チャオ御岳リゾートから継子岳

平成18年(2006年)5月21日 <メンバー>Oba、Okada、Nakanisi、Kato、Miyamoto、YAMADA、
HOME山スキーの部屋に戻る


御岳を見ながら進む♪

大野で2人と合流し、白鳥経由で3時間40分のロングドライブ。
日和田高原は、新緑と白樺が非常に綺麗でした。
obaさんは7時頃に着いて、かなり待ったとのこと。
時間にいい加減で、申し訳ないですm(__)m

乗鞍岳も雪が少ないです

寂しい駐車場で準備の後、出発です。
<コースタイム>
ゲレンデトップ 9:37〜9:52
ゲレンデボトム 8:37


ルンゼを登り詰める

ゲレンデトップから上は、濃い樹林帯。
赤布を付けながら高度を稼ぎます。

危険地帯でスキーをはずす

樹林帯を抜けると、ハイマツ帯の
通過に苦労しました。

再びシール登高

かろうじて雪が繋がったルンゼを登り詰めると、
待望の山頂です。時間が遅いので、定番の
カップ麺はなし。
急なルンゼ

いつものようにビールで乾杯〜♪
<コースタイム>
継子岳 12:50〜13:50(昼食)

剣ヶ峰と四ノ池

360度の展望を楽しんでから、お待ちかねの滑降スタート♪
  急なルンゼを慎重に下ります。

滑降スタート♪

途中の岩場で一度だけスキーを脱ぎました。
この後は快適スキーです♪

華麗な滑り、Mr.しゅう

再びハイマツ帯を横切り、尾根に戻りました。
ここで最後の休憩です。小さな沢を滑ると、
快適にスキー場に戻れるようでしたが、
赤布を回収しながらゆっくり滑りました。

危険地帯を通過するMr.oba(右)

<コースタイム>
ゲレンデトップ 15:00着



スプリットボーダーMr.KATO

時期外れのスキーは予想外の成功♪
帰りのドライブ途中の新緑が綺麗で、
往復8時間弱の労力が報われました。

ゲレンデ貸切♪(右)

塩沢温泉(500円)に寄って気持ちよい汗を流しました(^o^)/

<コースタイム>
ゲレンデボトム 15:20着


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析