一里野〜しかりば分岐〜ハライ谷尾根

平成12年3月12日平成15年3月30日

HOME山スキーの部屋に戻る



平成15年3月30日 <メンバー> Kitazawa、Nakanisi、YAMADA

大笠山と笈ヶ岳

一里野スキー場は雪量十分。
ゴンドラ500円なり!

口長倉と白山方面

2時間で、しかりば分岐へ。
薄曇りで、白山の景色は今ひとつ。

桧新宮

桧新宮のお宮さん。

ハライ谷尾根

ハライ谷の尾根は緩やか。

ブナオ山

尾根が広いので注意が必要!

広い尾根

ブナオ山を右手にして滑ります。

ハライ谷に下りる

尾根からハライ谷に下ります。

最後は怖い林道

怖い林道を通って、一里野スキー場へ(>_<)


TOPに戻る



平成12年3月12日 白山一里野〜ハライ谷

<メンバー>Yamagata、Okada秀、Okada伸、Futatuya、Hamada、Hasitani、Noji、Kimura、YAMADA




目附谷と荒谷間の北尾根があまりに良かったので、
今日も予定を変更してしかり場分岐(1549m)から
北に派生している尾根を計画。白山一里野スキー場の
ゴンドラに乗って標高1045mへ。今日は楽である。
8時37分出発。檜倉あたりで、ワカングループを
追い越す。9時22分、標高1220mで休憩をとり、
10時43分にしかり場分岐到着。昼食にはちょっと
早いので1本滑ることになる。すぐ戻って昼食ビールと
なるが、元気な2名は1時間ほど帰ってこなかった。

やっと2名が帰ってきて、残りの7名は12時30分
滑降開始。ハライ谷横の北尾根は幅が広く、慎重な
コース選択が求められる。標高1120mで休憩。最後は
ハライ谷に下りる。
<写真提供Sinji.Okada>
分岐先の痩せ尾根
美女坂

そこにカモシカ! 長いことにらめっこしたが、
全く逃げる気配なし。昨日も何頭かカモシカを
見たが、今日はほとんど目の前。仲間がデジカメに
撮っており、良い写真が期待できそうである。
橋のたもとから林道滑走。これがいちばん怖かった。
ほとんど壁になっているところを慎重に通過する
はめになったのである。車道に出てからは1人だけ
杉林の中をスキーで歩く。残りのメンバーは車道を歩いて
いた。杉林を抜けると白山一里野スキー場のゲレンデの
真ん中。最後のスキーを楽しむことができた。1台の車を
元気な2名を迎えに行ってもらい、今日の山行が無事終了。
今日もいい雪でした。
<地図>市原、白峰

ハライ谷のカモシカ
写真提供Sinji.Okada

TOPに戻る
HOME山スキーの部屋に戻る