2006/07/2(日)
60Wide水槽へ-2

昨日はライブサンドを投入して今日はライブロックをと目論んでいたんですが、私の段取りが悪くライブロックが品切れで1週間遅れになってしまいました。
それから、ROのオートストッパーの浮き位置を海水が回っているので切り屑が入らないように2槽目に穴を開け直して変更しました。
底面吹き出しの水量がアップしたんですが、新たな問題が発生しました。
吹き出しの勢いで底砂付近で渦巻きが発生してパウダーサンドが舞ってしまいます。バルブで調整すれば押さえ込めるんですが、せっかく苦労してアップした水量を落したくないのでノズルの形状を変えてテストするんですが、ことごとく失敗、恐るべし底面吹き出し(/_;)

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →8日(土)か9日(日)ライブロック導入予定 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

   

2006/07/3(月)
60Wide水槽へ-3

今日の水槽

ライブロックを入れるまで水槽の水位を下げておこうと思ったんですが、キュア用海水も必要だし、テストもかねて満水にしました

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →8日(土)か9日(日)ライブロック導入予定 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

水槽裏でーす

2006/07/4(火)
60Wide水槽へ-4

配管編

満水の写真です

底面吹き出しノズルを少し高くしましたが、相変わらず全開近くにすると渦巻きが(/_;) 次は50度ぐらいのエルボを作ってテストの予定です

メインポンプから水槽への先にエルボを付けたら、ポンプ停止の時に空気が入らなくなり、逆止弁が付いているんですが、サイホン効果の水圧の所為か止めきれずサンプの水位の上がるスピードがアップして、2分ぐらいでフロー管から排水が始まってしまい、これではポンプ復帰で水位が下がって自動的にRO水が注入されて比重が下がってしまいます。水没しない所に空気穴を開けると良いそうですが、問題も多いみたい (^_^;)

メインポンプから水槽へ戻る手前でサンプへ落せるバルブを付けたんですが、これって水槽への水量を減らすのにも使えるし、ポンプに負担にもならないし、水も回せるし意外と便利でした。これ超オススメ

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →8日(土)か9日(日)ライブロック導入予定 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

    

2006/07/5(水)
60Wide水槽へ-5

照明編

照明の構成ですがMT150Sコーラルグロウ+KS-CX-BB450(21w)でタイマー制御でスタートさせます

横スライドは自由、前後スライドは15cm、MT150Sの上下は水面30cm〜45cmです
KS-CXは見ての通り重たい洗濯バサミは取り外しステーを曲げて取り付けて、ステーとワイヤーで全方位に向けられます。 中々(^^;)ゞ 自画自賛  KS-CPという天吊り型が有りますが、セードが大きく好きじゃないのでKS-CX改になった次第です

近くにカーテンボックスが有りその上に安定器を乗せて、その下のカーテンの裏にタイマーを仕込みました(お隣さん丸見えで余りカーテンを全開しないので平気)

照明電源はエアコン専用回線が来ているので、コンセントを増やして配線しました(エアコンとの同時投入でもラッシュカーレントでブレーカーが落ちる事は有りません)

ちなみに照明は撮影・テストのみで珊瑚導入までは点灯しません

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →8日(土)か9日(日)ライブロック導入予定 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

  

  

2006/07/6(木)
60Wide水槽へ-6

ライブロック編-1

今日、沖水さんからライブロックが到着しました。
写真の通りで、準備してあった海水にライブロックを漬けてPHとペットボトルスキマーでキュアリングを開始しました。2時間程してアンモニアのテストをしましたが 0でした (^_^;) 気が早すぎか?

定番のライブロックが入った袋を開けて生体探し・・・いました左からカニ・アカシャコ・クロシャコテッポウエビです・・しばらくコップで飼います(^_^;)

サンタマルタエイジさん考案のコンパクトジェットのその後ですが、塩ビ側を半丸ヤスリでえぐって開口部を広げましたが、少し改善しましたがバルブ全開とは行きませんが、とりあえず妥協・・・(/_;)

実は今日ミズタマハゼのダイブ事件が早朝あってショックでした。物怖じしない性格がアダになったのか、以前に餌を与えていると餌を追ってタマイタの触手に触れたことが有り、その時は事なきを得ましたが、たぶん今回も暗闇で触手に触れて焦ってダイブの可能性があります (/_;)合掌 家に来て一年と八ヶ月でした

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →8日(土)か9日(日)ライブロック導入予定 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

  

2006/07/7(金)
60Wide水槽へ-7

ライブロック編-2

ライブロックのキュアリングで一日経って若干アンモニアが検出されましたが、我慢できずに水槽に導入。レイアウトムツカシー! 思わず割ってレイアウトしたくなる

例のコンパクトジェットですがライブロックが入ったら渦巻き現象が出なくなりました。色々と細工した事が骨折り損になったかも、まーいいか (^o^)

いよいよプロスキも稼動となりましたが、ライブロック導入直後なのでオーバースキム状態にしました、netで色々と批評が書かれていて、実際に使って家のシステムに合っているのか不安でしたが、ごらんの通りです (^^;)ゞ

水槽からのフロー水の落下の泡で消音カップに汚れが付いて、プロスキの汚水カップのようになってしまいましたが、サンプが小さく簡単に取り外しが出来ません (/_;) ザンネン

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

ライブロック プロスキ 

排水の泡消しが汚水カップに

2006/07/8(土)
60Wide水槽へ-8

配管編-2

SCWDスクウィッドの配管は、ステンの配管固定金具で十字架状態のSCWDから左右にホースで延長してエルボで底面吹き出しに配管されています。後々の補修を考えて底面吹き出し管にはシールテープで連結してシリコンコーキングして抜け止めに塩ビサドルで固定しました

OF配管は定番のピストルから延びた配管をエルボでサンプに落しています。これもピストルはシールテープした後にシリコンコーキングして、抜け止めにステンの配管固定金具で固定されています

水換え用の排水用の配管を付けましたが、サンプのサイドOFと途中でチーズ管で合流して壁穴を通って外の雨樋の配管に穴を開けて合流させています

稼動24時間後のプロスキの汚水カップの状態です。現在アンモニアは検出されていません (^o^)

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

scwd 底面吹き出し裏 

OF配管ピストル OF配管 サンプへ 

水換用のサンプ排水とサンプサイドフロー管が結合 サンプ水換用排水配管   稼動24時間後の汚水カップ 

2006/07/10(月)
60Wide水槽へ-9

アンモニアテストしましたが、相変わらず 0mg です (^o^) 
テトラアンモニア試薬NH3/NH4+にて

プロスキは、まだ汚れが有るのか、さらに濃縮された汚れが取れています。根付きの良い海草は残したんですが、たぶん一部溶けているようで取ってしまえば良かったのかも (/_;)

今日も相変わらずテッポウエビは、カツン!カツン!と元気そうです。1cmに満たないんですが、なにか悪さをするのか調査中でネットで調べるとイソテッポウエビみたいです

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

2006/07/11(火)
60Wide水槽へ-10

RO配管

小さい水槽ですが蒸発分のRO水の注入を自動化したくてオプションのウオーターストッパーを配管しました。一番近いのがキッチンの蛇口なのですが、食器洗い機ですでに分岐している箇所をさらに分岐してバルブを付けてROシステムへ繋いでいます。ROシステムを出た純水は壁づたいにハードチューブで水槽台裏まで配管、そこでチーズを入れてサンプのオートストッパーへ配管、もう一方は定期水換え用でバルブを付けて引き出し出来るようにしました。
ちなみに家はROシステムの水圧計は50ぐらいを指していて、純水の生産量も広告通りです。水道メーターの所に有るバルブを全開にすると、もっと水圧が強くなるかもしれませんがやっていません。 (^^;)ゞ今度やってみようかな

プロスキは4日間稼動した状態です、ごらんの通りです (^^;)ゞ ウッ スミマセンもうアップしません

それから、カタトサカを通販さんからサービスで頂いたんですが、綺麗・可愛い Photoページにアップしました。

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

ro 分岐&コック RO+RGシステム 

分岐 サンプ or 水換え用 プロスキ 4日目

2006/07/15(土)
60Wide水槽へ-11

珊瑚の引越し-1

立上げ1週間一度もアンモニア濃度が上がりませんし、60規格の水温が高くウミキノコなどは、うな垂れて辛そうなので60Wideに移動しました。移動した生体はウミキノコ・カタトサカ・スターポリプ・マメスナギンチャク・キイロサンゴハゼですが、給食量の多いホワイトソックスと海水が汚れやすいタマイタイソギンチャクはそのままです。(/_;)ススマン

それとあまりにも安定なのと、緑の海草が元気なさそうなので3日ほど前から2時間照明を点灯していますが、セオリー違反で後で苔大発生しないか心配です。在庫切れの硝酸塩テスト剤なども準備しないといけないんです・・・

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

2006/07/17(月)
60Wide水槽へ-12

珊瑚の引越し-2

ライブロックの隙間においたウミキノコは朝見ると必ず砂場に転がっている、何かいる予感?

昨日ウミキノコとカタトサカの為に土台を作りましたが、土台はc.p.farmニードル付きリーフロックを参考に金鋸と鏨とトンカチで加工しましたが、金鋸は失敗で人工的になってしまいました。(/_;) 自然はムツカシイ

材料は Aqua初めて間もない頃にニュルニュルがライブロックから出て気持ち悪いので、何も考えもせず茹で上げたデスロックと3mmのアクリル三角棒とシリコンコーキングです。
三角棒に返しを半丸ヤスリで二ヵ所作り、ドリルで開けた穴にシリコンコーキングを押し込み加工したニードルを差込現在乾燥中です。(>_<)ザク 珊瑚さん痛そう

移動したキイロサンゴハゼが今日初めて餌をキャッチしました。家のはなぜかシュアーRはペッ!でシュアーMを指先で潰すと(細かくしない)食べます。仲間がいないと神経質になるのかと思い、立上げ直後なので餌を増やしたくないのですが昨日ホワイトソックスも移動しました

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

ニードル付き珊瑚台

2006/07/20(木)
60Wide水槽へ-13

珊瑚の引越し-3

実はライブロックの組直しを珊瑚を入れる直前にしています・・・ こんなもんかな?・・・

ウミキノコの切り口の粘液が出ていないので今日ザクっと刺しました (/_;)イタタ カタトサカの土台はでか過ぎで、まだまだ経験不足です とりあえず潮通しの良いところで療養させてます 

スタポとマメスナは砂場に、こんな感じで転がしましたが、いいのかな?

コンパクトジェット周りにライブロックのクズをパラパラ敷いて渦防止しています

餌やり時のポンプ停止で、入れ忘れる事早くも2回、クーラーのエラー音で気が付いてセーフです、早く入れ忘れタイマー付けないとヤバイ(^_^;) メインポンプ・底面吹き上げ用ポンプ・プロスキポンプの最低3台を制御しないといけないのにタイマーリレーが2回路なので、買い換えるか蛸足するか悩んでいます。
それと何処もそうなんでしょうがプロスキを一旦停止すると、たぶん半日ぐらいは泡が上がってきません (^_^;)そんなもんかな

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

今日の全景 ウミキノコ グサ! 

カタトサカ グサ! スタポ & マメスナ

コンパクトジェット周り

2006/07/23(日)
60Wide水槽へ-14

水温計

平穏な日々が流れて3週間が過ぎましたが、まだ生体を本格導入する勇気?がわかなくて移動した生体だけで維持しています。(^^;)ゞムズムズ

あまりネタも無いので、水槽立上げ時に撮った家に有る水温計の数々です。

左からニッソーの重石がついたの、次にスドーのロングとショート、次にファイバープランの水槽内設置型ですが、レイシーLX−110GXがデジタル水温計より0.5度高めに表示するので、今後の為にどうなってるのか検証の為に家に有る水温計をすべて突っ込んで見ました。測定位置がLX−110GXのセンサーはフロー水の落下位置と、水温計は2層目なので比較するのが間違いと言ってしまえばそれまでですが、これだけ水の回っている水槽ですので間違いとも思えずビミョーです。(^^;)ゞ 水温計は最低がスドーのロングで25℃、最高がスドーのショートで26℃っといったところですが、許容誤差の範囲です。
水温計の平均とLX−110GXのセンサーの温度差はやっぱり0.5℃ありますが、公的検査機関で検査を受けていないので何の確証も有りませんので参考までに、普通に考えればネームバリューと値の張るLX−110GXの水温表示を信用するのが順当なところですかね。(^_^;) バキ!

30cm水槽の水換え  15リットル

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

水温計

2006/07/26(水)
60Wide水槽へ-15

ポンプのタイマー1

やはり餌やりの時にポンプを止めると入れ忘れがちになるので、2回路のタイマーリレーで製作しました。メインと底面吹き上げ用のポンプを止めるとサンプの水面が上がってプロスキが吹き上がりすぎるので、止めると3時間ぐらいは吹き上がらなくなる。これが気に入らないので、なんとかならないかと思って色々やってみると底面吹き上げだけ止めればギリギリプロスキの吹き上がりは許せる範囲になるので、とりあえず底面吹き上げポンプだけにタイマーリレーを使いました。 (/_;) みんな如何してるのかな

30cm・60cm規格水槽の外掛けフィルター清掃

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

2006/07/28(金)
60Wide水槽へ-16

ポンプのタイマー2

タイマーの取り付け写真撮りました、ナショのADX11144(AC100v2回路オンディレー1〜30分)で要はタイマーの作動電源をリセットすると最大30分後に回路を閉じるか、開くか出来ます。入れ忘れようなので回路を閉じる方に繋ぎ、防滴対策に超小型タッパー2個を使いました。産業用なので信頼度はあると思うんですが、海水が近くに有るので心配です。フリッカータイマーとかも出ていて、思わず想像してしまいましたがシーケンサーの深みにはまらないようにしたいものです。

今日水槽前面に極小の鳥の羽みたいなのが、たくさんペタペタ付いて調べてみたんですが、どうもハネモというあまり有り難くない藻のようです。一番強い水流が前面ガラスに当たるので集中したみたいです アー大変 (^_^;)

30cm水槽のデカクマの片方の目が出て可哀想なので、水質の良い60規格水槽に移しました。水換えの時に目に何かぶつかったのかも・・・ (/_;)

29日(木)人口海水投入 → 30日 (金)アラゴナイトサンド導入 → 1日(土)ライブサンド導入 →7日(金)ライブロック導入 → 15日珊瑚少々・サンゴハゼ導入 → 7月末 珊瑚導入予定 我慢できれば(^o^)

リセットスイッチ タイマーリレー  タイマーリレー

  End                                             Marine blue    Page Top