鳥海山


平成20年5月3〜4日


HOME山スキーの部屋に戻る


平成20年(2008年)5月3〜4日 <メンバー>日本山岳会福井支部4名


大平

<5月3日>

福井北ICを4時前に入って深夜割引利用。
糸魚川と名立谷浜間で事故があり、やむなく
国道8号線にまわります。これでせっかくの
深夜割引きがパー!
新潟県の北部は高速道路がないので、7号線を
北上。大平小屋には12時40分到着。予定より
遅かったので、小屋には誰もいませんでした。
さっそく我々も近場へ滑りに行きます。

大平駐車場 13:25発

笙ヶ岳
池?
鳥海山と鍋森
滑降開始♪

日本山岳会福井支部の会長は御年79歳!
福井山岳連盟の元会長で、今でも海外遠征や
国内の登山をされています。滑りも華麗で
元気いっぱい(^^ゝ

この日は大平小屋で、地元の人たちの歓迎を
受け、美味しいお酒や食べ物でお腹いっぱい♪
いつの間にか寝てしまいました zzz

笙ヶ岳 15:38〜16:00
大平駐車場 16:22着


大平避難小屋

<5月4日>

昨日と同じく、大平駐車場から出発です。
こまめに休憩を取りながら御浜を目指します。
御浜は登山者で賑わっていました。ここから
尾根通しで進みます。左側は雪庇に亀裂が
入り、下山ルートである鳥越川(千蛇谷)の
様子がうかがえません。休憩時間が長く、
ペースがなかなか上がりません。

大平駐車場 6:40発
御浜小屋 9:20〜9:35
標高1800m地点 10:20〜10:45

大平から
御浜小屋
御浜からの鳥海山
稲倉岳
鳥海山
新山と夏道分岐
笙ヶ岳・御浜方面
文殊岳への登り
新山と千蛇谷

千蛇谷に下りるルートは我々には危険なので、
夏道分岐で相談の結果、外輪山の文殊岳に
行き先を変更します。地元メンバーが車を
にかほ市側に回送してくれたのに、残念! 

3人だけで文殊岳に向かい、千蛇谷が
見下ろせる地点(標高1915m)まで行って
昼食休憩。時間が早かったので、もう少し
先に行きたかったです(>_<)

標高1915m地点 11:40発
千蛇谷(鳥越川)と稲倉岳
滑降開始♪
鳥海湖を目指します♪
鍋森

メンバーの待つ地点まで滑り降り、帰りは
鳥海湖の周囲を滑りながら下ります。
鍋森を過ぎたあたりでシールを貼って、
稜線に登り返し。この後は、広大緩斜面を
滑って大平駐車場に戻ります。
夜は宴会だけ来た人も交えて大宴会♪
つきたての餅が美味しかったです。
地元の素敵な山仲間のおかげです。
宴は延々と続き、眠かった....

標高1600m(シール装着)12:00〜12:05
標高1650m稜線 12:40〜12:56
大平駐車場 13:12着

TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析