3月26日(月)

昨日の地震は大変でありました。
昨日、25日の午前9時40分ごろ、私は、家族を引き連れ、大阪南港の海遊館の地下駐車場にて、『あ〜ぁ、疲れた!』と、大あくびをたれておりました。
全く、地震については知らず。その後のNHKのニュースを聞いて、ビックリ仰天でありました。
能登半島には、家族みなみなお世話になっております。
能登水族館、輪島の朝市、千枚田、佐渡が見える禄剛崎、軍艦島、千里浜などなど、家族で能登半島を3周は走っています。
被災された皆様には、お見舞い申し上げます。出来る範囲でご援助申し上げます。

さて。
翌月曜日(本日)は、快晴につき、職場近くの雑木林へギフチョウ採集に出かけます。
まだ、発生初期なので、南斜面の雑木林を探します。近くに高圧電線鉄塔があり、美味しい場所ですが、回避します。
暫く徘徊すると30分後、とある神社の裏山にたどり着きました。
此処は、パラダイスでした。


<右手の斜面から>

カタクリやスミレやヤマザクラが咲き乱れ、ルリシジミ、キチョウ、コツバメ、ルリタテハが乱舞しています。
時間は、13時過ぎなので、まだまだいけます。
じっと、待っていると、ギフチョウが舞い降りてきます。まず最初の個体を取り逃がします。(例年行事だ!)
じっと、待っていると、再びギフチョウが舞い落ちてきます。スミレの花に舞い落ちてきます。これは、さすがにネットイン。
新鮮な♂です。


<♂だけど女神>


<吸蜜場所>

じっと待っても来ないので、フラフラ歩いて、1個体追加できました。

食草のカンアオイは、そこらじゅうに見当たります。福井県平野部の典型的なギフポイントです。


<落葉の樹木に注目>

無事に、ギフチョウ初採集ができて目出度いです。いよいよ、蟲のシーズンがスタートします。
採卵や材割すれば、年中昆虫採集できるのですが、春をもってスタートにしましょう。
今年は、例年より10日〜2週間程度、春が早くているようです。コルリのタイミングが難しいかも。

採集結果
ギフチョウ  3♂♂
ギフチョウ  2♂♂1♀(28日)

戻る