2007/2/7(水)
リフジウム

営業所止めにしたライブサンド・ベントス・海草が遅れてハラハラしたが、如何にか導入に成功したみたいで週末はテンヤワンヤ(^^;)ゞ

人工海水をMagoTank450に半分ぐらい作って1日回し、余っていたパウダーアラゴナイトと珊瑚砂約3Kgをよく洗って投入して4日目に到着したライブサンドを導入して落ち着いたところで、ベントス・海草を導入しましたが、予想した通りアマモの草丈がギリギリ(^_^;)
照明はメイン水槽に使っていた KS-CXのBB450電球をスパイラル昼光色に変えて使ったが、光量が低いので直下で使うと如何しても足らないので、ホムセンに探しに行ったが適当なのが無いので通販で注文・・・到着は週末かな

MagoTannkへの給水はメインポンプから殺菌灯へ行く途中にチーズ水栓ソケットを入れて、3/8メールコネクターとボールバルブで送っています。2リットル/分という所でしょうか、落ち着いたらプランクトンとか導入しょうかな
落ち着いたらパイプフィッシュを入れたい(^^;)ゞ

珊瑚はテンコモリでは導入していないですが、ハードコーラルの白化の要因の一つの水流は自由度がアップしてコントロールしやすくなったんですが、照明は太陽のように移動するわけでもなく、メタハラ1個では影になる部分は白化しやすく、150メタハラでは維持し難い事が解ったので、スパクルの導入を考えています。(^^;)ゞ
環境が整わないと折角導入してもミドリイシ系は短命になるので大変難しいですね・・・
ミドリイシに手を出している先輩アクリストのメタハラの多さに納得の今日この頃・・・

2007/2/10(土)
リフジウム2

通販へ注文した器具が届き、さっそく取り付けました。細かい仕様が解りませんでしたが、安かったのでエイヤッ!っと注文した割には良い製品でした。フードに磁石を近づけても引っ付かない、そうアルミみたいです(^o^) 鉄よりは錆び難いので一安心、60wのレフ球を抜いてナショナル12w(60W相当)スパイラルレフランプを付けました。あかるーいo(^^)oピカ 取り付けに3mmの穴をクリップ部分に開けて、ステンレス針金を通して吊り下げましたがU金具タイプなので上下+360度向けられます。フードも深く光の漏れも少なく良い買い物でした。器具・12wランプ・送料代引き手数料税込みで\4,755でした

増設した水槽の台ですが、重量20kg以下なので手抜きしましたが大丈夫みたいです。手前が給水用で1/2-3/8メールコネクターをつけて、排水は呼寸20ですが13の塩ビ管を曲げて排水口にしました。最大給水量にすると排水に大量に空気を巻き込み20のままにすべきだったかも・・・ その内テスト
給水口にはフレキシブルジェットで作ったノズルを装着・・・いい感じ

スパクル買ってミドリイシ道に進むべきか・・・お金かかるな(^^;)ゞ・・・

リフジウム導入前のPHは8.2〜8.3  今日PM9時に測ったら8.0〜8.1 ウーン

IndoorReef さんのサイトを覗くとCo2添加で海草がスクスクの記事が ウーン 水草はやった事が無いので解らん・・・

  

  

2007/2/11(日)
保護色かな?

マンダリンフィッシュを夜中に見た時にはビックリした、病気かと見間違う程に色変わりして、まるでミイラみたい・・・しかしこれって夜だと捕獲が容易なのかも・・・(^_^;)・・・ライブロックの中は危険がいっぱいなのかいつも砂地でお休み

保護色の変化の多い魚では、デバスズメ・・・黒ずむ  ナンヨウハギ・・・白っぽくなる

最近買ったクリーナーで結果が良かったのはNissoのマグネットのフロートクリーナーですが、チョイ拭きようには手を濡らす事が無いので重宝してます。高いの買わなくてよかった
kentのプロスクレイパーL+ステンレスブレード はガラスにしか使えないが硬い苔に威力を発揮します。
三重管には100均のパイプクリーナーを使ってますが、使用後にはよく水洗い(^^;)ゞ・・・

2007/2/15(木)
プランクトン導入

プランクトンを導入する時に軽い気持ちでイサザアミを入れたら誰も食わないし、ヨコエビみたいにLR等に潜り込まないのでエビ養殖水槽になってえらい事に!?教訓=何事も行動・食性を調べて注文しましょう(^^;)ゞ・・・

シュリンプさんから浮遊付着プランクトン・ヨコエビ・アミエビ・シッタカが届いて導入、明るいとアミエビは水面近くで遊泳 数が多くてカクレ3cmも圧倒されしり込みしている、キイロサンゴハゼもアタックしているように見えるが食っていないし・・・プランクトンが減るかもしれないので?捕獲処分するか、リフジウムにタツでも入れるか思案中の今日この頃・・・

プランクトンとヨコエビのコロニーに、手近にあったメッシュのシートを裁断して箱を作り、ドライボールを入れて水槽に沈めました。サイドフローと水槽壁面の間にキチキチに作ったので浮きません(^^;)ゞ

2007/2/17(土)
リアクターの排水

給水はメインポンプからチーズを通ってJGチューブバルブで調整してCaリアクターに送っているのだが、排水が安定しないのでサンプ側にもバルブを設けて排水する事にした・・・給水は多く排水で絞ると?

しかし今までは強い水圧は架かっていなかったので水漏れは無かったが、これからは水圧が架かるのでリアクターのテストをしているみたいで朝が恐い・・・ サンプ側はJGバルブがないのでエアーポンプの付属品の点滴部品を使ったのでエアーチューブをジョイントで押し込んでいるだけなのでロックされていない(^_^;)。。。

ギャー!夜中にリアクターの状態を見に行ったら、マンダリンが浮いて水流に乗って流れのままに流されているー
何て寝相の悪い魚だ、こんなの見たこと無い、フロー管に落ちませんように・・南無

2007/2/19(月)
アフリカン入居

先週ショップを覗いた時にアフリカンピグミーが入荷していましたが、欲しいー心をこらえていたんですが、今日居たら連れ帰ろうと行ったら居ました(^o^)
ケントロは以前☆にしてしまったレモンピール以来2匹目ですが、スズメのように病気知らずだと良いのですが・・・

早くも水槽になれて、写真を撮らせてくれました(^o^)

底面吹出しのノズルを色合せと開口部を薄くする為に作り直しましたが、下のパイプは長さを変えたい時が来た時にでも・・・

リフの排水もエーハの12mmホース用のチーズをホースをチョコット挟んで13エルボに押し込みました。これで2リットル/分チョイぐらいまでは、空気巻き込みは許せる範囲かな・・・

  

2007/2/21(水)
アフリカンのその後・・・

気が強いので有名なケントロらしいので、ケントロを後で入れる時に苦労しそうだ・・・

今日の晩はシュアーRを4粒ほどキャッチしたが、だいぶん前に出てくるようになって一安心(^o^)

体長3〜4cmですが調べると、水槽下では6cmぐらいまで成長するのが一般的と名前の通り小さなケントロですが、落ち着きが無いと言うか結構動きが激しいので、給餌をちゃんとしないと痩せそうです。上層を泳ぐカクレが先ずキャッチして満腹になったら下に落ちていくところをアフリカンがキャッチするので、アフリカンが餌取りに参戦しないと給餌量が増えそうなので心配・・・水質が・・・

リフジウムは新芽の成長よりも葉が枯れて行く方が早いので、カーテンを浮かすと朝日が多少当たるので、太陽さんに協力を頂いている。床砂も熟成はまだまだ先で、アクリル面は苔が覆い始めたので、シッタカ3を本水槽に導入しました。本水槽のヤドカリはどれも大きく獰猛なので恐れをなしたのか、一箇所でかたまって井戸端会議を開いている、しっかり働いてよー(^_^;)

現在のリフ水槽の生体は 極小トゲツノヤドカリ×3 シッタカ×3 デカマガキガイ×1 生き延びていればヨコエビ・プランクトン少々・2枚貝×3・ゴカイ

2007/2/25(日)
ミドリイシのその後・・・

茶色の大きなミドリイシは1カ月で完全白化して、ミドリの大きなミドリイシも白化中で現在は半分以上ベロリです(/_;) 残りの2個も一部白化ですが、停滞しています。

環境を整えないで再投入しても同じ結果になるので、今の生体で試行錯誤していますが、チョットLRを背中にして置いた所、即背中側が白化、照明は当たっていたので水流の停滞かな?

ミドリイシを3ヶ月間飼ってみて、なんと神経質なんだろう思うばかりです。影を出来るだけ作らずに多方向からの強めの水流と清涼な海水と解っていても、ライブロックの組み方と水流のつけ方が未熟で・・・スパクルとPHが無いと長期維持は出来ないようなので思案中・・・PHを水槽に入れると景観が(^_^;)

ミドリイシは失敗=白化で再生しないところが辛いですね

  End                                             Marine blue    Page Top