クワガタムシの観察


1998年8月17日から1999年4月24日までの観察

コクワガタを 数匹飼っていた飼育ケースの朽ち木で卵を見つけたのですが、
一時期 ノコギリクワガタも入れたことがあるので、どちらの幼虫か分かりません。
成虫になってからの お楽しみ!!
98/8/17

クワガタムシの幼虫
7月の下旬頃、朽ち木に産卵してありました。
そのまま、そっとしておいたところ、
沢山の幼虫が孵化して育っていました。
大きさは、約1pくらい。
98/9/18

幼虫を確認してから 1ヶ月。
インスタントコーヒーのビンの中で育っています。
98/9/25

たくさんの幼虫を1匹ずつに分けました。
画像は、兄弟最後の集合写真です。
98/11/5

マットを取り替えました。
幼虫は元気に大きく育っていました。
99/4/24

越冬していた幼虫も春になって、よく動くようになりました。
(画像は、上とあまり変わりませんが・・・)

成虫で越冬していたコクワガタのメス3匹、
オス1匹も元気です。
5月に入ると幼虫たちは、さなぎになるための部屋を作り始めました。
クワガタムシの観察その2につづく

TOPページ  虫のコーナー  植物のコーナー  リンク