立山・小窓雪渓


平成13年5月3〜5日

HOME山スキーの部屋に戻る 立山・小窓雪渓の地図


平成13年5月3〜5日 <メンバー> Okada、Yamagata、YAMADA



4日朝の剣岳

<3日>
天気が悪いせいか、立山駅はガラ空き状態。
楽に室堂に到着。ガスの中、シールのまま
雷鳥沢を登って、剣乗越には14時到着。
小屋の中で一服。新雪もなか雪に難儀しながら
剣沢小屋を目指す。小屋は意外と混んでおり、
宿泊手続きをしてすぐビール。夕食は豪華豚カツ♪

<4日>
朝食を腹一杯食べて、出発は7時14分。
雪質は適度なアイスバーンで、昨日の
悪雪が嘘のよう。平蔵谷、長治郎谷は
デブリですごい状態。別山沢もデブリが
出ていたが、意外と滑れそう。真砂沢を
通過し、二股到着は8時。ここでシールを
貼るため休憩。


雷鳥沢テント場 剣沢
しゅういち氏(剣沢) Kimikoさん(剣沢)


三ノ窓雪渓を横目に 小窓雪渓
小窓は目前

三ノ窓雪渓はデブリだらけで危険がいっぱい。
予定を変更して、小窓雪渓を目指すことになる。
小窓雪渓を滑る♪

小窓と池ノ平との分岐、標高1810m地点に雪の
テーブルを作って、いらない荷物をデポ。


西仙人谷

広い雪渓をよろよろ登り続ける。
先が見えているのだが、意外と時間が
かかる。小窓には10時55分到着。
稜線には岩登りの3人パーティー。
下降に手間取って、なにやら怒鳴り声。
西仙人谷を覗くと、ガスで視界不良。
Kimikoさんを待ってる間にガスが晴れ、
すごい光景である。出だしは雪がなく、
かなり手こずりそう。
<小窓 10:55〜11:10>

下りは雪がちょっと重かったが、
昨日の雪に比べると楽勝気分。
デポ地点で楽しい昼食休憩となる。
<昼食 11:30〜12:30>

二股でシールを装着し、真砂沢出合で
1度休憩。ここから先が長かった。
剣沢小屋にバテバテで16時15分到着。
すぐにビール!(ロング缶700円)


小窓雪渓

<5日>
剣御前から豪快滑降。今回、最高の雪質斜面だった。
次に別山尾根のルンゼを登るが、アイスバーンで
冷や冷や。スキーもガリガリのアイスバーン(>_<)
小窓雪渓

ちょっと向きが変わるとえらい違いである。
雷鳥沢は足跡で荒れ放題。雪質も腐れ雪で
楽しくない。室堂はバス待ちの観光客で
パンク状態。立山駅直通バスがお勧めです。

TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析