6月24日(日)

コルリ採集の終焉は、季節の区切りを示し、夏蟲採集への目印です。
梅雨雲からの弱弱しい日差しを頼りに、星一への生物調査に向かいます。
今日の目的は、ラミーカミキリとクズノチビタマムシであります。


<前後左右>

クワ車から10歩あるいて早速、ゲット!


<南方からの進出>

よく見ると、クズノチビタマムシもネットインです。ちっちゃ〜ぁ。
ここのポイントは、面白いです。貝のないカタツムリや、

野生のヤマトミツバチの巣があり、自然度はまずまずであります。
あとは、採集者のテクニック次第です。


<電信柱の巣>

クズノチビタマムシの写真撮影は厄介です。
ピントが合いません。


<佇み>


<後食中>


<ペアリング中>

クズ、アカメガシワ、ヌルデなど中心にスゥーピングをしていきますが、性分でしょうか、蟲を確認しないとネットを振る気になれません。
採集のコツとしては、見る前に採れでしょうが、フィールドでの彼らの姿は拝みたいものです。
で、ラミー発見。


<これは目立つ>


<ネットイン>

このポイントは、越前海岸の段丘上の照葉樹林です。適度に開けたオープンスペースには虫達が集まってきています。


<日本海へ>

さて、次回は、越前海岸でのライトトラップです。

採集結果
ラミーカミキリ  4♂♂1♀
ヨツボシカミキリ  1♂
トガリシロオビサビカミキリ  1♀
コクロホソナガタマムシ  1ex
クズノチビタマムシ  少々

戻る