2005/10/2(日)
2215フィルターの掃除

60cm水槽の2215フィルターが最近エアー噛みの放出サイクルが短くなったので、久しぶりに掃除しましたが、以前に掲示板で再スタートが巧くいかないアクアリストの方がいましたが、家の場合は2215+ブルーライト殺菌灯15wの組合せですが、一発okでした。

2215の電源OFF→2215両サイドのダブルタップコックを閉じる→2215切り離し→2215の濾過材をバケツに飼育水ごと入れる→2215とスポンジを洗う(スポンジはよく振って水切り)→バケツの濾過材に手を突っ込んで2215に戻し残った飼育水を捨てる→スポンジを元の位置に装着→2215のヘッドを装着する→両端のダブルタップを水槽に装着→ダブルタップコックを両端とも開く (水槽の飼育水が2215に溜まって中の空気が勢いよく排水口から排出するまで待つ)→2215の電源を入れる→成功→作り置きした飼育水を水槽に追加→終わり

2005/10/18(火)
水換え

60cm水槽20リットル水換えました。

ポリタンクで人工海水を溶かすのにポリタンクを持ってユサユサしていましたが、体力を使うので、インスタントオーシャン(バケツ)の塩を、買ってきたポリの密閉ボックス20リットル(\1029)に移して
空いたバケツでパワーヘッド(MJ500)にディフューザーを付けて半日エアレーションして、人工海水を溶かした後にプロホースで水槽の飼育水を排水、水作のプロホースのホースにパワーヘッドをはめて(ピッタリ)水槽に新しい飼育水を注水して完了

だいぶんラクチンになりました

パワーヘッドのエアレーションは凄いので飛び散らないか心配でしたが、23リットル入れてもインスタントオーシャンの蓋が良いのか飛び散らずに出来ました (^o^)

2005/10/19(水)
水換え

30cm水槽14リットル水換えました。

照明を夕方からうっかり消してしまい、ねむけ眼状態から10分程してだいぶん目が覚めてきたようなので餌やりをした後見ていたら、人の寝起きと同じで、めちゃくちゃデカクマのご機嫌が悪くなってチビクマ・ヨスジに当り散らしていました。餌抜きで、そのまま寝さしておけばよかった。

2005/10/23(日)
最近の水槽

いつのまにかマガキガイ5匹全部が☆になってました。夏場の高水温か、結構ヤドカリ・カニが餓えているのかも知れません
以前たまに見えていたヨコエビ・小さなケヤリ・ガラスにへばり付いているナニカなどが、全く居なくなり、ライブロックも赤い石灰藻の面積が減って白くなって来ています。魚メインの水槽では糞・残飯で出るデトリタスと夏場の高水温は予想以上にライブロックと微生物にダメージが有るみたいで、珊瑚と魚の理想の水槽作りには相当の投資をしないとダメなようで、おいそれとは出来ません。

2005/10/24(月)
2211フィルターの掃除

30cm水槽の2211フィルターの流水量低下の為、久しぶりに掃除しました。
UV400が付いていますが、再起動は一発okでした

2005/10/28(金)
最近の水槽

常時水槽の硝酸塩値が25〜50mgで、もうすこし水質改善して珊瑚なんぞ増やしてみたいなーと思い、外掛けフィルターに硝酸塩還元BOXを設置準備中です。 DIYページに書込み

最近の水槽
夏場にタマイタが衰弱したので照明をタマイタ中心にライティングしました
水槽立ち上げた頃に、外部フィルターの給水口にスポンジを付けていたんですが、スポンジを外して掃除するのがたいへんだったので即刻外してしまいましたが、外掛けフィルターだとワンダーチューブごと取れるので簡単に掃除ができる事に気が付き取り付けました。これで物理濾過はスポンジのみで、外掛けフィルターの中に硝酸塩還元BOXを入れる予定です。 ウールの物理フィルター無しで大丈夫か心配です 

60cm水槽   30cm水槽

2005/10/31(月)
60cm水槽が白濁

硝酸塩の還元BOXをバケツで2日間熟成後に外掛けフィルターに設置して2日間経ってうっすら白く濁ってきたので、亜硝酸塩を測定した所0.5mg以下だが、テトラの試験紙が一年近く経っているので信用が出来ないので、20リットル水換えする事にした。前回の交換から13日目と、ちと早い気もするが、水質センサーのタマイタが朝見ても、晩見ても縮んだままで気になる。夏場の高水温で縮んでも一時だったんだがなー。目立つのが嫌なのと、メンテナンスのし易さで還元BOXを外掛けフィルターに入れたが水流あり過ぎか...
改善の兆しが無ければ、何か考えねば......

  End                                             Marine blue    Page Top