白山スキー・滑り納め

平成17年6月5日平成18年6月3〜4日平成19年5月27日平成20年6月1日

平成25年5月23日平成26年5月24日平成28年5月15日平成29年5月21日


HOME山スキーの部屋に戻る



白山(滑り納め) 平成29年(2017年)5月21日
<メンバー> Hid、YAMA


市ノ瀬ゲート(5:22)


立山の予定でしたが、またしても白山。
MTBを準備して、3時40分集合。

市ノ瀬からMTBの出番です。今年は
道路の開通が遅すぎます(>_<)

別当出合から兼用靴で歩きます。
中飯場まで雪がありません(泣)

中飯場上の林道を通過後に、残雪を
拾って谷筋を進みます。

動画(2分30秒)へGO!

別当出合の吊り橋(6:45)
(8:05)
(8:53)
甚之助避難小屋(9:02)
(みっちゃん提供)
(9:58)
エコーラインに出ます(みっちゃん提供)
(10:29)
(みっちゃん提供)
室堂にて(11:46)

大汝峰(12:46)


別当覗き付近からやっとスキー歩行です。
甚之助避難小屋は殆ど露出していました!

甚之助でクトーを装着。殆どの登山者は
黒ボコ岩へ向かっています。

いつものルンゼを登ってエコーラインに
出ますが、最後は少しヤブ漕ぎ(汗)

展望を楽しみながら室堂を目指します。
健脚のナッキーさんと、はいポーズ♪

雪渓の雪もかなり減少しています。
六地蔵付近から稜線歩きです。

御前峰(12:50)
御前峰(みっちゃん提供)
南竜ヶ馬場へGO!(13:18)
(みっちゃん提供)
(13:22)
(みっちゃん提供)
南竜ヶ馬場(みっちゃん提供)
甚之助避難小屋(14:31)
別当出合の吊り橋(15:45)
別当出合(15:47)

市ノ瀬のゲート(16:01)


今日の山頂は静かです。さっそく
さっそく冷たい飲み物で乾杯!

山頂から南竜ヶ馬場へGO! 雪が
グサグサで少し滑りにくかったです。

南竜ヶ馬場付近でシールを貼って
エコーラインを横切ります。

甚之助で最後の休憩。みっちゃん
から冷たいゼリーを頂きます(^^)/

甚之助から下は最悪の雪でした。
早めに終了して、担ぎで下りました。

TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成28年(2016年)5月15日
<メンバー> Hid、YAMA


吊り橋(5:44)

3時40分集合。スキーは我々だけ(笑)
別当出合を5時40分スタート!

兼用靴とスキー板が重いです。甚之助
避難小屋にシューズをデポ(^^)

甚之助避難小屋からスキー歩行ですが、
すぐ雪が途切れて担ぎになります。

黒ボコ岩の途中に、早くもリュウキンカが
咲き出していました(^^)/

動画(2分13秒)へGO!

甚之助避難小屋(7:41)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
(みっちゃん提供)
黒ボコ岩への急登(8:50)
弥陀ヶ原(9:09)
水屋尻雪渓(9:17)
六地蔵付近(10:20)
(みっちゃん提供)
御前峰(10:39)


御前峰(10:55)


弥陀ヶ原からやっとスキー歩行です。
室堂には寄らず、水屋尻雪渓へGO!

六地蔵までが遠かったです。ヨロヨロ
登って行きます。

御前峰は登山者で大賑わいです(^^)
御岳や乗鞍岳は雲の中...

簡単な昼食後、六地蔵まで担ぎで
戻って待望のスキー(^^)/

(11:27)
(11:31)
(みっちゃん提供)
黒ボコ岩直下(みっちゃん提供)
リュウキンカ
(みっちゃん提供)
(12:33)
甚之助避難小屋(12:40)
ニリンソウ
サンカヨウ


吊り橋(14:14)


最初は快適ザラメでしたが、次第に縦溝が
深くなって行きます。

黒ボコ岩から雪を拾って滑り、十二曲は
板を担いで歩きます。

残雪を拾って、甚之助避難小屋になんとか
滑り下ります。

甚之助でシューズに履き替えます。今日は
かなりの登山者に抜かれました(汗)

TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成26年(2014年)5月24日
<メンバー> Taka、Yome、Hid、YAMA


別当出合(みっちゃん提供)

鯖江4時集合。別当出合駐車場には
5時50分到着です。別当出合の
休憩舎でTakaさんと無事合流(^^)/

みっちゃん以外の3人は、シューズで
歩きます。兼用靴は袋に入れますが、
紐が首に食い込んで痛かった(>_<)

中飯場を過ぎても担ぎが続きます。
結局、別当覗き付近までシューズで
歩きました。

シューズをデポ後、スキー歩行です。
ほどなく甚ノ助避難小屋に到着します。
今日は登山者で大賑わいですが、
山スキーヤーは少ないです(^^)

甚ノ助避難小屋(Takaさん提供)
(8:43)
(9:29)
黒ボコ岩(みっちゃん提供)
弥陀ヶ原(みっちゃん提供)
弥陀ヶ原(9:55)
水屋尻雪渓(10:14)
室堂と別山(10:32)
(みっちゃん提供)
大汝峰(11:14)
剣ヶ峰(11:25)


御前峰(11:55)

黒ボコ岩へトラバース気味に進みます。
途中で雪がない区間があります。

黒ボコ下の急斜面はアイゼン装着で
登ります。なんと、藁を巻いた長靴で
登る人達がいました(^^ゝ

弥陀ヶ原で休憩後、水屋尻雪渓を
ゆっくり登って行きます。

御前峰の肩からスキーをザックに
付けて歩きです。新雪で景色が
リフレッシュされていました。

奥の院に参拝後、山頂で乾杯(^^)/
みっちゃんは人気者です(笑)

(12:13)
(12:16)
(みっちゃん提供)
南竜ヶ馬場(12:31)
(12:32)
甚ノ助(上)(13:18)
甚ノ助(下)(13:37)
(みっちゃん提供)

吊り橋(15:14)

昼食後、ヨウメイさんのお仲間に
見送られて滑降開始(^^ゝ

弥陀ヶ原まで一気に滑って来ます。
今日は雪の状態が良かったです。

南龍ヶ馬場への大斜面は最高(^^)/
途中から縦溝が酷くなり、斜滑降
気味に滑ります。

南竜には寄らずにトラバース気味に
甚ノ助を目指します。3人はシールを
装着しますが、ウロコ板のヨウメイ
さんはシールなしです(^^)

甚ノ助避難小屋から下は苦行でした。


TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成25年(2013年)5月23日
<メンバー> Hid、YAMA


別当出合の吊り橋(6:46)

鯖江4時30分発。別当出合の手前には
数台の車が駐車中。山スキーパーティーが
出発した後、私たちも出発(^^ゝ

別当出合へ歩いている時、車中におにぎりを
忘れたことに気づきます(涙)

吊り橋を渡ってから急な石段を登ります。
新緑が綺麗(^^)/

中飯場を通過後、谷筋の残雪を選んで
登っていきます。途中でアイゼン装着。

甚ノ助の手前で、やっとスキー歩行(^^)
ツボ足で歩いたせいか、足が重いです。


中飯場から谷筋を登ります(みっちゃん提供)
加越国境方面(8:16)
甚ノ助避難小屋(9:00)
黒ボコ岩を目指します(みっちゃん提供)
別山チブリ方面(みっちゃん提供)
黒ボコ岩への登り(10:04)
黒ボコ岩(10:21)
弥陀ヶ原と御前峰(10:30)
室堂と別山(11:22)
大汝峰(11:23)



(みっちゃん提供)

甚ノ助で休憩後、再びアイゼンを装着して
スキー板は担ぎで登ります。雪の状態を見て、
久しぶりに黒ボコ岩コースを選択します。

黒ボコ岩で休憩後、スキーで弥陀ヶ原から
水屋尻雪渓へと進みます。室堂には寄らずに、
そのまま御前峰の肩を目指します。

肩から再びスキーをザックに取り付けて
担ぎです。稜線は北風が強くて、歩きにく
かったです(>_<)

山頂で記念撮影後、風を避けて岩陰で
昼食タイム。今日は簡単に済ませました(^^)


御前峰(みっちゃん提供)
山頂にて(11:49)
中宮道方面(12:24)
山頂からスタート♪(12:29)
御前峰(12:34)
南龍ヶ馬場(12:46)
別山方面(12:47)
甚ノ助避難小屋(13:50)
甚ノ助から下は修行!(みっちゃん提供)
担ぎで下ります(みっちゃん提供)


(みっちゃん提供)

山頂からの尾根は酷い雪割れが進行中で、
慎重に滑って南竜ヶ馬場を目指します。

南竜への斜面はスキー場のようでした。
ただ、雪割れが進行中で賞味期限間近?

甚ノ助避難小屋が見える場所でシールを
剥がして、最後の滑降に備えます。

甚ノ助避難小屋で最後の休憩。冷たい
飲み物とゼリーで喉を潤します(^^)/

甚ノ助から下は縦溝が酷くて、スキーは
修行になります。早々とスキーを担いで
ツボ足で下りました。


TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成20年(2008年)6月1日
<メンバー> Matumura、Chris、YAMADA



別山(8:28)

別当出合出発は6時20分。今日は山スキーヤーが例年より
多いです。道路の開通が遅れ、しかも先週の土日が雨だった
せいかもしれないです。最初はシューズ歩行。別当覗きから
兼用靴に履き替えます。甚之助ヒュッテまではまずまずの
ペースでしたが、ここから大幅に遅れます。いつもの直登
コースに入りますが、クリスさんのボード靴では固い雪面で
スリップ。危険なので、Matuさんの付き添いで、クリスさんは
エコーライン経由となりましたが、これが大失敗でした。
なかなか2人が登って来ないので、荷物を置いて捜しに
戻ります。クリスさんはかなり難儀しているようでした。
(別行動は絶対にいけないと反省!)


甚之助ヒュッテ(8:33)
加越国境(9:25)
御前峰(9:42)
エコーラインにて(10:14)
弥陀ヶ原(10:30)
室堂(10:59)




御前ヶ峰直下(11:46)

室堂でしばし休憩後、御前ヶ峰を目指します。
久しぶりに、雪の付いていない登山道コースです。
山頂は大賑わい。北アルプスは霞がかかって
見えませんでしたが、景色を見ながらのんびり
昼食です。午後1時に滑降開始(^o^)/
尾根筋を滑り、途中から転法輪谷を目ざします♪
この斜面が素晴らしかったです。ハイマツ帯まで滑り、
スキー板を手に持って登り返します。
帰りはトンビ岩コースを南龍ヶ馬場まで滑ります♪
楽しかったのはここまで。万才谷を渡った地点で
シールを貼り、砂防新道分岐まで戻ります。


大汝峰(12:14)
白山東面台地(13:08)
別山と南龍ヶ馬場(13:43)
南龍ヶ馬場(13:44)
サンカヨウ♪(15:33)
ニリンソウ♪(16:00)


(16:16)

甚之助ヒュッテからしばらく滑りますが、すぐに板を
ザックに付けてつぼ足です。別当覗きでシューズに
履き替え、登山道を黙々と下ります。ヤシオツツジ、
サンカヨウ、ニリンソウが綺麗でした♪  下山後は
天望の湯に寄って汗を流します。クリスさんは初めての
白山でしたが、よく頑張りました(^^ゝ


TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成19年(2007年)5月27日
<メンバー> Oba、Matumura、Takagi、Nakanisi、YAMADA


甚ノ助避難小屋
H19山スキー最終戦

市ノ瀬から自転車を利用。MTBが3台、原付1台、
私だけ6段変速折りたたみ自転車です。ペダルが
やたら重いと思っていたら、トップギアで漕いで
いました。原付のNakaさんが戻ってきて、荷物を
運んでくれました。感謝(^^ゝ
別当出合からはスキー板をザックに付けて歩きです。
他のメンバーはシューズ利用。私だけ兼用靴です。
ボロボロのノルディカX-HARDは今日が最後の山行。
雪はかなり減っており、甚之助避難小屋の下でやっと
スキー歩行になりました。

市ノ瀬 5:55発
別当出合 6:55〜7:23
中飯場 8:00〜8:10休
甚之助避難小屋 10:00〜10:20休
黒ボコ岩 11:19休



御前峰へ

室堂でガスが晴れるまで休憩です。さっそくビール♪
ガスが晴れた頃を見計らって、山頂に向かいます。
肩からスキーをザックにくくり、よろよろ歩きです。
山頂にはビリで到着です。さっそくドロップポイントに
移動して滑降準備。東面台地が美味しそうで、
matuさんは来週また行きたい様子でした(^^)

雪質は数日前の雨のせいか、かなり水気を含んで
いるようでしたが、登山者が少ないこともあって、
雪面が綺麗でした。

室堂 11:48〜12:25昼食
御前峰 13:25〜13:45



山頂ドロップポイント 東面台地

Mr.matu(写真提供Mr.oba) 私です♪(写真提供Mr.oba)

別山(写真提供Mr.oba) 南竜

甚之助はもうすぐ(写真提供Mr.oba) ニリンソウ


ニリンソウの群落

甚之助付近からは凸凹斜面で苦難のスキー(>_<)
とうとう雪が切れ、スキーをザックに付けて
歩きになります。ヤシオツツジやニリンソウが
綺麗でした。別当出合からは自転車です。
市ノ瀬までたったの10分でした(^o^)/
これで今シーズンのスキーは終了?

甚之助 14:45〜15:00
別当出合 16:15〜16:25
市ノ瀬 16:35


TOPに戻る



白山(滑り納め) 平成18年(2006年)6月3〜4日 <メンバー>Takagi、YAMADA


甚之助付近

2日に白峰〜市ノ瀬が開通。市ノ瀬から舗装道路を歩きましたが、
荷物が重くてヘロヘロ。別当出合まで1時間40分もかかりました。

別山

MTBを使わない訳は、湯ノ谷から釈迦岳を考えていたためですが、
それは甘い考えだとわかりました。雪の減り方が速くて、
スキーを履いたのは、中飯場をかなり過ぎてからでした。
南竜馬場

宿泊は南竜冬季小屋の予定でしたが、甚之助小屋で
単独行の人の南竜情報を聞いて、急きょ甚之助避難小屋に
泊まることにしました。
ここで1日目終了

休憩後、エコーラインを弥陀ヶ原まで登りましたが、ガスのため
引き返しました。甚之助小屋の宿泊客は、たったの3名♪

室堂

甚之助避難小屋を6時出発。黒ボコ経由で室堂へ。
室堂で賞味期限切れの缶ビールを300円で購入します。
転法輪谷と東面台地

山頂から転法輪谷に入りますが、途中で雪が切れており、
やむなく戻ってそのまま尾根を滑ります。
滑降コース

弥陀ヶ原を横切り、トンビ岩付近の尾根を滑りました。

南竜を目指して♪

このコースがゲレンデみたいで、この時期としては最高でした(^o^)/
南竜を目指して♪

甚之助に戻って、やっとビールタイム♪
中飯場からシューズで歩きます。
南竜ヒュッテ

帰りの車道歩きは1時間10分ほどでしたが、肩に荷物が
食い込んでまたしてもヘロヘロです。
ニリンソウの群落♪

ニリンソウの群落が見事でした♪  砂防新道はあちこち
崩れており、全面復旧はいつになるやら?
ニリンソウ♪

帰りも、1時間ほどの歩きが待っていました。
久しぶりに白峰総湯に寄りました(^o^)/


TOPに戻る

平成17年(2005年)6月5日 白山 (滑り納め)
<メンバー> Okada、YAMADA



別山(甚之助より)

別当出合駐車場を7時7分出発。トンネルを
越える階段を登ると中飯場。 <中飯場 7:49>
別当覗きから雪上歩行でアイゼン装着。
甚之助ヒュッテには寄らず、南竜馬場との
分岐に直行。室堂には寄らずに、水屋尻雪渓を
登ることになる。 <黒ボコ岩 10:14>

肩の手前でガレ場を登るが、崩れやすい岩屑のため、
歩きにくいことこの上なし。やむなく左にトラバース。
早めに登山道に出る。山頂には数組の登山者。
天気予報が良くなかったせいであろうが、
予想外に空は青く澄み渡り、下界は雲海の中。
景色を楽しみながら、カップラーメンの昼食♪
<山頂11:45〜12:25>


御前峰

Mr.しゅう

Mr.しゅう

転法輪谷へ(YAMADA)




Mr.しゅう

昼食後、山頂から転法輪谷にドロップイン。
急斜面だが、雪質は良い。途中で雪に亀裂が
入っており、慎重に通過。下部は雪面の状態が
悪いので、途中で右にトラバース。うまい具合に
室堂に戻ることができた。室堂センターの食堂は
休業中だったので、センターの玄関先で休憩。
我慢していたビールが実にうまい。青空を眺めながら、
しばし至福の時を過ごす。休憩後、もう一度登り返し、
今年度最後のスキーを楽しんだのである。

水屋尻雪渓まで滑って来ると、雪面に縦溝が入って
実に滑りにくい。甚ノ助から下はガスで雲海の中。
しばらく我慢して滑るが、悪雪にたまらず早めに
スキーを終了し、別当出合には15時42分到着。


御前峰

別山と室堂

弥陀ヶ原と別山

山スキー最高♪


TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る