新穂高温泉〜双六岳周辺

平成3年5月4〜6日平成15年5月3〜5日

HOME山スキーの部屋に戻る



平成15年(2003年)5月3〜5日<メンバー> Yamagata、Nakanisi、YAMADA


秩父沢付近の大雪渓

2日深夜出発。途中、国道脇でテント泊
3日、7時出発。

鏡平から見た槍ヶ岳

穴毛谷出合からスキー歩行
天気がよいので、鏡平経由。

槍ヶ岳をバックに♪

稜線漫歩の後、双六谷に滑り込んで、小屋に向かう。

黒部五郎のカール

4日は三俣蓮華岳を越えて、黒部源流へ♪

黒部源流へと滑降開始♪

三俣蓮華岳は白銀世界の中心です。
三俣山荘の方には向かわずに、
大斜面を黒部源流めがけて滑ります。

真っ白な黒部源流

天気と雪質に恵まれて、山スキー最高♪


三俣山荘で昼食

登り返して、三俣山荘で休憩(^o^)/

弥助沢の広大雪原

昼食後、弥助沢に滑り込む。広大雪原と槍ヶ岳に感動!

弥助沢に降り立つ

ルートはKimikoさんの頭の位置の
ルンゼ状斜面。

モミ沢の登り返し

雪質が良く、全員無事に下りることができた。
標高2000mでモミ沢を登り返す。

双六谷左俣の滑降

5日も快晴。
双六岳から双六谷左俣を
滑る。標高2100m付近で
大ノマ乗越に登り返す。

槍ヶ岳を見ながら

大ノマ谷は悪雪グサグサ。
わさび平小屋で休憩後、
穴毛谷出合までスキー
中尾温泉はいいねえ♪


TOPに戻る


平成3年(1991年)5月4〜6日<メンバー> Kimura、Okada、YAMADA



ワサビ平小屋

5月4日

前日までの冬型のため、山では新雪。丸岡ICに
4時30分集合。路面にはまだ雨が残っているが、
天気は心配なさそう。新緑のドライブを楽しんで、
新穂高温泉を8時出発。心配だった林道歩きは30分。
すぐに雪上歩行となり、橋を渡ってからはスキー歩行。
新雪の山々が美しい。ワサビ平小屋には9時35分到着。

しばらく林道歩きを続けてから、小池新道に入る。
目の前には大ノマ乗越。すばらしい大斜面である。
帰りのスキーが楽しみと言いたいところだが、
新雪が重く、悪いことにこの頃からガス。途中から
鏡平への谷に入って、ひたすら登るだけであった。
新雪のため、大ノマ乗越に行く人はいないようだった。





大ノマ乗越へ



テント場の朝

鏡平の手前でルートは2つに分かれて、左の斜面を選択。
この斜面がえらかった。やっとのことで弓折岳に出たが、
もうバテバテ。ルートを間違わないように先行者の跡を
たどって、16時27分に双六小屋に到着。 
 
5月5日 晴れ
 
双六小屋を7時45分に出発して、双六岳に8時55分到着。
遮るものない景色を楽しんだのち、湯俣川に滑り込む。
新雪が重くて、スキーはうまく操作できなかったが、
なんとか弥助沢の出合まで滑ることができた。

  





槍ヶ岳をバックに登る



槍ヶ岳〜穂高連峰



三俣蓮華・水晶岳方面





薬師岳・黒部五郎・水晶岳方面











弥助沢の途中で昼食。いつものようにビールで乾杯♪
あとは小屋まですぐであった。これで午前の部終了(^^ゝ

13時35分、午後の部の開始。再び双六岳に登って、
双六カールを滑る。午前より少し雪が緩んできて、
なんとか下まで滑りらしいことができた。出合の沢の
水で喉をうるおし、約50分で双六小屋へ。こんな
登りなら、初日もここを登れば良かった!





5月6日 晴れ 

最終日。小屋からそのまま双六谷を滑って、大ノマ乗越を
目指す。下部はモナカ雪になってスキーは悪戦苦闘。
沢の屈曲点でスキーアイゼンを着けて、シール登高。
しかし、他のパーティはほとんどツボ足であった。









大ノマ乗越で最後の展望を楽しんだ後、大滑降♪
相変わらず、スキー操作に苦労したが、大斜面は
そんなことは問題にせず大満足。途中で何回か
休まないと、足が耐えられなくなるのであった。

ワサビ小屋でまたビールで乾杯。今日は愉快痛快。
林道の新雪はかなり減っていたが、それでもほとんど
スキーで下ることができたのであった。温泉で疲れを
いやしてまたビールで乾杯。今回は本当によくビールを
飲んだものである。一緒に行ってくれた仲間に乾杯(^o^)/








TOPに戻る

HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析