白馬沢右俣

平成11年(1999年)5月22日

HOME山スキーの部屋に戻る 白馬沢右俣の地図



平成11年(1999年)5月22日

<メンバー>Okada、Hamada、Yamagata、Chikaraishi、YAMADA



最初は広い

猿倉駐車場は登山者で大賑わい。
出発は8時40分。猿倉にいた登山者は
ほとんどが鑓温泉か大雪渓往復である。
白馬沢はわれわれだけ。長走沢を過ぎると
やっと雪上歩行。徒渉もなく広い白馬沢に
入ることができた。白馬沢に入ると大雪原。

今日は何が起きるかわからないので、
ビールは標高1540m地点にデポ。無事に
帰って来た時の楽しみにとっておく。だが、
前方にはデブリと落石で真っ黒な右俣。

「あんなとこ滑れるんかいな?」


右俣のデブリ帯

右俣に入るとデブリと落石に悩まされ、
アイゼン歩行に切り替える。ときどき
落石が発生して右往左往。
谷は直角に曲がり、しろうまの雪型の
真下を通過。ここがいつも仰ぎ見ていた
雪型か!  感動をかみしめてさらに
高度を稼ぎ、斜面が広くなったあたりで
やっと気持ちが落ち着く。

待望の稜線には13時45分到着。
やっとゆっくり休憩ができ、大感激! 
浜ちゃんのビールをまわし飲みして、
予想外の成功をしみじみ味わうことに(^^)
<休憩 13:45〜14:30>

滑降スタートは14時30分。出だしの
斜度は比較的緩いので、安心して滑り出す。
斜面は次第に急になるが、雪質が良く、
写真を撮りつつ滑ることができる。谷が
カーブするあたりから落石地帯に突入。
通過後、後続にかなりの落石があり、
Kimikoさんの滑落騒動。やばいやばい。

代馬の雪形


稜線直下の急斜面


稜線直下の急斜面


待望の稜線♪


急斜面だが広い


吸い込まれて行きます!


下は広大斜面


左俣と合流してからは、広い雪原になり、
やっと緊張から解き放される。15時20分、
ビールデポ地点でやっとビールで乾杯! 
振り返ると右俣はデブリと落石で真っ黒。
よくもあんな所を滑ってきたものである。
<ビール休憩 15:20〜15:38>

林道に出ると大雪渓帰りの登山者多数。
猿倉に着くと、またどこかで見た顔。
この時期になると山スキーコースが限られて
くるので、どうしても白馬周辺が賑わうので
あろう。 倉下の湯は土曜日ということで大混雑。
白馬はどこも大賑わいである。
<地図> 白馬村、白馬岳


TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る

QLOOKアクセス解析