VB.NET Tips - 指定フォルダ内の全ファイルを削除

指定されたフォルダの中のファイルを全て削除する関数です。 フォルダ内のファイル一覧を取得には System.IO.Directory.GetFiles を用います。
取得されたファイル一覧に従って、個別に削除を繰り返します。 ファイル削除は System.IO.File.Delete を用います。

System.IO.Directory.GetFiles 関数について

Public Shared Function GetFiles (path As String) As String()
path:
    検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。
戻り値:
    指定したディレクトリ内のファイルの完全名 (パスを含む) の配列。
    ファイルが見つからない場合は空の配列。(空と言うことはLengthが 0 のString配列)

System.IO.File.Delete 関数について

Public Shared Sub Delete (path As String)
path:
    検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

指定フォルダ内の全ファイル削除関数

    ''' -----------------------------------------------------------------------
    ''' 
    ''' 指定フォルダ内の全ファイルを削除
    ''' 
    ''' 指定フォルダ
    ''' True:正常, False:エラー
    ''' -----------------------------------------------------------------------
    Function DeleteFolder(ByVal astrDesFolderName As String) As Boolean
        '戻り値初期化
        DeleteFolder = False
        Try
            '指定フォルダ内の全ファイルを取得
            Dim arrFiles() As String = System.IO.Directory.GetFiles(astrDesFolderName)

            '全ファイル削除
            For Each strFile As String In arrFiles
                System.IO.File.Delete(strFile)
            Next

            '正常終了
            Return True

        Catch ex As Exception
            'エラー処理が必要な場合は、ここに記述する
        End Try
    End Function