毘沙門岳

平成16年1月11日平成24年2月26日

HOME山スキーの部屋に戻る



平成24年(2012年)2月26日 峠川〜林道〜毘沙門岳 <メンバー>Oba、YAMADA


峠川の橋(7:36)

自宅を4時40分発。大野に近づくに従って、
雨が小雪に変わります。白鳥には6時30分到着。
道の駅から1台の車で桧峠を越えます。峠川の
林道入口付近に車を置き、準備の後出発!

林道分岐を右に進み、すぐに樹林帯に入ります。
トレースを辿ると雑木の急尾根になりますが、
すぐに登りやすい尾根になります。

スキー場からの尾根に合流してひと休み(^^)
前日は雪だったらしく、アイスバーンの上に
うっすらと雪が積もっています。

山頂は黒い雲の中です。風はそんなに酷くない
ですが、気温が低くてかなり寒いです。

林道から尾根に入ります(8:10)
尾根が広くなります(Obaさん写真提供)
稜線を進みます(9:55)
山頂は雲の中(10:04)
進行方向の左側は雪庇(Obaさん写真提供)
雪がうっすら積もっています(Obaさん写真提供)
スタート!(11:00)
ガリガリバーン(11:11)

広大斜面ですが...(11:13)

この天気と雪質では意欲が減退。とにかく山頂だけ
踏んで帰ることにします。

11時に山頂到着。寒いので、すぐシールを剥がして
滑降開始、雪面はガリガリでスキーが引っかかりやすく、
楽しくないです。広大斜面も雪質が良ければ何度か
滑りたい場所ですが、今日は慎重にゆっくり下る
だけです。

吊り尾根に出て、風の当たらない場所で昼食休憩。
久しぶりにコンロでお湯を沸かそうとしたら、あれ?
ガスボンベがない...

帰りは藪に激突したり、ムチで顔をたたかれながら
滑ります。林道に出るとゴールはすぐそこ!


TOPに戻る



平成16年(2004年)1月11日 白鳥高原〜毘沙門岳




今年は雪がなく、雪を求めて、
早くも奧美濃遠征です。

白鳥高原スキー場のリフト券800円。
駐車料1000円が実に痛いです。

南向き疎林を1本滑りましたが、
これが一番良かったです♪

帰りには雪質がかなり悪く
なっていました。






TOPに戻る


HOME山スキーの部屋に戻る
QLOOKアクセス解析