自然 
                                               〒910-2463
                                               福井市味見河内町25-26
                                               TEL: 0776-93-2251
鎌倉時代の聖徳太子立像などの県指定文化財が数多くあり由緒ある寺院です。










              聖徳寺所蔵品
                白象唐子遊戯の図
                  六曲一双、銀地極彩色の屏風絵
             右隻には、大白象と童子の戯れている様が描かれ、左隻には、
            神獣を拝見しようと、延々連なって来る童子が描かれている。 
             新奇で戯れ気たっぷりな、しかも庶民的ユーモアのあふれた屏
            風絵である。                蘆雪作            








聖徳寺所蔵品 
 聖徳太子尊像



 尊像は、聖徳太子14歳の等身大の木像で太子ご自身の作であるとの言い伝えがあり、地元の信仰を集めてきた。
 普段の日には、秘仏にて扉は閉められており、拝観することは、できない。
 年に数日「太子尊像定例内開扉」が行われるほか、50年ごとの遠忌には、寺の本尊を他所に奉遷し、尊像を本尊の場所に安置して法要が行われる。
聖徳太子尊像 太子御宮殿

                      




伝統文化
トップへ