会長就任に当たって
      
木内 幹男
 先ずは、世界中で猛威を振るっている「新型コロナウイルス」により、被害にあわれた
り苦難に遭遇されている方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 この度、歴史と伝統がある 福井ライオンズクラブの第65期会長に就任させて頂くこ
とになりました木内幹男です。私が福井ライオンズクラブに入会致しまして15年になり
ますが、先輩ライオンより沢山の事を教えて頂き少しずつではありますが成長させて頂き
ました。まだまだ未熟な若輩者の私ではありますが、気配り・行動力・企画力に優れたL
木村徳明幹事、L 中村和裕会計、L 本多雄二テーマ、L 福島実テールツイスターの5役の
皆様と共に、また各種委員会委員長の方々を始め皆様のお力をお借り致しまして、会長の
職務を誠心誠意全うする所存でございますので、宜しくお願い致します。

 さて、65期のライオンズ活動を行うにあたり、5役の方々と企画を練って参りました。
その中で、今年もアクティビティーの中身を充実させて行う予定でしたが、新型コロナウ
イルスの感染拡大やワクチン接種の遅れを受けて、外部の関係者も参加してのアクティビ
ティー開催が難しい状況となって参りました。そんな中でも、試行錯誤し、メンバー一丸
となって開催できる様、諦めずに取り組んで参りたいと思っております。

 今期のクラブスローガンは「今、心を込めて We Serve」とさせて頂きました。新型
コロナウイルスの感染拡大で地域の皆様もご苦労され忍耐強く我慢と努力を重ねていま
す。こんな時だからこそ、地域の為に心を込めて奉仕活動を行いたいと考えています。ま
た、福井ライオンズクラブでも退会者が多くなっています。会員増強を図るのは勿論です
が、メンバー同士の友愛と相互理解を深め、未来に向けて絆をつないでいくために、皆様
のご意見も頂戴して例会やアクティビティーを充実させていくのも重要であるとの思いで
決めさせて頂きました。

 334D地区スローガンは、
     「We Serveで人間力を高めよう」― Linked Heart ― となりました。

 最後になりますが、メンバー一同、力を合わせてアクティビティーやクラブ運営に尽
力していく所存でございますので、皆様には今後も暖かいご支援並びにご指導・ご鞭撻を
賜りますようお願い申し上げます。