラブの チャーターナイト式典拳行

福井ライオンズクラブのあしあと
昭和 32年 8月7日 302地区 第55番目
北陸3県で5番目の「福井ライオンズクラブ」が誕生した
 
昭和 33年 4月5日 チャーターナイト記念式典挙行
昭和 38年 5月12日 チャーターナイト5周年記念式典
昭和 42年 5月3日 チャーターナイト10周年記念大会
昭和 43年
5月11日〜13日 
302−E 6地区 第14回年次大会
昭和 47年
3月
チャーターナイト15周年記念例会
昭和 52年 3月 結成20周年記念大会
昭和 56年 5月16日 334−D地区 第27回地区年次大会
昭和 57年 10月21日 チャーターナイト25周年記念式典 『五木ひろしビッグショー』
昭和 62年 10月24日 結成30周年記念式典
平成 4年 10月21日 創立35周年記念例会
平成 5年 5月15日 334−D地区 第39回地区年次大会
平成 10年 11月15日 結成40周年記念式典
平成 14年 12月18日 結成45周年記念式典