御岳・尺ナンゾ谷

平成20年(2008年)4月20日 <メンバー>Oba、Matumura、Takagi、Okada、Futatuya、Mitamura、YAMADA
HOME山スキーの部屋に戻る 御岳・尺ナンゾ谷の地図 


徒渉(第1の関門)(7:49)
樹林帯(8:44)

兵衛谷(下降地点)(9:28)

19日夜発。高山経由で飛騨小坂に南下して、
道の駅で宿泊。夜中に関西組が到着しますが、
朝が早いので、大人しく就寝となります。

20日は4時起きで、5時過ぎに出発です。
車で山道を登っていくと、やっと濁河温泉(^o^)/
車を市営駐車場に置いて、乗鞍少年自然の家
から出発。小さな沢を渡り、さらに兵衛谷の
徒渉です。岩が滑りやすく、緊張しました。
急な登りの後、樹林の尾根に出ます。上俵山を
過ぎると下りになり、再び兵衛谷に下ります。

少年自然の家 6:34発
上俵山 9:00〜9:10

兵衛谷と御岳(9:29)
兵衛谷(9:31)
兵衛谷を進む♪(9:36)
兵衛谷(二俣)(9:42)

尺ナンゾ谷出合の滝(9:43)


兵衛谷をしばし進むと二俣です。滝のある左俣が
目指す尺ナンゾ谷です。右岸から高巻きますが、
地形が緩やかなので安心です。尺ナンゾ谷は
次第に高度を上げますが、なかなかコルに到着
しません。休憩なしで、広い雪原をヨレヨレに
なって進みます。

尺ナンゾ谷(9:52)
尺ナンゾ谷(10:21)
尺ナンゾ谷(11:05)
継母岳(11:15)
広大斜面♪(11:36)
剣ヶ峰(12:10)

継母岳(12:44)


先着組は剣ヶ峰を登って行きました。もう登る気力は
なく、コルで昼食休憩となります。雷鳥が近くで賑やかに
鳴いていました。そのうちに剣ヶ峰に登っていた先着組も
合流し、滑降準備に入ります。帰りも登り返しや徒渉が
あるので、油断大敵です。

大斜面を動画を撮りながら下りますが、谷に入ると
スキー操作に苦労します。前日の雨がここでは重い
雪になったようです。兵衛谷に出ると、すぐに尾根へ
登り返しです。

2760mコル 11:55〜12:50(昼食)


滑降開始♪(12:51)
Mr.Futatuya(写真提供 Mr.Oba)
Mr.Okada(写真提供 Mr.Oba)
Mr.Matu(写真提供 Mr.Oba)
Mr.Oba(13:03)
Mr.Takagi(13:15)
出合の滝(13:39)
徒渉(14:58)


林道(15:37)
痩せ尾根に出てしばらくすると広い尾根に
なりますが、樹林が濃く、針葉樹の屑や落ち葉
だらけで、ただ耐えるだけになります。
徒渉は登りの時よりもスムーズにいきました。
林道に出ますが、ゴールまでが長かった!

兵衛谷の徒渉 14:54
少年自然の家 15:41
市営駐車場 15:47




HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析