豊かな地域社会を造るためには公共交通の活性化が欠かせません。
公共交通の維持発展に取り組んでおられる皆さんが
各地での体験を共有化し、今後に活かしていけるように
情報交換や話題提供ができる場を目指しています。
| 公共交通を考える | 公共交通の文献・資料 |           | INDEXページ 
Google
WWW を検索 http://www.mitene.or.jp/~itono/alt/ を検索

since 8/2002

最新情報は こちら

  「公共交通トピックス」の情報は、テーマ別、地域別、時期別に整理していますので、該当する区分を選んでご覧ください。
テーマ別
特集テーマ
更新日
地方鉄道・新たな挑戦(利用促進あの手この手)
2019.02.10

路面電車が街を行く(新しい夢乗せて)
2019.01.20

逆風の中の鉄軌道(経営の苦難と廃線の絶望)
2019.02.17
New
路線バス・新たな挑戦(利用促進あの手この手)
2019.02.14

全国100円バス事情(ワンコインの手軽さ)
2019.02.03

コミュニティバスの運行(まちづくりの足として)
2019.02.03

頑張ってます...公共交通支援の輪
2019.02.14

公共交通政策は地域社会の期待に応えうるか
2019.02.21
New
豊かな地域社会への公共交通の役割
2019.02.17
New
車内でのマナーと防犯(公共空間での振る舞い方)
2018.12.23

地 域 別
◆テーマ別索引と地域別索引では、各情報のタイトルと時期だけを表示しています。お目当ての情報の内容をご覧になるときは、時期別索引のうち該当する時期区分のページを選んで、お探しください。
時 期 別



●2013年 9〜12月分
●2006年10〜12月分



●2013年 5〜 8月分
●2006年 7〜 9月分



●2013年 1〜 4月分
●2006年 4〜 6月分



●2012年 9〜12月分
●2006年 1〜 3月分



●2012年 5〜 8月分
●2005年10〜12月分



●2012年 1〜 4月分
●2005年 7〜 9月分



●2011年10〜12月分
●2005年 4〜 6月分



●2011年 7〜 9月分
●2005年 1〜 3月分
New●2019年 1〜  月分
●2011年 4〜 6月分
●2004年10〜12月分

●2018年10〜12月分
●2011年 1〜 3月分
●2004年 7〜 9月分

●2018年 7〜 9月分
●2010年11〜12月分
●2004年 3〜 6月分

●2018年 4〜 6月分
●2010年 8〜10月分
●2004年 1〜 2月分

●2018年 1〜 3月分
●2010年 4〜 7月分
●2003年11〜12月分

●2017年10〜12月分
●2010年 1〜 3月分
●2003年 8〜10月分

●2017年 7〜 9月分
●2009年10〜12月分
●2003年 5〜 7月分

●2017年 4〜 6月分
●2009年 8〜 9月分
●2003年 1〜 4月分

●2017年 1〜 3月分
●2009年 5〜 7月分
●2002年10〜12月分

●2016年11〜12月分
●2009年 1〜 4月分
●2002年 7〜 9月分

●2016年 8〜10月分
●2008年10〜12月分
●2002年 1〜 6月分

●2016年 5〜 7月分
●2008年 7〜 9月分
●2001年 7〜12月分

●2016年 1〜 4月分
●2008年 4〜 6月分
●2001年 1〜 6月分

●2015年11〜12月分
●2008年 1〜 3月分
●2000年 7〜12月分

●2015年 9〜10月分
●2007年11〜12月分
●2000年 1〜 6月分

●2015年 6〜 8月分
●2007年 8〜10月分
●1999年 9〜12月分

●2015年 1〜 5月分
●2007年 6〜 7月分
●1999年 1〜 8月分

●2014年 7〜12月分
●2007年 3〜 5月分
●1998年10〜12月分

●2014年 1〜 6月分
●2007年 1〜 2月分
●1998年 1〜 9月分


最新情報

Last Update
 2019-2-21
このページは概ね最近1ヵ月の情報を掲載しています。それ以前のものについては、下のテーマ別、時期別、もしくは地域別索引から該当するページを選んでご覧ください。




熊本空港への鉄道新線整備費の3分の1負担でJRと合意/熊本県

 熊本県はこのほど、熊本市中心部と熊本空港(同県益城町など)の間のアクセスを改善するために鉄道新線を建設する計画に関し、JR九州が整備費の3分の1を上限に負担することなどで同意を得、また新線の運行を同社に委託することで合意した。
 県は、新線がJR豊肥線の三里木駅(同県菊陽町)と空港を結び、列車は豊肥線に乗り入れないことにしていて、整備費は約380億円を見込む。新線は県を中心に設立する第三セクターが整備し所有する計画で、JR九州は三セクには出資せず、運行開始後に整備費を負担するという。
(2019/2/21)




モネテクノロジーズと連携し「オンデマンドバス」実験へ/豊田市等

 豊田市は、トヨタ自動車とソフトバンクが共同出資する新会社「モネテクノロジーズ(MONET)」と連携し、同市内で利用者の求めに応じて運行する「オンデマンドバス」の実証実験を始める。モネ社は自動運転社会の実現を見据え、次世代のオンデマンド移動サービス提供に向け、同市を含む全国の17市町と連携を始めるとしていて、横浜市と福山市でも今年度中に同バスの実証実験を行う計画。
 27日から、09年4月から小原地区で運行中のオンデマンドバス「おばら桜バス」に、モネ社のプラットフォームを導入して実証実験する。地域の人に実際に使ってもらうことで、課題を探っていく。利用者が従来の電話予約に加えて、スマートフォンアプリで予約できたり、ドライバーがタブレット端末で最適な運行ルートを確かめたりできるようにするという。
(2019/2/19)




自転車旅に誘う鉄道沿線の魅力紹介サイト開設/津軽鉄道活性化協

 津軽鉄道とその沿線の青森県五所川原市、中泊町でつくる津軽鉄道活性化協議会は、サイクリング愛好家などの利用促進に向けたウェブサイト「津鉄と走ろう奥津軽」を開設した。津鉄の駅を発着するサイクリングコースや「インスタ映え」する観光スポット、グルメなどを紹介している。
 サイトは津鉄の利用促進に向けて、両市町の若手職員が立ち上げた特命チーム「津鉄ア・モーレ」が制作している。チームのメンバーが実際に自転車で沿線地域を走り、取材を行った。
(2019/2/17)




和歌山大学と和歌山の地域振興などで連携協定を締結/JR西日本

 JR西日本和歌山支社はこのほど、和歌山大学と「連携・協力に関する協定」を締結した。両者はこれまで、列車からの避難などを含めた防災学習列車「鉄學」の運行や観光に関する駅および車両設備などで協力してきたが、同社の地域住民らと連携した和歌山線沿線地域活性化プロジェクト「ワカカツ」などの「地域共生」の取り組みと、大学の取り組みが共通の目的を持つことから協定締結に至ったという。
 協定内容は、「鉄道防災・地域防災」「持続可能な鉄道・地域づくり」「地域の人材の育成」「相互の資源を活かした交流等」の4項目。同社としては地域共生企業となることを目指していて、和歌山大学と協定を結ぶことで、和歌山県の発展のために連携して寄与したい考え。大学としても同社との取り組みをさらに発展させ、地域振興活動、学生教育について共に考えていきたいとしている。
(2019/2/15)




赤字が続いて旧国鉄以来の車内販売サービスを終了へ/JR北海道

 JR北海道は、特急列車内での飲み物や弁当などの車内販売を2月末で終了する。コンビニエンスストアや駅構内の店舗充実などの影響で赤字が解消できず、乗務員の確保も困難となったため、旧国鉄以来のサービスが幕を閉じる。
 車内販売は旧国鉄時代に特急などで好評を博していて、1987年の国鉄分割・民営化を経て一旦廃止されたが、JR北海道は97年以降、札幌と帯広・釧路方面を結ぶ「スーパーおおぞら」などで車内販売を再開した。道内は移動距離が長く乗車時間がかかることもあり、車内販売は乗客に重宝されて、最盛期の01年度には約8億円を売り上げたとされるが、それでも1億円超の赤字が出ていた。
 13年度に赤字が過去最悪の約3億円まで膨らんだことを受け、15年度からは対象列車をしぼって車内販売の縮小が始まっている。その後、各線で相次いでサービスを終了させ、現在、車内販売を実施しているのは「スーパー北斗」の一部列車のみになっていて、17年度の赤字は約1億5300万円だったという。
(2019/2/14)




金沢、内灘両駅で地元高校生制作の発車メロディを使用/北陸鉄道

 北陸鉄道はこのほど、浅野川線の金沢駅と内灘駅で、金沢市立工業高校電子情報科の生徒が制作した発車メロディーを流し始めた。金沢駅では金沢市歌、内灘駅では内灘町歌を基にしたメロディになっている。
(2019/2/13)




都内公道で初めて自動運転バスによる営業運転の社会実験/東京都

 東京都は13〜22日、住民の高齢化が課題となっている「多摩ニュータウン」で、乗客を乗せて自動運転バスの走行実験を行う。都内の公道を使った自動運転バスの営業運転は初めて。運転手不足が深刻化する中、自動運転技術の活用で、住民の足として欠かせないバス路線の維持や拡充を図る。
 実験は、自動運転技術を研究する民間企業やバス会社の協力を得て、多摩市内の団地と近隣スーパー間(約1.4km)の公道で小型バスを走行させる。運転手は乗車するがハンドルに触れず、事前入力された道路データや車載カメラなどを活用して運行する。
(2019/2/12)




人材確保に契約社員の運転士すべてを4月から正社員化/阪急バス

 阪急バス(豊中市)は、契約社員の運転士約140人すべてを4月1日付で正社員にすることとし、新規採用も同日以降は正社員として雇う。人手不足が深刻なバス業界で、人材を安定的に確保するねらい。
 同社の運転士は約1350人で、これまでは契約社員として入社後、勤務状況を踏まえて正社員に登用していたが、契約社員の制度自体を廃止するという。
(2019/2/12)




「まもレール」を都営地下鉄と東京メトロにも拡大/JR東日本など

 JR東日本、セントラル警備保障と、東京都交通局、東京地下鉄は2020年春から、子ども見守りサービス「まもレール」を都営地下鉄と東京メトロの各線でも利用できるようにする。現時点ではJR管内の244駅が対応しているが、20年春には3社合計で495駅に拡大するという。
 「まもレール」は、JR東日本とセントラル警備保障が共同で展開している見守りサービスで、電車で通学する子ども(小学生から高校生まで)が「Suica」や「PASMO」を使って自動改札を通過した際に、利用駅と通過時刻、チャージ残高を保護者にメールなどで通知する。料金は月額500円(税別)。
(2019/2/7)




車両更新等に備えて市営バス運賃を220円に値上げへ/川崎市

 川崎市交通局は10月から路線バスの運賃を引き上げる方針を固めた。車両の更新や燃料費の高騰などが主な要因。消費税増税分の転嫁などを除いた運賃引き上げの本格改定は24年ぶりで、関連する条例改正案を2月定例市議会に提案する。
 現在の運賃(大人)は、ICカードで206円、現金で210円だが、改定で220円に統一する。定期は通勤1ヵ月で9200円を9900円に引き上げるが、通学定期は子育て世帯に配慮して据え置くという。市内運行の民間バスの運賃は現在210円。
(2019/2/5)




AIで交通手段の最適経路を提案する次世代サービスへ/静岡鉄道

 静岡鉄道(静岡市)はこのほど、鉄道、バス、タクシーといった交通手段を人工知能(AI)を活用して組み合わせ、最適な経路を提案する次世代交通サービス「MaaS(マース)」に乗り出す方針を決めた。第1弾として同じ方向の目的地を目指すタクシーの乗客を効率的に輸送する相乗りタクシー事業の実証実験を13日にスタートさせる。現時点では、相乗りは道路運送法では認められていないため、無料でサービスを提供する。
 MaaSは「モビリティ・アズ・ア・サービス」の略で、マイカー以外の交通手段を一つのサービスとして提供する概念。同社はお年寄りなど交通弱者の移動手段確保、利便性向上につなげる狙いで今後、鉄道、バスを含めた新しい交通ネットワークサービスの構築を目指す。
(2019/2/5)




腕時計型端末を使って沿線住民の健康管理の実証実験/近鉄GHD

 近鉄グループホールディングス(大阪市)は4月から、奈良市の沿線住民300人を対象に、腕時計型のウェアラブル端末を使って健康状態を管理する実証実験に乗り出す。高齢化が進む沿線の活性化につなげようという、鉄道事業者として初の試み。2020年度の事業化を目指していて、将来的には県内の沿線全域に拡大したいとしている。
 実験は、近鉄学園前駅を利用する30歳以上を対象に、1年間、入浴時を除き、手首に巻いたウェアラブル端末で歩数や睡眠時間のデータを毎日計測する。自宅には小型センサーを置き、気温や湿度、騒音などと健康の関係も調べる。睡眠時間や燃焼カロリーなどのデータをインターネット上で管理し、住民の健康状態を総合的に判断して体調の変化や、お薦めの食事メニューをスマートフォンなどに通知してアドバイスする。一人暮らしの高齢者の異変を察知すれば、直ちに家族に知らせて孤独死のリスクも防ぐ。
(2019/2/5)




「まちバス」に中国のスマホ決済サービスを導入/金沢商業活性化C

 金沢市中心部と金沢駅を100円で結ぶ「まちバス」の運営主体である金沢商業活性化センター(金沢市)は2日、同バスに中国で普及するスマートフォン決済サービスの「アリペイ」と「ウィーチャットペイ」を導入する。路線バスへの導入は珍しいという。
 4月の小松−香港定期便就航も見据えて対応を決めたもので、同国からの観光客が増える中華圏の旧正月「春節」に間に合わせる。
(2019/2/1)




三陸鉄道の再構築計画を認定、JR山田線移管も許可/国土交通省

 国土交通省はこのほど、東日本大震災で被災した第三セクター・三陸鉄道(宮古市)や沿線などの自治体が申請していた鉄道事業再構築実施計画を認定した。事業継続が困難な鉄道会社を対象としたもので、固定資産税の軽減などで再建支援する。
 また、津波で被災したJR山田線(宮古−釜石間)の三鉄への移管も正式に許可した。
(2019/1/31)




金沢市内でIoT技術を駆使したバス停の実証実験/北鉄グループ

 北陸鉄道グループのホクリクコム(金沢市)はこのほど、同市内で「スマートバス停」の実証実験を始めた。IoT技術を駆使したバス停で、液晶モニターにはリアルタイムで運行情報などを表示する。実験期間は3月末までで、日照時間が少なく積雪も予想される冬場に情報を円滑に発信できるか検証する。
 スマートバス停はインターネット経由でバス会社などと接続され、状況に応じた柔軟な情報伝達が可能になる。太陽光パネルと蓄電池を搭載しており、消費電力の極小化と停留所の小型化も実現する。実験用のスマートバス停は、城下まち金沢周遊バス(左回りルート)の「広坂・21世紀美術館」停留所に設置した。
(2019/1/31)




「明智光秀ゆかりの地へ」フリー切符を2月から限定発売/明知鉄道

 第三セクター・明知鉄道(恵那市)は2月1日、同市明智町ゆかりの戦国武将・明智光秀の家紋のキキョウをデザインした「明智光秀ゆかりの地へ」フリー切符を限定1千枚発売する。日本大正村など沿線の観光施設の割引特典付きで、通常のフリー切符と同じ1380円。
 町内には、光秀が産湯として使ったとされる井戸、ゆかりのけさ、母の於牧(おまき)の方の墓所などがある。光秀が主人公の2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にちなみ、観光客に明智町を訪れた記念として使ってもらおうと企画した。
(2019/1/31)




大震災で不通のJR山田線・宮古−釜石間再開へ試運転/三陸鉄道

 第三セクター・三陸鉄道(宮古市)は28日、東日本大震災で不通となりJR東日本が復旧工事を進めていた山田線・宮古−釜石間で、三鉄の営業車両による試運転を始めた。踏切や信号が正常に作動するか点検したほか、ホームとの距離や高低差を確認した。
 同区間(55.4km)は三鉄に移管され、3月23日、現行の南、北リアス線と合わせて「リアス線」となる。2月2日まで試運転を行い、徐々に速度を上げて通常運転時の最高速度85km/hで走行し、3日からは運転士の技術習熟に向けた訓練運転を行うという。
(2019/1/29)




ふるさと納税で津軽鉄道の駅舎改修、車両修繕等を支援/五所川原市

 五所川原市は、同市と中泊町を結ぶ津軽鉄道(総延長20.7km)の支援を使途に指定したふるさと納税を募集しているが、毎年多くの申し込みがあり、2018年度は12月末現在で3千万円に迫っているという。それらは駅舎や車両の改修、枕木交換など鉄道の安全運行のために活用されている。
 同市は14年度から、ふるさと納税に「津軽鉄道コース」を含む5コースを設け、寄付者が使い道を選べるようにした。津鉄コースは設定当初から人気が高く、16年度は1779件、2294万円、17年度は1427件、1929万円、18年度は12月末現在で2281件、2946万円が寄せられている。
 同鉄道の乗客数は1974年の256万人をピークに減少が続き、17年度は27万人まで落ち込むなど苦しい経営が続く。安全運行のためには毎年、線路、車両、駅舎などの修繕・改修が必要で、ふるさと納税の寄付金は市の事業を通じて、これまでに旧芦野公園駅舎屋根修繕、ストーブ列車屋根・窓修繕、イメージキャラクター「つてっちー」着ぐるみ製作などに使われた。
(2019/1/25)




「春の関西1デイパス」を2〜5月に発売/JR西日本など5社

 JR西日本、京阪電気鉄道、南海電気鉄道、近畿日本鉄道と大阪水上バスの5社は、「春の関西1デイパス」を2月1日から発売する。このパスは、JR普通列車と大阪水上バスの1日乗り放題チケットに、関西3エリアいずれかの乗り放題/往復乗車券がセットになっている。
 同パスの利用期間は3〜5月の3ヵ月間で、うち1日のみ有効。利用日の1ヵ月前から前日まで購入可能で、価格は大人3600円(子供は半額)。きっぷ本券の適用範囲は、JR自由周遊区間の普通列車と、大阪水上バスの「アクアライナー」「水都号アクアmini」で、このほか、京阪電車を利用する「京都定期観光チケット」(京阪バスの定期観光バス3コースのうち1コースを利用可能)、南海電鉄を利用する「高野山チケット」(高野山の拝観料2割引特典付き)、近鉄を利用する「室生寺・長谷寺参拝チケット」(拝観料金・入山料金割引券付き)のいずれかに引き換え可能な券が付属し、各エリアが乗り放題または往復できる。また、利用当日に限りレンタサイクル「駅リンくん」を1回利用できる。
(2019/1/25)





★★★文字サイズ★★★
 レイアウトが崩れますので、IEでは「中」以下、Firefoxではフォントサイズを「16」にしてご覧ください。
◆このページは随時更新しています。
 最新情報を表示するために、ブラウザの更新または再読み込みボタンを押してみてください。
<お願い>
◆提供情報の正確を期していますが、誤りなどがありましたら管理人までご連絡をお願いします。
◆ご当地からの情報もお待ちしています。 管理人のメールアドレスは、「itono02g」に続けて「@gmail.com」

「公共交通を考える」へ
「待って」INDEXへ戻る

 禁煙サイト
   あなたと、あなたの周りにいる私達の健康被害を少しでも減らす
   ために、このサイトをご覧の間だけでも、禁煙をお願いします。