大嵐山

平成18年3月11日砂御前山から大嵐山、 平成23年4月1日砂御前山から大嵐山、 平成25年1月5日百合谷林道から大嵐山

平成26年1月19日百合谷林道から大嵐山、 平成29年2月12日百合谷林道から大嵐山、


HOME山スキーの部屋に戻る 砂御前山から大嵐山の地図



平成29年(2017年)2月12日 百合谷林道から大嵐山 

<メンバー>Taka、Naka1、Mura、Naka0、Hid、YAMA


百合谷(びゃっこだん)林道(8:21)

西日本中心に大雪。6時20分集合。
勝山から1台の車に乗り、桑島には
8時10分到着。

雪壁を乗り越えてスタート!
ラッセルを回しながら進みます。

林道が小さくカーブする地点から
杉林をショートカットします。

水芭蕉駐車場横の尾根を登って、
稜線に出ます。

動画(3分17秒)へGO!

(9:11)
(10:08)
(10:16)
(11:01)
(11:09)
(11:30)
大嵐山(1204m)に到着(11:59)


ヤセ尾根の稜線は段差が大きくて
悪戦苦闘(>_<)

なんとか乗り越えて高度を稼いで
行きます。

山頂が近くなると、気温が低く
なってきます。

山頂でやっと昼食休憩。ここまで
休憩なしでした(苦笑)
大嵐山(下山)(12:33)
滑降開始(12:43)
パウダー(12:47)
(12:49)
パウダー(12:53)
杉林(13:28)
下山(14:09)

お楽しみのスキーはパウダー(^^)/
心配だった段差もなんなくクリア♪

P1017mから急な谷筋に入ります。
この斜面が素晴らしかったです。

林道に出てから、杉林を滑ります。
最後のカーブもショートカット!

意外と穏やかな天気で、パウダーを
満喫しました(^^)/

TOPに戻る



平成26年(2014年)1月19日 百合谷林道から大嵐山 <メンバー>Taka、Yome、YAMA


百合谷(びゃっこだん)林道(8:14)

6時15分集合出発。雪道なので慎重運転。
勝山から谷峠越えで白峰を目指します。

桑島でTakaさんと合流。林道はすごい雪。
さっそく準備して出発!

最近降雪がなかったせいで、山も雪不足
でしたが、昨日一気に積もったようです。
膝近くのラッセルはYomeさんが大活躍♪

林道分岐をいくつか通り過ぎ、杉林を
ショートカット。砂御前山との三叉路
から樹林帯に入って、林道をショート
カットします。
(8:28)
(9:42)
ショートカット開始(9:45)
杉林(9:49)
雑木林(10:43)
雑木林(10:53)
稜線(行動中止)(11:39)
樹林帯を滑ります(Yomeさん提供)
パウダー(Yomeさん提供)

林道終点からは遊歩道らしき切り開きが
尾根に向かっていました。

視界が悪いので、稜線に出た地点で
行動中止。さっそく雪のテーブルを
作って、カップ麺の昼食です(^^)
<行動中止 11:10>

帰りは雪が重くて、ほとんど直滑降です。
樹林帯で少しパウダースキーを味わえ
ました。

砂御前分岐から下も、所々で林道を
ショートカットして、桑島に戻りました。

TOPに戻る



平成25年(2013年)1月5日 百合谷林道から大嵐山 <メンバー>Takagi、Oba、YAMADA



百合谷(びゃっこだん)林道(8:56)

北陸には貴重な晴れ予報。ロートル3人組で
急きょ雪山に出撃です。ラッセルが心配ですが、
3人力を合わせれば、なんとかなるでしょう(^^)

6時25分鯖江発で、桑島大橋には8時5分到着。
林道入口に車を置かせて貰い、8時30分出発!

最初は林道歩きです。雪が軽いので意外と楽に
進むことができます。白峰スキー場への三叉路
から、林道をショートカットして斜面に取り付き
ますが、人工の水路を渡ることができません。

悪戦苦闘しながら登り、次の林道カーブでやっと
渡ることができました(>_<)

林道分岐(右)(10:43)
ショートカット(Obaさん提供)
林道終点付近の尾根(11:38)


(Obaさん提供)

次も林道をショートカットして進みます。
樹林帯は意外とスキー板が沈まず、快適に
登ることができます。

標高750mの三叉路を右に進み、すぐに
林道のショートカット地帯に入ります。

小尾根に入ると、やがて左手に林道終点の
広場と建物が見えてきます。赤テープが
所々に付いており、稜線に出ると水芭蕉
方面に下っていました。

痩せ尾根を進んでいくと、急斜面になります。
おまけに段差が大きいので、越えるのに
かなり難儀します。
主稜線(12:19)
痩せ尾根(Obaさん提供)
白山方面(大嵐山より)(13:22)
(14:14)


百合谷林道(15:13)

やっとのことで山頂到着。白山の展望は今ひとつ
でしたが、無風なのでのんびり昼食休憩タイム♪
カップ麺を食べながら、憩いのひととき(^^)

次第に雲が増えて白山が雲に隠れてしまいます。
急いで準備して、下山開始!

心配だった急斜面は、雪質に助けられて無事に
滑り降りることができました。

下るに従って、雪が重くなってきます。登りの
ショートカットを避けて林道に出ると、下り
ラッセルになりました。

登りのトレースに出ると、快適?な直滑降♪

TOPに戻る



平成23年(2011年)4月1日 砂御前山から大嵐山 <メンバー>Hirose、Miki、YAMADA



白峰スキー場(競技専用)(8:36)

福井を6時30分集合出発。勝山でHiroさんと
合流します。谷峠付近は4月だというのに
すごい雪です。老舗の白峰温泉スキー場が
閉鎖?して以来、白峰には来る機会が激減
しました。トンネルを通過して桑島で右折。
ヤングバレー駐車場に車を止め、準備の後
出発!

ゲレンデも十分な雪量です。こんなに多いのは
何十年ぶりかしら? 無人のゲレンデをゆっくり
登ります。前回はリフト利用でした。ふ〜う...
白峰スキー場(競技専用)(9:03)
大長山・有形山方面(9:46)
青柳山からの稜線(9:48)
アップダウンが多いです(9:53)
痩せ尾根(10:04)
広くなります(10:27)


白山が近づいてきます♪(10:40)

青柳山で最初の休憩。ここからは尾根が狭く、
しかもアップダウンが多いので、スキーで帰る
には不向きの尾根です。景色を楽しみながら
ゆっくりペースで登りますが、Hiroさんは
健脚ぶりを発揮してかなり先行して行きます。

砂御前山直下はブナ林が広がり、なかなか良い
雰囲気です。ほどなくして砂御前山山頂。樹木が
邪魔なので、山頂から少し行った場所に雪の
テーブルを作って昼食休憩です(^^)
お湯を沸かしてから、カップ麺で乾杯!

砂御前山(10:59)
白山(10:59)
砂御前山直下のブナ林(11:10)
広いブナ林(11:12)
砂御前山から見た白山(Hiroさん写真提供)
白山と鳴谷山(11:22)


ブナ林を滑ります(12:14)

昼食休憩後、白山にお参りしてから滑降開始♪
ところが意外と雪質が悪く、スキー操作に
苦労します。水っぽい新雪がまだ固まって
なく、かなり抵抗のある雪質でした(T_T)

予定では林道終点に出て少し滑ってから、
登りやすそうなルートを捜すつもりでしたが、
先行するHiroさんが右寄りに滑っていって
しまいました。やむなく後を追い、谷筋に
出てから急斜面を登るはめになります。
結局、前回と同じ稜線に出てしまいます。
百合谷(びゃっこだん)方面(12:15)
広大斜面♪(12:15)
重い雪に苦労(Hiroさん写真提供)
大嵐山(標高1204m)(Hiroさん写真提供)
大嵐山から滑った斜面(13:43)
落葉樹林帯(13:46)


林道に出ました♪(14:19)

大嵐山で休憩後は、林道まで落葉樹林帯を
滑ります。ここが一番のハイライトでしたが、
下部はやはり杉の植林地を滑ることになって
あまり快適ではありませんでした。林道に
出てからもう一度ショートカットで広い斜面を
滑りますが、ここは小さな谷が多く、進路を
右に左に変えながら滑りました。無事林道に
出てからはのんびり滑ってゴール(^^)

帰りに白峰の温泉に寄ったところ、場所が
少し移動して素敵な温泉になっていました♪
TOPに戻る



平成18年(2006年)3月11日 砂御前山と大嵐山 <メンバー>TAKAGI、Kitazawa、Nakanisi、YAMADA


青柳山から砂御前山へ

白峰スキー場は明日で今季の営業終了だとのこと。
土曜日だというのに、スキー客はまばらでした。
昔の賑わいがウソみたいです(>_<)
ヤングバレー終点 8:40発

青柳山方面を振り返る

リフト2本で600円。ジャイアントリフトは残念ながら
運休中でした。
青柳山 9:04

白山

青柳山終点からはアップダウンの多い痩せ尾根です。

白山と鳴谷山

白山を見ながらスキーを前に進めます。
標高1218m 10:13〜24

砂御前山で昼食♪

砂御前山で早めの昼食です(^o^)/
薄雲が広がり、白山が霞んでしまいました。
登り返し標高880m 12:30

カモシカの糞

昼食後、第1目標の百合谷(びゃっこだん)を滑りますが、
雪がグサグサで今ひとつ。ここは獣の足跡が多いです。
登り返し標高880m 12:30

大嵐山の折れた杉

仕事があるnakaさんと分かれて稜線まで登り返し、
大嵐山に向かいます。これが最悪の痩せ尾根(>_<)

大嵐山からの斜面

アップダウンもかなりあって、時間がかかりました(>_<)
大嵐山 14:07〜24

ブナ斜面

大嵐山からは疎林の大斜面を滑ります♪ 
林道に出てからもう一度疎林の斜面に入ります。

百合谷

無事、下の林道に出ることが出来ました(^^)
百合谷橋 15:20着


TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る