新穂高温泉から大ノマ乗越

平成9年(1997年)5月18日 <メンバー> Yamagata、Okada、Kawabata、Futatuya、Hamada、YAMADA

HOME山スキーの部屋に戻る




大ノマ谷

小宴後、就寝。翌18日、5時起床。
車で移動して、ゲートを6時20分出発。
ワサビ平小屋まで1時間の林道歩き。
<ワサビ平小屋 7:20〜7:44>

兼用靴に履き替え、小池新道に入る。
まだら雪を拾ってしばらく行くと、秩父沢。
振り返れば先週の西穂沢がくっきり。
よくもあんな急谷を滑ったもの!
ここからは傾斜がだんだん急になり、
キックターンを多用。

大ノマ谷 西穂沢をバックに♪


槍ヶ岳をバックに♪

大ノマ乗越には11時到着。標高2475m地点で
昼食休憩。少し風が冷たかったが、雪のテーブルを
設営します。双六谷方面を見渡すと、あちこちで
谷が割れており、ゴーゴーと水の音。槍ヶ岳の
飛騨沢も雪がなく、今年の雪の少なさを実感!
昼食中、空に黒い雨雲。空身で標高2662mを往復。

<昼食 11:12〜12:55>

大ノマ乗越からは大斜面を満喫。下部ではデブリに
悩まされる。最後は残雪を拾いながら滑り、
デコボコ斜面に足がつりそうになる。





槍ヶ岳をバックに滑る♪

14時25分、標高1395mでスキー終了。
林道歩きも今回はそれほど苦にならない。
大ノマ谷を滑る♪

ワサビ平小屋で最後の休憩。林道ゲートには
15時35分到着。温泉に入って汗を洗い流す。


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析