勝原〜荒島岳〜橋架谷

平成6年2月20日平成15年3月2日中央ルンゼ

HOME山スキーの部屋に戻る 荒島岳の地図



平成15年3月2日 中央ルンゼ <メンバー> Okada、Hamada、Kimura、Kitazawa、YAMADA

勝原スキー場

勝原スキー場はすでに営業終了。シャクナゲ平には
寄らずに、ショートカット。左側の雪庇が橋架谷です。

荒島岳稜線

山頂は烈風で、たまらず退散です。
写真提供、しゅういち氏

荒島岳山頂にて

滑る方向を指示してから、3名は山頂からドロップイン!
真下が橋架谷です。写真提供、しゅういち氏

橋架谷(1)

最初はアイスバーンで、慎重に下ります。

橋架谷(2)

快適パウダーラン! でも、小さなデブリが石みたい。

橋架谷(3)

見上げると、かなりの斜度です。

しゅういち氏

谷から離れて、ブナ尾根で昼食&宴会。

デブリ

下にデブリが見えます!

はまちゃん

昼食後、ブナ尾根の快適パウダーラン。

底雪崩(1)

橋架谷に戻ると凄まじい底雪雪崩!

底雪崩(2)

底雪崩は谷全部をえぐって押し流していました。
最後少しだけ滑って、送電線の下で休憩です。

送電線下

ここでシールを装着して右岸の尾根に登り返しです。
最後は仏御前の滝入口に無事出ることができました。


TOPに戻る



平成6年2月20日 <メンバー> 宮本会長、Yamagata、Okada、Muranaka、Moritada、YAMADA、他1名 荒島岳の地図


小荒島岳

今年は雪が多く、久しぶりに勝原スキー場のリフト使用。
リフト終点の出発は8時30分、しゃくなげ平には
10時到着となる。雪質が意外と良く、今日は快適(^^)
20分ほど休憩してから、もちが壁の急登に取り付く。
スキーをザックにくくりつけて、先行者の跡をたどる。
冬山講習会の人達のトレースを使って、楽ちんである。


山頂は近い♪
冬山講習会で大賑わい



白山と経ヶ岳

荒島岳山頂には11時30分に到着。
風が少し強いが、360度の大パノラマを楽しむ。
山頂は冬山講習会の講師や生徒で大賑わい。
一般登山者も結構来ているようであった。
風を避けて建物の陰であわただしく昼食。
Kimikoさんが用意した、鍋料理が実にうまい。
ゆっくり食事を楽しみたかったが、
冬山講習の閉会式に間に合わせるため、
早々に下山準備。山頂出発は12時25分。
雪質はパウダーに近く、橋架谷への下降点まで
尾根を滑る。橋架谷は広々としており、雪崩に
注意しながら各自思い思いに滑る。



橋架谷

左から沢が合流するあたりから谷が狭くなる。
心配だった滝は完全に雪に埋もれており、一気に通過。
下部は雪質が悪く、何回も徒渉を余儀なくされる。




徒渉

右に左にコースを変えながら下り続け、国道の橋の
たもとには15時50分到着。スキー組を心配して
見に来てくれた玉川岳連副会長の車に乗せてもらい、
大助かりであった。再び車で橋のたもとに戻り、
無事に今日の山行を終了。今日は徒渉がやや多かったが、
予想外のいいコースを滑れて大満足。荒島岳周辺には、
まだまだいいコースがありそうである。

<地図>2万5千 荒島岳


TOPに戻る
HOME山スキーの部屋に戻る

QLOOKアクセス解析