蓮華温泉から朝日岳

平成5年4月2〜4日栂池〜朝日岳〜栂池平成17年5月3〜5日栂池〜朝日岳〜金山沢平成27年5月2〜4日栂池〜朝日岳〜栂池

HOME山スキーの部屋に戻る 蓮華〜朝日岳の地図



平成27年(2015年)5月2〜4日  <メンバー>Taka、Oba、Naka、YAMA


5月2日 栂池〜白馬乗鞍岳〜蓮華温泉

5時発。福井から糸魚川まで高速利用。
徳光で石川組と合流。<休日 3560円>

栂池からゴンドラとロープウェイを乗り
継いで栂池自然園へ! <1920円>

天狗原でyama56さん4人組に遭遇(^^)
荷物をデポして、白馬乗鞍岳を往復。

白馬乗鞍岳の斜面は縦溝が深くて、
滑りは楽しめませんでした。

振子沢の縦溝も酷く、脚がヨレヨレ(泣)
蓮華温泉でさっそく温泉&ビール(^^)/

白馬岳方面(9:57)
天狗原を目指します(10:15)
白馬岳方面(12:10)
天狗原へGO!(12:26)
振子沢へGO!(13:09)
(13:35)
(14:10)
赤い橋(14:12)
蓮華温泉(14:23)
蓮華温泉(14:26)

5月3日 蓮華温泉〜朝日岳(往復)

5時15分スタート! 途中で朝食の
おにぎりを食べます。

平馬ノ平も凹凸が酷いです。瀬戸川に
下って、恐る恐る鉄橋を渡ります。

白高地沢はかなり流れが出ていました。
15人の大パーティは、スノーブリッジを
渡り、五輪山を目指すようです。

いつもは広大な白高地沢も、今年は
雪が少なくて、あちこちでヤブが出て
いました。

(5:32)
平馬ノ平(5:47)
瀬戸川(6:14)(obaさん提供)
瀬戸川鉄橋(obaさん提供)
(7:13)
ひょうたん池(7:16)
白高地沢(7:29)
(7:47)

(8:13)

広大斜面をゆっくり登って行きます。
急斜面に取り付いて、カール状の
台地に出ます。

稜線に出ると、夏道が出ています。
トラバース気味に山頂を目指します。

単独行の男性と相前後して山頂へ!
お話を伺うと、昨日の雪倉岳は、
ここより縦溝が酷かったとのこと。

食事中に、栂海新道を下るツボ足の
5人パーティ(女性1人を含む)が
やって来ました。

(8:16)
朝日岳(8:52)
朝日岳(9:39)
雪倉岳(9:42)
(10:15)

五輪山方面(11:11)
(11:30)
朝日岳に到着(11:38)
朝日岳(11:53)

大斜面へGO!(12:14)

昼食後、大斜面へGO! 上部は
縦溝が目立たず、快適スキー(^^)/

次々に山スキーヤーが登って来ます。
帰りがかなり遅くなるのでは?

ひょうたん池付近で、五輪山に行った
15人パーティが休憩中。

瀬戸川を渡ってからの急登が、非常に
辛かったです。

帰ってから、さっそく温泉&ビール♪
気持ち良く滑ります(12:17)
(12:19)
(12:35)
(12:39)
白高地沢(obaさん提供)
(13:07)
瀬戸川鉄橋(14:00)
平馬ノ平(14:34)
蓮華温泉(15:48)
蓮華温泉に到着(15:58)


蓮華温泉(takaさん提供)

5月4日 蓮華温泉〜振子沢〜天狗原〜栂池

朝食をしっかりとって、6時45分出発。
脚に力が入らず、ヨロヨロ進みます。

天気は下り坂ですが、時々太陽が
顔を出します。

天狗原の手前で小雨がパラつきます。
天狗原に出ると、ガスが濃くなります。

ヘリスキーの旗を目印に、ゆっくり
下って行きます。<ゴンドラ 1360円>

下山後、温泉に直行♪ 石川県に
入ってから土砂降りになりました。
<高速 3560円>
(7:17)
(7:37)
(8:10)
(8:16)
白馬乗鞍岳(9:39)
天狗原に出ます(9:42)

TOPに戻る



平成17年(2005年)5月3〜5日 栂池〜蓮華温泉〜朝日岳〜金山沢
<メンバー>Okada、Futatuya、Kitazawa、Tachiyo、Yamagata、Nakanisi、YAMADA


白馬乗鞍岳へ♪

栂池スキー場の第2駐車場から出発。ゴンドラと
ロープウェーを乗り継いで、一気に栂池自然園へ♪
少しの歩きで天狗原に到着。
(1)栂池自然園10:17出発
(2)天狗原11:22〜11:38

天狗ノ庭尾根

ヘリスキーの客が続々と白馬乗鞍岳へ登っていきます。
我々もあとに続いて、山頂で昼食♪ ハイマツを漕いで、
白馬大池に移動。ここは、登山道を行くべきでした(>_<)
(3)白馬乗鞍岳12:25〜13:06
(4)白馬大池14:15


朝日岳を正面に、尾根を滑る♪

天狗ノ庭への尾根を滑りますが、雪が少なくて少し
難儀しました。

滑降コース

標高2308mから尾根が2つに分かれますが、しゅう氏と
私の2名は間の狭い谷筋を滑ります。なかなか味わい
ある滑降でした(^^)


蓮華温泉は近い♪

蓮華温泉に着くと、宿泊手続きをして、すぐにビールと
お風呂です♪ お風呂も綺麗で、極楽極楽(^o^)/
(5)蓮華温泉15:19

瀬戸川鉄橋

4日も快晴です♪ 瀬戸川の通過が一番の難所です。
帰りもここを登り返さないといけないです。
<写真提供しゅういち氏>
(6)蓮華温泉5:58発


白高地沢に入る

白高地沢は谷割れ進行中で、小さな高巻きが多いです。
しかも今日は、烈風でヨロヨロ(>_<)
(7)白高地沢末端7:40〜7:50

白高地沢

朝日岳を正面に見ながら、白高地を進みます。
しゅうさんが正面のルンゼを滑りたいみたいです。
(8)標高1750m(休)9:04〜9:13


広い白高地沢

途中から右手の台地に上がると、そこも広大斜面♪
山頂まで休みなしで登ったので、パーティーが
バラバラ状態。ヘロヘロで山頂に着きました。

台地に上がります

山頂で雪のテーブルと風よけのブロックを作り、
後続を待ちます。全員集合して、ビールで乾杯v(^o^)/
(9)朝日岳11:05〜12:30(昼食)


コースミス

山頂から白馬岳方面の景色を満喫♪
雪のテーブルを他のパーティーに
譲って、蓮華温泉に帰ります(^^)
帰りは正面ルンゼを滑ります♪

正面ルンゼ

2手に分かれて滑りましたが、左岸沿いに滑った
グループはさらに2手に分かれました。3名は
そのまま狭い急斜面を横滑りで下りましたが、
2名は安全策で、雪のある斜面まで登り返しました。
<写真提供しゅういち氏>


正面ルンゼを滑り終えて♪

登り返した2名をしばし待ちます。kimikoさんが怖そうに
滑ってきて、全員集合♪ 合流後は斜度も緩くなり、
楽しいスキー(^o^)/ 最初からルンゼの中央を
滑るのが正解でした。

正面ルンゼ滑降ライン

白高地沢末端で板にシールを貼るグループと、
スキーを手に持って歩くグループに分かれます。



白高地沢末端

瀬戸川に下って橋を渡り、嫌な急斜面を登ります。
ここが本日一番辛い場所でした。
(10)白高地沢末端13:56
(11)瀬戸川鉄橋14:27

平馬の平を行く

全員集合したところで、平馬ノ平を横断しますが、
まだ、最後の登りが残っていました(>_<)
(12)平馬ノ平15:27(休)
(13)蓮華温泉16:26


蓮華温泉に到着♪

ヨレヨレになって蓮華温泉に着くと、窓から手を振る人が
います。彼女(T夫人)は食事の時、プロガイドのツベート
さんと楽しそうに話し込んでいました。この日もビールと
温泉で極楽極楽♪ 夜はいびきの大合唱!

白馬大池を行く

5日最終日は雲が多く、風も昨日と同様強いですが、
次第に晴れ間が拡がって、快晴です。中ノ沢から
振り子沢を登り、天狗原手前からかなり厳しい斜面を
登ります(T_T)
(14)蓮華温泉6:46発


金山沢ドロップポイント

白馬大池で全員集合までかなりの時間がかかりました。
登りの斜面では、皆さん、かなり緊張したとのこと。
(実は私も緊張しまくり!)
(15)天狗原手前8:50〜9:00
(16)白馬大池10:40〜11:25

金山沢を滑る♪

途中から夏道を使って2612mピークを目指します。
ここから最後の滑降です♪ 残った食料で腹ごしらえ
してから、いよいよ金山沢へスタート(^^)
(17)標高2612m12:24〜13:00


広い中間部

ここは人気コースなので、スキー跡だらけ! 雪質も
ザクザクで、デブリに突っ込んであちこちで転倒者続出。
脚が疲れているので、ふんばりがききません(T_T)
大雪渓との合流点で、大雪渓を眺めながら最後の休憩。
(18)大雪渓出合13:49〜14:07

大雪渓

猿倉に着くと、うまい具合に
タクシーが待っており、栂池まで新緑を
眺めながらのドライブ。帰りは栂池温泉で
汗を流し、楽しい連休が無事終了です♪
(19)猿倉14:29着


TOPに戻る



平成5年4月2〜4日 栂池〜蓮華温泉〜朝日岳〜栂池 <メンバー> Yamagata、Okada、YAMADA


栂池から蓮華温泉へ 
白馬乗鞍岳への登り

4月2日(晴)
栂池スキー場には9時着。車を無料の駐車場に置くのに
手間取る。林道を2ヶ所カットして、成城大学小屋に
10時50分到着、休憩となる。
天狗の庭

天狗原には12時8分到着で、強風を避けながら昼食。
出発は12時47分。シールを効かせながら白馬乗鞍の
大斜面を登りきり、13時43分に三角点を通過。
風はますますひどくなり、白馬大池でほっとひと息。


雪倉岳・朝日岳

14時10分、大池から少し行った所でシールをはがす。
いよいよ天狗ノ庭めがけ、雪倉岳・朝日岳を眺めながらの
大滑降。しかし、雪質は最悪のモナカ。途中で次田経雄
プロのツアーグループに追いつき、いいところを見せようと
張り切って大転倒。ビンディングが曲がってしまい、
修理にあせってしまう(>_<)

悪雪に四苦八苦して、蓮華温泉には15時23分到着。
あたりに誰もいなくなった頃を見計らって、次田プロの
スキーを手に持って記念撮影。気分最高!
夕食前に風呂に行き、顔の黒いおじさんと山の話をする。
そのおじさんが次田プロだった。次田プロはビールを
飲みながら風呂に入っていた(^^ゝ



蓮華温泉から朝日岳へ 
白高地沢を行く

広大な白高地沢




白高地沢

夜はプロのツアー客が4つほど入っているようで、
旧館はにぎやかであったが、新館は我々3人だけの
貸し切り。布団をぜいたくに使って、静かな夜を
楽しんだ。


4月3日(晴)

4時30分起床。簡単な朝食を部屋でとって、
6時8分出発。スキーの跡は全部雪倉岳の方に行っており、
朝日岳方面は皆無。ブナ林を下って瀬戸川の橋を捜し、
恐る恐るスノーブリッジを渡る。白高地沢に沿って、
ゆるやかな小尾根を登り、標高1335m付近で白高地沢に
下りる。

白高地沢は広大な雪の原。ここで憩いのひととき。
あとはこの広い沢を詰めて行けばいいのである。
朝日岳を正面に見ながら先行する2人の後を追う。
9時47分、標高1700m付近で休憩。あたりは沢と
いうより、大運動場といった方がいいくらい(^o^)/
朝日が大きく立ちはだかり....風が強い!

いろいろ検討した結果、北尾根はやめて、南尾根から
登ることになる。目指すは赤男山との鞍部(標高2035m)
風を避けて、雪庇の下で昼食。稜線に出ると富山側
から強風。高度計を見ながら、大きな尾根を黙々と
登る。そして、待望の頂上には12時55分に到着。
烈風に悲鳴をあげながら記念撮影。シールをはがして
早々に下山となる。


朝日岳 
烈風の稜線

朝日岳山頂

山頂はもうすぐ

滑りは楽しい♪



広大斜面

南斜面は意外と滑り良く、昼食場所に
13時40分到着。やっとアルコールタイムと
なった。焼酎のオンザロックがこたえられない!
白高地沢は広大なスキー場。思い思いに滑る姿を
写真に撮りながら、標高1335m地点には14時30分
到着。ここからは沢を離れて、尾根筋を滑る。



瀬戸川

最大の難関、瀬戸川には、15時10分到着。
再びスノーブリッジを渡り、シールをつけて
急登に喘ぐ。腐った雪にくたくたになって、
平馬ノ平には16時5分到着。もう気力だけで
歩き続け、蓮華温泉には17時15分到着。
さっそく缶ビールを2本飲んで、風呂に入った
のであった。最高の気分!

4月第1週の土日は、新潟の団体が来るので
蓮華温泉は大混雑。食事は悪いし、部屋は
スシ詰めになるし、いいことなし。


平馬ノ平


4月4日(曇り)

今日は朝食をとって、7時に出発。
標高1750mで1度休憩して、天狗平には
10時32分到着。強風を避けながら
シールをはずし、すぐに成城小屋を目指す。
この大斜面はまずまずの雪質で、本日の
ハイライト。今日はスキー場も悪雪だった。
フラフラになってチャンピオンリフト前の
食堂に12時22分到着。ここでやっと
ビールにありついて、乾杯(^o^)/


TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析