2007/1/6(土)
賀正 水換え 魚導入

マンダリンフィッシュを連れてきました (^o^)
水合せ前に、トロトロの藻だらけの三重管の掃除をした処、細かい藻が水中に拡散したので、プロスキである程度回収してから23リットル水換えしました。

マンダリンはサンゴ水槽に居たのでたぶん餌付いていないと思いますが、比較的ベントス系なので給食方法がよく解らないので調査中です

2007/1/7(日)
マンダリンの写真

マンダリンの体色は保護色みたいで水槽に溶けこんでピントアイニクー(^^;)ゞ 以外とホバリングのムナビレが高速で動いているのがスゴ

我慢できずに、低くしてもう少し珊瑚を詰め込み出来るように再度ライブロックレイアウトしました。これで中央の砂場は殆んどなくなり、段々と雛壇のレイアウトに近づいている気がする、今日この頃です(^^;)ゞ

ユビワが三重管に付いた厚い石灰藻に取り付けるような、付けないようなもどかしい動作を繰り返していました

バブルカウンターの水を今までに3回も追加しましたが、逆止弁を超えて落ちているのかなと思って、点検したところ落ちていませんでした
つまり蒸発したんですね、何処のメーカーのカウンターも大きいのは、この為だったんですね、グリーンズさんのカウンターも小型しか無いの自作しようか思案中です(/_;)

   

 

2007/1/13(土)
Caセカンドステージ製作中

カルシウムリアクターの残存Co2が気になるのでセカンドステージを製作中、只今乾燥中で明日には試運転したいと思っています

JGのメールコネクターと呼び寸16のアクリルパイプを利用していますが、リアクターへの固定方法で悩みましたが、後でメンテナンスし易いように引っ張れば取り外しが出来ます、接着だと外れそうなのでビスで固定しました。
余っていた掃除口のゴムパッキンは本体のアクリル管に付けてずり落ち防止に使う予定です

外寸22mmt2mmアクリルパイプ×200mm  1/4-1/2メールコネクター×2  18mmのOリング×2  C2211粗めフィルター加工×2  16水栓ソケット×2  65掃除口のOリング  20エンドキャップ加工+65ソケット加工+3×20mmステンレス皿ビス+ナット×2  1/4ソフトチューブ少々

   

 

2007/1/14(日)
Caセカンドステージ製作 2

セカンドステージ試運転中・・・・・うまくいったみたいです(^o^)

 

   

2007/1/19(金)
自動給水

自動給水は夜間に15分設定していたんですが、徐々にサンプの水位が下がって来ます。
原因は水道局が夜間水圧を下げている為で、マーフィードの水圧計が40近くを指していて、低水温と相まってポタポタです(/_;)
結局日中に設定しなおしましたが、日中は50〜60を指しているので性能がほぼ出ています

今入れているマンダリンもですが、パイプフィッシュも入れたいのでプランクトン育成用?にリフジウム水槽の設置を模索中です
とりあえずMagoTank450を取り寄せたんですが、セット位置・配管方法で悩んでいます。本当は草丈もあって高さ30cmは欲しいと思っていたんですが、20cmで妥協してしまいました(^^;)ゞ

2007/1/26(金)
MagoTank

タンクの位置を迷う迷う迷う(^^;)ゞ  最初は右 次には左だと思い 次の日には後ろ
結局 後ろに決定 もう迷わないぞ!

後ろの欠点は、水槽後ろの白壁で背景がすっきりしているのに、台の柱を立てると台無しになる事で、柱に白い布でも巻いて誤魔化すかな・・・

MagoTankの給排水パイプのサイズが13・20でリフジウム用には太いんですが、給水は3/8のハードチューブで配管して、排水は途中から20-13-20のチーズ管を加工した20-13のエルボで水槽に直接13で落す予定です。これが中々難しい(^_^;)

2007/1/28(日)
フレキシブルジェット

サンタマルタエイジさん製作のコンパクトジェットを水流のノズルに使っていたんですが、上下向きの自在性が無いので思い描いた方向に水流を回せませんでした。マキシジェットを使えば悩む事も無いんでしょうが、如何せん底面吹出しにこだわった報いでしょうか(^^;)ゞ そんな訳で以前から探していたんですが、AQデザインさんとか数社の水槽に装備されているんですが、安く別売りされている様子はなく、そんな時エーハイムが去年末に発売したフレキシブル排水口が目にとまりました。(^o^)

部品構成は左からノズル・延長パイプ・フレキシブル排水口です。
ノズルのホーン風の形状は、木を削り出した木型で柔かくした13塩ビ管に押し当てて、素早く手で外周を押さえていって形を整える事で出来上がりです。コツは1回の熱処理で作る事で、数回やるとひび割れたりして失敗しやすいです(/_;)
延長パイプは13塩ビ管にエーハイムの外径13のプラスチックパイプを突っ込んで作りますが、塩ビ管のメーカーによって微妙に内径が違いますので窮屈なパイプを選ぶと接着剤無しで固定できます。

フレキシブルジェットと命名 (^^;)ゞ

 

  

  

 

  End                                             Marine blue    Page Top