水槽の置き場所
設置場所  ■人との同居  ■光熱費  安全対策

 魚が住むのに必要な器具の種類と特徴です
水槽  ■濾過の方式 ■ヒーター ■クーラー ■ファン ■照明  ■ポンプ
殺菌灯 ■プロスキ  ■
カルシウムリアクター ■水温計 浄水器 水槽台 
人工海水       ■床砂   ■ライブロック・他  ■配管  その他器具

 水槽のセットと立上げ
プラン  ■水槽のセット  ■テストフィッシュの入居  ■好きな魚の入居
立上げに1ヶ月も待てない貴方の為に

 ベルリン水槽のセットと立上げ
プラン  ■水槽のセットと立上げ

 餌の種類
餌の種類  ■餌の特徴  ■餌の時間・量  ■餌付け

 水槽の維持・メンテナンス
水質環境目標 ■水質検査 ■水温管理   ■苔・シアノバクテリア対策
浮遊油対策  消音対策 掃除・水換え ■フィルターの掃除
真水の追加  ■お魚の連れ帰り・水合わせ 
システムアップ

 魚同士の相性
テリトリー  失敗しない為に  ■小型水槽の組合せ  ■ランク表

 病気・ケガの治療
白点病   ■淡水浴   ■リムフォシスティス   ■ケガ    ■魚の捕獲

レクリエーション > ペット > 魚・アクアリウム > 海水  アクアリストサイト
Homeに戻る   Homeに戻る





















         

 ■ 上下関係    < 魚の相性・テーマ >


魚の相性

 ■ テリトリー         < 入居したては、イジメ・拒食に注意 >

  • 自分より弱い魚がテリトリーに入ってくると攻撃するのは習性ですから避けようがありませんが、狭い場合は逃げ込めるライブロック・飾り珊瑚などでレイアウトする事をお奨めします。
  • ペアにならない限り同種は争う傾向に有りますが、シルエット・食性の似通った種も争う傾向にあり、導入時は隔離ケースで数日お見合いさせるなど、配慮が必要な場合が有ります。
  • 攻撃で魚が危険と感じたら攻撃している魚を捕獲して3日間隔離ボックスで留置しては如何でしょうか、攻撃が和らぐことが有ります。
  • 入居させる時にライブロックのレイアウトを変更して先住魚のテリトリーをリセットすると争いが起きない場合が有ります。
  • 入居する魚が決まっている場合、おとなしい魚から入居させると争いが起きない事が有ります。

 ■ 失敗しない為に     < 転ばぬ先のアクアリウム語録 >

  • ハギ・チョウ・ヤッコなど成魚サイズを調べてから連れ帰らないと?年後に水槽サイズアップかショップに引き取ってもらわないと大変なことになります。 (。。;)ドキ! ファインデングニモ水槽では、ナンヨウハギのドリーとキイロハギのバブルスは成長するとかなり大きくなるので小型水槽飼育では衝動買いしないでね。
  • ヤッコ・チョウは珊瑚を食べる種類が多いので将来珊瑚を追加する予定であれば食性を調べてから連れ帰ってね、それと病気にかかり易いので殺菌灯などで対策をたててから連れ帰りましょう。プランクトン・ベントス生物などの多いナチュラルシステムでは、殺菌灯無しでも病気になり難いと言われています。
  • ハゼ系はダイビング得意種が多く、家ではベントスハゼで安全と思っていたんですが、イソギンで驚いたのか飛び出し事故が発生し、小さな隙間も含めて厳重にネットで塞ぐなどの対策が必要だと痛感しました。ギンボ系など穴に興味の多い魚はフロー管、PHなどにはネットを掛けるなどの対策が必要で、まさかと思うような狭い隙間でも彼らは潜り込んでいきます
  • イソギンチャクは胴体が立って岩にしっかり活着して茶色の褐虫藻が抜けていないのを選びましょう。飼育は好日性ソフトコーラルに準じますが、水質に敏感ですので、バクテリアが十分立ち上がっていない水槽は厳禁です。
  • 弱い蛍光灯で飼育していた時は気にならなかったんですが、イソギンチャクはメタハラなどで環境を良くすると、代謝が良くなるようで触手を伸ばし、粘液のアブクを出して飼育水を汚すようです、オーバーフローなど表面のアブクを取り除く機能があると良いのですが・・・
  • クマノミ+デバスズメダイ+ミスジリュウキュウスズメダイ+バイカラードティーバックなどスズメダイ(ニセ)科ばかりだと餌取りは問題ないですが、ストレスだらけの騒々しい水槽になります。管理人がやった失敗かな(>。<) クマノミペア+イソギンで飼育すると嘘のようにユッタリ泳ぎます
  • ギンボ系は苔取り名人と思っていましたが、シルエットの似た小型のハゼが居るとフィッシュイータに変身するようです。ペロリ(T_T)
  • 飼育していると、餌取りの上手・下手が出てきて、つい下手な子にも行き渡るように与えてしまい、水質悪化が早まることになります。その為にも小型水槽は、テーマを決めて魚を絞り込む事が大切です。
  • 家の場合はカジリ魔のナンヨウハギとテリトリー主張が強くカミツキ魔のバイカラーに悩まされ、しばらく隔離してもダメでした。 ショップに引き取ってもらうのもいいかも (^_^;) 行き着くとこまで放っておく、心やさしい方はどんどん水槽が増えますぞ
  • ライブロックをキュアリングして魚を襲うカニ・シャコ・石灰藻を食べるウニなどの駆除を最初にしたほうが良いようで、特にカニ・シャコ類は小さくても力が強く珊瑚などのレイアウトを崩す可能性が大きく導入時に駆除する事をお奨めします。
  • ライブロック編でも触れていますが、浄化役である筈のライブロックが最初の立上げで水槽崩壊の引き金になる事故が多発していますが、くれぐれもご用心下さい。

 ■ 小型水槽の組合せ   < テーマを決めてからアクアリウムシステムを選びましょう >

タイプ
生 体
備    考
共生
カクレクマノミペア
ハタゴが好きですが他のイソギンチャクに入る可能性も有ります
ハタゴイソギンチャク
クマノミペア
他の種類のイソギンチャクにも高い確率で入る可能性が有ります
シライトイソギンチャク
ハマクマノミペア
タマイタが好きですが他のイソギンチャクに入る可能性も有ります
タマイタダキイソギンチャク
ハナビラクマノミペア
他の種類のイソギンチャクにも高い確率で入る可能性が有ります
シライトイソギンチャク
ネジリンボウペア
ネジリンボウが巣穴を作りやすい床砂を選んでね。餌を控えめにして水質維持に努めてソフトコーラルのストレスを減らしましょう
テッポウエビ
好日性ソフトコーラル
混泳
フレームエンゼル
小型のフレームとレモンピールは比較的温和で混泳の可能性が有ります。餌を控えめにして水質維持に努めてソフトコーラルのストレスを減らしましょう。コーラルを食べる子もいるので、不味そうなコーラルを店員さんに聞いてね(^^;)ゞ
レモンピール
好日性ソフトコーラル
ハタタテハゼペア
余り大食ではないハゼなので餌を控えめにして水質維持に努めてソフトコーラルのストレスを減らしましょう。キイロサンゴハゼ好みの珊瑚を選んでね
キイロサンゴハゼ
好日性ソフトコーラル
チゴベニハゼ
小型のハゼなので岩などで休んでいる所を襲うような大きな魚・ヤドカリ・エビとの混泳は避けましょう。ライブロックの中のカニ・シャコもチェックしてね
グラスシュリンプ
好日性ソフトコーラル
専門
タツノオトシゴ
餌取りが超下手なので混泳させると餌が食べれなくなります
ミナミハコフグ
混泳させるとストレスで体表から毒を出す種類が多いので危険です
ヤドカリ色々
1.023worldさんのヤドカリパークを作ってみるのも楽しいかも♪・・

実際の共生・混泳は個々の環境・生体(サイズ・性格・状態)で違います


 ■ ランク表  < 60cm規格水槽で起きる事です、餓え・魚サイズ・水槽サイズなどで変化します >

魚は下に行くほど下位

名前・サイズ
写真
口 ・ 特 徴
行 動 ・ 想 像
ナンヨウハギ
5.5cm
ナンヨウハギ
おちょぼ口で、あごが強そう、餌取り強引
ハタタテハゼ・デバ・ホワイトに擦り寄ってカジカジ、スローな動きで相手を油断させて餌取りとなると俊敏。入居直後はピカ一で白点病を発症しやすく、又体が薄いペラペラの状態の時は餌をマメにする。
クマノミ
デカクマ

5.5cm
クマノミ
口がガッシリして体が厚い、餌取り下手
チビクマ・デバ・ヨスジ・ミズタマ・スカンクを攻撃、ナンヨウハギが大きくなるのが分かっているのか絶対にちょっかいを出さない。病気が発症しにくいが、イソギンと共生すると更に発症しにくい。
レモンピール
5.5cm
レモンピール
口が鳥のクチバシみたい、餌取り下手
ナンヨウハギ・デカクマとの喧嘩も無く弱いものいじめも無い中々の良い子だが、たまにウミキノコの裏に回りこんで突っついているのが気になる。餌取りに強引さが無く、クマノミに殆んど持っていかれるのがザンネン
クマノミ
チビクマ

4cm
クマノミ
口がガッシリして体が厚い、餌取り下手
デバ・ヨスジ・ミズタマを攻撃、ナンヨウハギが大きくなるのが分かっているのか絶対にちょっかいを出さない。病気が発症しにくいが、イソギンと共生すると更に発症しにくい。
バイカラー
ドティーバック
5cm
バイカラードティーバック
口は普通、目つきが悪く悪役に見え、流線型
デバ・ヨスジ・ミズタマ・ハタタテハゼ・スカンクを攻撃、下位の魚がいるとしつこく攻撃する、ハゼとの相性最悪、穴掘り好きでテリトリー意識が強く攻撃的、2cmの活モエビを一飲み、キツー、上位の魚が居ると餌取り遠慮がち

ミスジリュウキュウスズメダイ
4cm

ミスジリュウキュウスズメダイ
おちょぼ口で、あごが強そう、餌取り得意
テリトリーに入って来るデバを攻撃、隅で待機してクマノミの攻撃をあしらって、慣れてくるとクマノミのテリトリーでフェイントをかけるまでに、尾鰭が黒いですが、先輩の図鑑サイトを覗くと体型的にはミスジみたいで、訂正します
デバスズメダイ
4cm
デバスズメダイ
口が折りたたんであるかんじ、餌取り超得意
複数だと中で一番弱い魚を攻撃、1匹だと他の魚から集中して狙われるが泳ぎ上手、少々傷ついたぐらいでは病気を発症しない丈夫さだ。栄養状態がよい奴はチビクマ・ヨスジが攻撃すると反撃するまでになった (^_^;)スゴイ
ミズタマハゼ
5.5cm
ミズタマハゼ
口がでかい、ベントス性で最初の餌付け注意
餌時にかるくハタタテハゼを威嚇、途中からハゼ水槽で生活、太ってくると気性が荒くなった、スズメダイ水槽に戻すとバイカラーと喧嘩するかも 残念ながらLank上位のバイカラーに惨敗しました。
ハタタテハゼ
5cm

ハタタテハゼ
おちょぼ口だが伸びる、餌取り不得意
同じ仲間に口でかるく威嚇するが、大人しく怯えて直ぐに隠れる、 最初からハゼ水槽で過保護気味かな、得意種目ジャンプ
キイロサンゴ
ハゼ
2.5cm
キイロサンゴハゼ
おちょぼ口、餌取り不得意
垂直な場所でも止まれる、動きがゆっくりなので餌取りは動きの速い魚と組ますと☆確実、寝るとき以外は割と目立つところに居るので観賞上は中々良い子
ホワイトソックス
5cm
ホワイトソックス
口は見えない
スカンクをかるく威嚇するがしつこさは無い、一日中岩影に隠れる、ナンヨウハギ・デカクマの白点虫をホジホジするのを目撃、残飯が極端に少ないと餓死、途中からハゼ水槽へ転居
スカンク
シュリンプ
5cm
スカンクシュリンプ
口はみえない
シッタカ・アサリを攻撃するが、結構出歩くので反対に攻撃される、残飯が極端に少ないと餓死、デカクマ・バイカラー・ナンヨウハギから攻撃を受け可愛そうなのでハゼ水槽へ転居
ヤドカリ色々
ヤドカリ
口は?見えない
シッタカ・アサリを攻撃、ヤドカリ同士はちょっかいは出すが、★になるまではやらない、傷ついた魚・弱い魚を襲う、大きくなると苔・残飯だけでは餓死するので5日に一度は餌を抱かしてあげると長生き
シライト
イソギンチャク
8cm
シライトイソギンチャク
口は有るが、いつも閉じている
クマノミ以外の魚が間違って飛び込むと危険、後で解ったのですが脱色して白い生体は長生きしないそうです、肌が茶色で褐虫藻が入った生体を強めの照明と無給餌で育てる、無理やり剥がすと体力が落ちる
タマイタダキ
イソギンチャク
15cm
タマイタダキイソギンチャク
口は有るが、いつも閉じている
クマノミ以外の魚が間違って飛び込むと危険、肌が茶色で褐虫藻が入った生体を強めの照明と無給食で育てる、無理やり剥がすと体力が落ちる、イソギンチャクが小さいとクマノミの擦り寄りで体力が落ちるので大き目を

 ■ 回想             < 自己反省・警鐘 >

  • 小さい水槽に活発なスズメダイ類を詰め込み緊張でストレス状態、そこに入れた温和なハゼ類は自閉症になったり、宙を飛んだり。 こんな水槽を作る前にポイントを絞って生体を選び、生体に合った環境を整えゆったり飼育しましょう。 (^_^;) 魚買いたい病に感染しないでね
  End                                                           ■ Marine blue    Page Top