鳴谷山

平成14年4月2日平成18年2月25日平成26年2月23日

HOME山スキーの部屋に戻る 鳴谷山の地図



平成26年(2014年)2月23日 <メンバー>Naka1、Murak、Yome、Naka2、Mik、Hid、YAMA


大杉谷林道(8:00)

集合時間を勘違いして、15分の遅刻(汗)
勝山で2名をピックアップ後、白峰へGO!

白峰でNaka1さんと合流後、橋を渡ります。
通行止地点で準備中に、単独のスキーヤーが
やって来ます。今日はナナコバ山に行くとの
ことでした(^^ゝ

林道は除雪してあるので、しばらく板を手に
持って歩きます。すぐに除雪終了地点に到着。
ここからやっとスキー歩行です(^^)/

この林道歩きが長かったです。途中で靴擦れに
なった人が2名(汗)
(みっちゃん提供)
(11:23)
(11:56)
(12:19)
(13:05)
(13:10)
(Naka2さん提供)
(13:25)
(13:31)
(13:36)
(13:42)

ナナコバ山林道との分岐からしばらく進み、
2つ目のヘアピンから杉林の尾根に取り付き
ます。ここまで意外と時間がかかってしまい
ました。

すぐに林道を横切り、どんどん高度を稼いで
行きます。標高1240m付近でもう一度林道を
横切ります。

ブナ原生林は雪質が良いので、帰りのスキーが
楽しみです。この頃から白山が雲に覆われて
しまいます。

時間が気になりますが、なんとか山頂まで
到達します。少し戻った地点で、白山を
眺めながら昼食休憩(^^)/
(みっちゃん提供)
(14:24)
(14:26)
(14:32)

(Yomeさん提供)
(Naka2さん提供)
(15:01)
(15:04)
(16:27)
(17:00)

昼食を終える頃に雲が消えます。白山がドカ〜ン♪

稜線の雪質は良かったです。動画や写真を撮り
ながら、楽しいひととき(^^)/

林道を横切ると、杉林になります。ここはかなり
滑りにくかったです。

無事2つ目のヘアピンに出て、休憩します。
ここからは林道スキーです。ほとんど直滑降
なので、弱った脚に響きます(涙)

今日は予定より時間がかかってしまいましたが、
仲間のおかげで楽しい1日でした。感謝♪

TOPに戻る



平成18年(2006年)2月25日 <メンバー>Kimura、Takagi、Nakanisi、Miyamoto、YAMADA


ブナ原生林(1)

白峰スキー場分岐手前で除雪終了! 今回は林道での
行動が長くなります。下杉谷、イモイワ谷のカーブ
付近では、あちこちにデブリが発生!

ブナ原生林(2)

2つ目のヘアピンを通過してから杉林を登ります。
除雪終了地点 7:35発
休憩 9:16〜33

白山方面(1)

杉林から雑木林を抜けると広い雪原。ここを過ぎると、
上の林道に出ます。ここで景色を楽しみながら休憩。
このあとブナの原生林です。

白山方面(2)

原生林を抜けると稜線に到着♪ 白山が素晴らしい(^o^)/

標高1200m林道 10:58〜11:16

山頂は間近♪

無木立の稜線はアップダウンがあり、鳴谷山の山頂は
意外と遠く感じました。山頂にはすでに文ちゃんが到着して、
谷へと滑っていきました。

大辻山・ショウガ山方面

山頂からは360度の大パノラマ♪

山頂 12:28〜13:56

白山方面

山頂には先着者1名。最初のヘアピンから登り詰めて
来たようでした。試しに少し滑ってみますが、新雪が
モナカ気味で、手強い雪です。文ちゃんが戻ってきて、
再度滑って行ったので、後を少しだけ滑ってみました。
雪のテーブル

山頂に戻ったときはヘロヘロでした。貰ったビールの一口が、
非常に旨い♪ 
素晴らしい景色に囲まれて、至福のひとときです(^^)

砂御前山と大嵐山

帰りは尾根を戻って、ブナの原生林を滑ります。
春のザラメ雪で最高♪ 1249m小ピークから林道を
少し戻ります。杉林を右に滑ると、また広い雪面に
出ます。

帰途につく

最初のヘアピン付近で林道に出ますが、ここからが
長かったです。ふ〜う...
1200m林道 14:20
駐車地点 15:35


TOPに戻る



平成14年4月2日 <メンバー>YAMADA



下杉谷出合の工事用飯場小屋手前の道路脇に駐車。
7時40分出発。工事現場付近は道路が泥だらけ。
MTBが泥だらけになってしまう。緩やかに見えた道路は
自転車では結構つらい勾配。たまらず所々で歩いてしまう。
前回と同じように、ナナコバ山との林道分岐から登山開始。
<標高725m8:10出発>
1つ目のヘアピンカーブに緑の三角屋根の小屋。2つ目の
ヘアピンカーブから尾根に取り付く。10時、標高1200mの
林道に出た地点で10分休憩。気持ちよく高度を稼ぎ、
11時5分に稜線到達。白山の眺めが素晴らしく、しばし
たたずんで見とれてしまう。小ピークを2つ越えると、
標高の割に大きな鳴谷山。適当に場所を決めて昼食とする。
一人用の雪のテーブルを作り、広大斜面と白山に乾杯!
  <山頂 11:27〜12:07>




山頂からの白山の眺めは最高。すごい迫力である。
砂御前山からの尾根はスキーには今ひとつであるが、
その他の方向は山スキー天国。静寂な山頂での素晴らしい
ランチタイムであった。

帰りは速い。ブナの広大斜面を気ままに滑り、12時25分に
標高1200mの林道。いったんルートを間違えて登り返し。
登りに付けた赤布を発見して、やっと一安心。少し時間の
ロスをしてしまったが、ここから杉林の林間滑降。

12時53分に2つ目のヘアピンカーブに到着。林道を直滑降と
スケーティングで滑り、13時11分にナナコバ山との林道分岐。
ザックにスキーを付けて快適ツーリング。下杉谷出合の工事用
飯場小屋を通り過ぎ、標高650mの駐車地点には13時35分到着。
泥だらけになった自転車を近くの湧き水で洗い、久しぶりの
単独行を無事終了。






TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析