会 長 就 任 に あ た り
      
L. 山浦 隆幸
福井県において最初に設立された福井ライオンズクラブの第62代会長に就任する事にあ
たり、身の引き締まる思いで一杯であります。
 何を持ってしても実務経験、判断力の優れた野嶋祐記Lに幹事を引き受けていただき安心
をして進んで行けると思っております。
又、役員の方々、各委員長さんにおかれましても快諾を頂き、1年間お世話になる事に対し
まして感謝を申しあげる次第であります。
 さて、ライオンズクラブも創設100周年を迎え新たな道を歩み始めました。又、我が福
井ライオンズクラブも昨年60周年記念セレモニーも終わり61年目を新たな気持ちで歩
んでいけなければとの思いでいっぱいであります。
 本年度のアクティビティは耳の不自由な方の支援として、聴導犬の訓練事業発展に寄与した
いと思います。
 現在欧米にくらべ日本では目に障害がある方に必要な盲導犬は1000頭に対し、耳に障
害がある方に必要な聴導犬は70頭くらいしかおりません。まだまだ足らないのが現状であ
ります。たくさんの耳の不自由な方が待っておられるのが現状であります。
 少しでもお役に立ちたい気持ちで活動をして行きたいとの願いであります。
これからの1年間は皆さんが会長であると思って活動していただき、私はその中で舵取り
をさせていただくだけであります。本年1年間L.野嶋祐記幹事と、クラブ役員・各委員長・
副委員長さん、そして会員の皆様のご協力を頂きながらクラブの運営をやっていく所存で
あります。
一生懸命活動いたしますのでどうかご協力をよろしくお願いを申し上げる次第であります。


334D地区の次期スローガンは『We Serve 奉仕受益者・会員の為の奉仕活動への
探求・挑戦』となりました。


福井ライオンズクラブの第62期スローガンは
『みんなでつなごう奉仕の輪』
あります。