イラストによる祭りの説明は、こちらをクリック⇒⇒⇒
しば神輿製作の様子は、こちらをクリック⇒⇒⇒
2010年5月5日 PM2:00                                      福井市味見河内町  住吉神社
 神事

おごそかな神事が始まり
 ました。
神主の祝詞のりとのあと
 お神酒みき神輿みこしにふりかけ 
  られました。          

 百戸田吾作あらわれる
どこかで見たことあるような人が 「よっ」 やっぱり田吾作でした。

今年も田吾作が祭りの応援
 に来てくれました。

田吾作いわく
 「今日は、新品のモンペを
はいてきたでのぉ」
  新品でも大きなつぎあて
   がしてありました。
                   

 お神輿(みこし)      ♪「千代、千代、千代の 花の都の 手に手をこめて、山それ、そ、わ、か」♪

ぐるぐる回っています

町内を練り歩きます


ぐるぐる回転させたり、上下に揺さぶったりと
けっこう荒っぽい神輿です。
 しば神輿だから壊れても
  平気かも
でも最後まで「ハウルの城」
 には、なりませんでした。
  さすがのネソ結びです。
                  
          

たての状態の神輿を担ぐ技  

神輿を担ぎ上げる
 正しい作法です。

下の井桁に2人が肩を入れ
 上に人が登り反動をつけ
  横に倒します。
横になった瞬間8人で
 一気に持ち上げます。
←けやきの巨木ともみじの木と
←その直前に建てられた鳥居

神輿が境内を出るときの
 正しい作法です。


なんでここに植えたのか
 巨大ケヤキとモミジ
  その向うに鳥居

このケヤキとモミジの間を
 神輿を立てにして転がす

ちょっと横の広場を通れば
 楽に外に出られるのに!
でもこれが毎年行われる
 正しい神輿の出し方です。

                   

 太鼓
みごとなバチさばき 田吾作もみせます

練り歩く神輿と一緒に太鼓
 も町内を廻ります。


                   










←町内出身の方でしょう
 すばらしい打ち方でした。
 チョイヤサ踊り

境内の広場に置かれた
 しば神輿の周りでは、

 今年もチョイヤサ踊り

みなさん楽しそうに踊っています。
 踊り回るたびに人が増え
  輪がどんどん大きくなり
   ます。
                   

 お神酒

背中の田吾作人形までもが手を

なみなみついでもらっています

この人、肩から紐でかごを
 ぶら下げ、赤杯と一升瓶
祭りを見に来た人みんなに
 お神酒を振舞います。

お酒を勧められると田吾作
 妙なしぐさをします
                   

 神のより代
祭りのクライマックスは、
 神のより代である花の争奪戦です。

このより代を取ることが出来ると
 1年幸せに暮らせるとか

約1000年の歴史を持つこの祭り
 今後、幾千年も続きますように

  来年も5月5日行われます。
   皆様の応援よろしく◎


    
   戻る      TOPページ