真砂沢〜大窓〜馬場島


平成5年(1993年)5月3〜5日 <メンバー> Yamagata、Okada、Muranaka、YAMADA、他1名

HOME山スキーの部屋に戻る 白萩川の地図




奥大日岳

5月3日(雨のち曇) 御山谷

天候が悪いせいか、1時間待ちくらいでケーブル乗車。
しかし室堂はガス。予定を変えて一の越を目指す。
一の越はいつもの烈風がなく、意外と穏やか。
ここでしばらく天候待ち。御山谷の出だしは
強烈なアイスバーン。こんなすごい雪質は初めて
である。しかしそれにもかかわらず、まわりは
かなりのスキーヤー。天気が悪いので、皆ここを
滑っているみたいであった。

雪は例年よりかなり多く、いつもなら高巻きする
地点も、沢沿いに滑ることができる。橋のところには
14時25分到着。あとはダムを目指して我慢のひととき。
16時8分にケーブル乗り場に到着となり、最終便に
乗ることができた。今日の宿泊地は雷鳥ヒュッテ。
やはり温泉はいい(^o^)/



真砂への登り





真砂への登り


5月4日(晴) 真砂沢


出発は7時35分。沢筋を詰め、途中から
アイゼン歩行に切り替える。若い2人から
少し遅れて、標高2750mの真砂沢源頭には
9時40分到着。後続を待つ間に真砂沢の
様子をうかがうが、滑り出しはかなり急。
別山寄りに斜度の緩いところを見つけ、
そこからスタートすることになった。
10時35分滑降開始。斜面は急だが広々と
しており、雪質も昨日とはうって変わって抜群。
あまりの素晴らしさに、何回もシュプールを
振り返る。今日は感動してばかりである。

途中休憩して、真砂沢出合には11時20分到着。
陽射しを浴びながらの昼食は最高。ビールがうまい!
ふらつきながら、剣沢小屋には15時ちょうど到着。
夕食は山小屋とは思えないような豪華料理。
客が少ないとサービスが行き届くのであろう。

真砂沢

真砂沢(上部)

真砂沢(下部)


5月5日(晴) 剣沢〜大窓〜白萩川〜馬場島


最終日。出発は6時45分。昨日の好天で
適度に滑り易くなった斜面を、各自思い思いに
ターンを決める。真砂沢出合には7時15分到着。
近藤岩に近づくと沢が割れはじめ、スノーブリッジを
使ってコースを選ぶ。近藤岩には7時32分到着。
池の平に行くのは我々5人だけ。頑張ろう!


  
剣沢

  
北股
  
池の平 大窓出合






小黒部谷


コルには9時35分到着。ここでシールを
はずして、小黒部谷の滑降開始は9時50分。
最初は急だったが、雪質はザラメ。写真を
とりながら快適に下り、大窓出合には
10時7分到着。ここで簡単な行動食をとる。



大窓の雪庇はピッケルを使って越える。
そして、感激の握手を交わした後、ラーメンの
昼食。ビールがないので紅茶で我慢である。
それにしてもここにいるのが夢のよう。
記念撮影のあと、14時ちょうどに出発。
雪が緩んでおり意外と滑り易かったが、
途中から小石とデブリに悩まされる。

大窓直下

  
白萩川



白萩川

西仙人谷出合あたりでやっとひと息つける
ようになり、振り返ると大窓が圧倒的!
よくぞあんなところを滑ってきたものである。
ここはやはり天候とメンバーに恵まれなければ、
来れないところである。今日の幸せをしみじみと
感じながらさらに行くと....ガーン!
ついに来るべきものが....最初の徒渉であった。







徒渉!



沢の様子を見ると、真ん中の倒木に
フィックスロープが張ってある。
そこまで行くのに万が一を考えて、
ザイルを張ることになる。固定してから
一人ずつ渡ったのであるが、Kimikoさんが
岩を飛べなくて急流にドボン。ザイルを
張ってあったおかげで大事には至らなかったが、
いやはや楽しませてくれます。

高巻の地点には雪がついていて、沢筋を
行くことができる。取水口近くで2度目の徒渉。
ここもザイルを張って、一人ずつ慎重に渡る。
そしてすぐに堰堤。これでやっと帰れる!

堰堤の左端を慎重に下り、最後にもう一度右岸に
渡って林道に出る。あとはところどころで
スキーをしながら、馬場島には16時40分到着。
下の食堂でビールを注文して、今日の成功を祝った
のであった。食堂の窓からは大窓がくっきり。
それにしても、あそこを滑ってきたなんて!


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析