六巻抄1
三重秘伝鈔1

三重秘伝鈔第一

 正徳第三癸巳予四十九歳の秋、時々御堂に於いて開目鈔を講じ、而して文底秘沈の句に至る、其の義甚深にして其の意解し難し。所以に文に三段を分ち義に十門を開く。草案已に畢り清書未だ成らず、むなしく笈の中に蔵して之を披くに遑あらず。而して後、享保第十乙巳予六十一歳の春、たまさかに之を閲するに疎略稍多し、故に粗添削を加うるのみ、敢えて未治の本を留むること莫かれ。然るに此の鈔の中に多くの大事を示す、此れは是れ偏えに令法久住の為なり、末弟等深く吾が意を察にせよ云云。

三重秘伝鈔           日寛謹んで記す

開目抄上に曰く、一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云。

 問うて云く、方便品の十如實相・寿量品の三妙合論、豈一念三千経文の面に顕然なるに非ずや、宗祖何ぞ文底秘沈と言うや。

答う、此れ則ち当流深秘の大事なり、故に文少なしと雖も義意豊富せり。若し此の文を暁むる則んば一代の聖教鏡に懸けて陰り無く、三時の弘経掌に在りて覩るべし。故に先哲尚お分明に之れを判ぜず、況んや予が如き頑愚、焉んぞ之れを解るべけんや。然りと雖も今講次に因んで文に三段を分かち、義に十門を開き、略して文旨を示さん。

文に三段を分かつとは即ち標・釈・結なり。義に十門を開くとは、第一に一念三千の法門は聞き難きを示し、第二に文相の大旨を示し、第三に一念三千の数量を示し、第四に一念に三千を具する相貎を示し、第五に権実相対して一念三千を明かすことを示し、第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示し、第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示し、第八に事理の一念三千を示し、第九に正像未弘の所以を示し、第十に末法流布の大白法なることを示さん。

第一に一念三千の法門は聞き難きを示すとは、

経(方便品)に曰わく、諸仏は世に興出すること懸遠にして値遇すること難し、正使世に出づるとも是の法を説くこと復難し、無量無数劫にも是の法を聞くこと亦難し、能く是の法を聴く者は斯の人亦復難し。譬えば、優曇華は一切皆愛楽し、天人の希有とする所にして時々乃し一たび出づるが如し、法を聞いて歓喜して讃むること乃至一言をも発せば則ち為れ已に一切の三世の佛を供養するなり等云云。応に知るべし、此の中の法の字は並びに一念三千なり。

記の四の末の終りに云わく、懸遠等とは、若し此の劫に准ずれば六・四・二万なり文。

劫章の意に准ずるに住劫第九の減、人寿六万歳の時拘留孫仏出で、人寿四万歳の時拘那含仏出で、人寿二万歳の時迦葉仏出で、人寿百歳の時釈迦如来出づと云云。是れ則ち人寿八万歳より一百年に人寿一歳を減じ乃至一千年に十歳を減ず、而して六・四・二万等に至る、豈懸遠に非ずや。

縦い世に出づると雖も須扇多仏・多宝如来の如きは遂に一念三千を説かず、大通仏の如きも二万劫の間之れを説かず、 今 、仏世尊の如きも四十余年秘して説かず、豈是の法を説く、復難きに非ずや。既に出興懸遠にして法を説くこと亦難し、豈容易く之れを聞くことを得んや。縦い在世に生まると雖も舎衛の三億の如きは尚お不見不聞なり、況んや像末の辺土をや。

 故に安楽行品に云わく、無量の国中に於いて乃至名字をも聞くを得べからず等と云云。豈聞法の難きに非ずや。聞法すら尚お爾なり、況んや信受せんをや。応に知るべし、能く聴くとは是れ信受の義なり、若し信受せずんば何んぞ能く聴くと云わんや。故に優曇華に譬うるなり、此の華は三千年に一たび現わるるなり。

 而るに今宗祖の大悲に依って一念三千の法門を聞き、若し能く歓喜して讃むること乃至一言をも発せば、則ち為れ已に一切の三世の佛を供養するなり。

第二に文相の大旨を示すとは、

文に三段あり。初めに一念三千の法門とは標なり、次ぎに但法華経の下は釈なり、三に龍樹の下は結なり。釈の文に三意を含む、初めには権実相対、所謂但法華経の四字是れなり、次ぎには本迹相対、所謂本門寿量品の五字是れなり、三には種脱相対、所謂文底秘沈の四字是れなり、是れ則ち浅きより深きにいたり次第に之れを判ず、譬えば高きに登るには必ず卑きよりし、遠くに往くには必ず近きよりするが如し云云。三に龍樹の下、結とは是れ正像未弘を結す、意は末法流布を顕わすなり。亦二意あり、初めに正法未弘を挙げ、通じて三種を結す、次ぎに像法在懐を挙げ、別して第三を結するなり。応に知るべし、但法華経の但の字は是れ一字なりと雖も意には三段を冠するなり。謂わく、一念三千の法門は一代諸経の中には但法華経、法華経の中には但本門寿量品、本門寿量品の中には但文底秘沈なり云云。故に三種相対は文に在って分明なり。

問う、権実・本迹は是れ常の所談なり、第三の種脱相対の文理如何。

答う、此れ則ち宗祖出世の本懐なり、此こに於いて若し明きらむる則んば諸文に迷わざるなり。故にしばらく一文を引いて其の綱要を示さん。禀権抄三十一に云わく、法華経と爾前の経とを引き向かえて勝劣浅深を判ずるに当分跨節の事に三の様あり。日蓮が法門は第三の法門なり、世間には粗夢の如く一二をば申せども第三をば申さず候等云云。

今謹んで案じて曰わく、一には爾前は当分、迹門は跨節、是れ権実相対にして第一の法門なり。

二には迹門は当分、本門は跨節、是れ本迹相対にして第二の法門なり。三には脱益は当分、下種は跨節、是れ種脱相対にして第三の法門なり。此れ則ち宗祖が出世の本意なり、故に日蓮が法門と云うなり。今一念三千の法門は但文底秘沈と曰う、意此こにあり、学者深く思え云云。

問う、当流の諸師・他門の学者皆第三の教相を以って即ち第三の法門と名づく。然るに今種脱相対を以って名づけて第三の法門となす、此の事前代に未だ聞かず、若し明文なくんば誰か之れを信ずべけんや。

答う、若し第三の教相は仍お天台の法門にして日蓮が法門には非ず。応に知るべし、彼の天台の第一第二は通じて当流の第一に属し、彼の第三の教相は即ち当流の第二に属することを。故に彼の三種の教相を以って若し当流に望むる則んば二種の教相となるなり。妙楽の、前の両意は迹門に約し、後の一意は本門に約すと云うは是れなり。更に種脱相対の一種を加えて以って第三と為す、故に日蓮が法門と云うなり。

今明文を引いて以って此の義を証せん。十法界抄に云わく、四重興廃云云。血脈抄に云わく、四重浅深云云。又云わく、下種三種の教相云云。本尊抄に云わく、彼は脱、此れは種なり等云云。秘すべし、秘すべし云云。

第三に一念三千の数量を示すとは、

将に三千の数量を知らんとせば須く十界・三世間・十如の相を了すべし。十界は常の如し、八大地獄に各十六の別処あり、故に一百三十六、通じて地獄と号づくるなり。餓鬼は正法念経に三十六種を明かし、正理論に三種・九種を明かす。畜生は魚に六千四百種、鳥に四千五百種、獣に二千四百種、合して一万三千三百種なり、通じて畜生界と名づくるなり。修羅は身長八万四千由旬、四大海の水も膝に過ぎず、人は則ち四大洲、天は則ち欲界の六天と色界の十八天と無色界の四天となり。二乗は身子・目連等の如し。菩薩は本化・迹化の如く、仏界は釈迦・多宝の如し云云。

三世間とは五陰と衆生と国土となり。五陰とは色・受・想・行・識なり、言う所の陰とは正しく九界に約し、善法を陰蓋するが故に陰と名づくるなり、是れは因に就いて名を得。又陰は是れ積聚なり、生死重沓す、故に陰と名づく、是れは果に就いて名を得。若し仏界に約せば常楽重沓し、慈悲覆蓋するが故なり。次ぎに衆生世間とは十界通じて衆生と名づくるなり、五陰仮に和合するを名づけて衆生と曰うなり、仏界は是れ尊極の衆生なり。故に大論に曰わく、衆生の無上なるは仏是れなりと。豈凡下に同じからんや云云。三に国土世間とは則ち十界の所居なり、地獄は赤鉄に依って住し、餓鬼は閻浮の下、五百由旬に住し、畜生は水陸空に住し、修羅は海の畔海の底に住し、人は大地に依って住し、天は空殿に依って住し、二乗は方便土に依って住し、菩薩は実報土に依って住し、仏は寂光土に依って住したもうなり云云。並びに世間とは即ち是れ差別の義なり、所謂十種の五陰不同なる故に五陰世間と名づけ、十種の衆生不同なる故に衆生世間と名づけ、十種の所居不同なる故に国土世間と名づくるなり。

十如是とは相・性・体・力・作・因・縁・果・報等なり。如是相とは譬えば臨終に黒色なるは地獄の相、白色なるは天上の相等の如し。如是性とは十界の善悪の性、其の内心に定まりて後世まで改まらざるを性と云うなり。如是体とは十界の身体色質なり。如是力とは十界各々の作すべき所の功能なり。如是作とは三業を運動し善悪の所作を行ずるなり、善悪に亘りて習因習果あり、先念は習因、後念は習果なり。是れ則ち悪念は悪を起こし、善念は善を起こす。後に起こす所の善悪の念は前の善悪の念に由る。故に前念は習因即ち如是因なり、後念は習果即ち如是果なり。善悪の業体を潤す助縁は是れ如是縁なり。習因習果等の業因に酬いて正しく善悪の報を受くるは是れ如是報なり。初めの相を本と為し、後の報を末と為し、此の本末の其の体究りて中道実相なるを本末究竟等と云うなり云云。

正しく一念三千の数量を示すとは、応に知るべし、玄・文両部の中には並びに未だ一念三千の名目を明かさず、但百界千如を明かす、止観の第五巻に至りて正しく一念三千を明かすなり。此こに二意あり、一には如是に約して数量を明かす、所謂百界、三百世間、三千如是なり。二には世間に約して数量を明か

す、所謂百界、千如是、三千世間なり。開合異なりと雖も同じく一念三千なり云云。 第四に一念に三千を具する相貎を示すとは、

問う、止観第五に云わく、此の三千一念の心に在り等云云、一念の微少何んぞ三千を具せんや。

答う、凡そ今経の意は具遍を明かす、故に法界の全体一念に具し、一念の全体法界に遍し。譬えば一微塵に十方の分を具し、一滴の水は大海に遍きが如し云云。華厳経に云わく、心は工みなる画師の種々の五陰を造るが如し、一切世間の中に法として造らざること無し等云云。

問う、画師は但是れ一色を画く、何んぞ四心を画くことを得んや。

答う、色心倶に画くが故に種々の五陰を造ると云うなり。故に止観第五に云わく、善画は像を写すに真に逼り、骨法精霊の生気飛動するが如し云云。誰か鐘馗を見て喜ぶと云う可けんや、誰か布袋を見て瞋れると云う可けんや。故に知んぬ、善く心法を画けることを。止観に又三喩を明かす云云。

又二寸三寸の鏡の中に十丈・百丈・乃至山河を現わすが如し。況んや石中の火・木中の華、誰か之れを疑うべけんや。

弘の五の上に心論を引いて云わく、慈童女長者伴を随え海に入り宝を採らんと欲し母より去らんことを求む。母の云わく、吾は唯汝のみあり、何んぞ吾を捨てて去るや。母其の去らんことを恐れ、便ち其の足を捉う、童女便ち手を以って母の髪を捉えるに一茎の髪落つ、母すなわち放ち去る。海洲の上に至るに熱鉄輪の空中より其の頂上に下臨するを見る、便ち誓いを発して言わく、願わくば法界の苦皆我が身に集まれと、誓願力を以っての故に火輪遂に落つ。身を捨てて天に生まる、母に違いて髪を損ずるは地獄の心となり、弘誓の願いを発すは即ち仏界に属する等云云。一念の心中に已に獄と仏とを具う、中間の互具は准説して知るべし云云。

本尊抄に云わく、数々他面を見るに、或る時は喜び、或る時は瞋り、或る時は平らかに、或る時は貪現われ、或る時は痴現われ、或る時は諂曲なり。瞋は地獄、貪は餓鬼、痴は畜生、諂曲は修羅、喜は天、平は人なり、乃至世間の無常は眼前に在り、人界に豈二乗界なからんや。無顧の悪人なお妻子を慈愛す、菩薩界の一分なり、乃至末代に凡夫出生して法華経を信ずるは人界に仏界を具するが故なり〔略抄〕。法華経を信ずる等の文深く之れを思うべし云云。

妙楽云わく、仏界の心強きを名づけて仏界となし、悪業深重なるを名づけて地獄となす云云。既に法華経を信ずる心強きを名づけて仏界となす。故に知んぬ、法華経を謗ずる心強きを悪業深重と号し地獄界と名づくるなり。故に知んぬ、一念に三千を具すること明きらかなり。

第五に権実相対して一念三千を明かすことを示すとは、



次ぎの文に(開目抄)云わく、此等の経々に二つの失あり。一には行布を存するが故に仍お未だ権を開せず、迹門の一念三千を隠せり。二には始成と言うが故に尚お未だ迹を発せず、本門の久遠を隠せり。迹門の方便品には一念三千、二乗作仏を説いて爾前二種の失一つを脱れたり〔已上〕。

此等の経々は四十余年の経々なり、行布とは即ち是れ差別の異名なり、所謂昔の経々には十界の差別を存ずるが故に仍お未だ九界の権を開せず、故に十界互具の義なし、故に迹門の一念三千の義を隠せりと云うなり。

問う、応に迹門方便品は一念三千を説きて爾前二種の失一つを脱れたりと云うべし、何んぞ二乗作仏等と云うや。

答う、一念三千は所詮にして、二乗作仏は能詮なり。今能所並べ挙ぐるが故に一念三千、二乗作仏等と云うなり。謂わく、若し二乗作仏を明かさざる則んば菩薩・凡夫も作仏せざるなり、是れ則ち菩薩に二乗を具すれば所具の二乗、作仏せざれば則ち能具の菩薩、豈作仏せんや。故に十法界抄に云わく、然るに菩薩に二乗を具するが故に二乗が沈空尽滅すれば則ち菩薩が沈空尽滅するなり云云。

問う、昔の経々の中に一念三千を明かさずんば、天台、何んぞ華厳心造の文を引いて、一念三千を証するや。

答う、彼の経に記小久成を明かさず、何んぞ一念三千を明かさんや。若し大師引用の意は、浄覚の云わく、今の引用は会入の後に従う等云云。又古徳の云わく、華厳は死の法門にして法華は活の法門なり云云。彼の経の当分は有名無実なり、故に死の法門と云う。楽天が云わく、龍門原上の土に骨を埋むとも名を埋めじ。和泉式部が云わく、諸共に苔の下には朽ちずして埋もれぬ名を聞くぞ悲しき云云。若ならば会入の後は猶お蘇生の如し、故に活の法門と云うなり。

問う、澄観が華厳抄八十に云わく、彼の経の中に記小久成を明かす等と云云。

答う、従義の補註三に之れを破す、見るべし。

問う、真言宗の云わく、大日経の中に一念三千を明かす、故に義釈一に云わく、世尊已に広く心の実相を説く、彼に諸法実相と言うは即ち是れ此の経の心の実相なりと云云。

答う、大日経の中に記小久成を明かさず、何んぞ一念三千を明かさんや、故に彼の経の心の実相とは但是れ小乗、偏真の実相なり、何んぞ法華の諸法実相と同じからんや。弘一下 に云わく、婆沙の中に処々に皆実相と云う、是くの如き等の名大乗と同じ、是れを以って応に須く義を以って判属すべし云云。守護章中の中に云わく、実相の名有りと雖も偏真の実相なり、是の故に名同義異なりと云云。

宗祖云わく、爾前迹門の円教すら尚お仏因に非ず、況んや大日経等の諸小乗教等をや。故に知んぬ、大日経の中の心の実相は小乗偏真の実相なることを。

問う、彼の宗の云わく、大日経に二乗作仏、久遠実成を明かす。是の故に弘法大師の雑問答に云わく、問う、此の金剛等の中の那羅延力、大那羅延力、執金剛とは若し意有りや。答う、意無きに非ず、上の那羅延力は大勢力を以って衆生を救う、次ぎの大那羅延力は是れ不共の義なり、謂わく、一闡提人は必死の病二乗定性は已死の人なり、余教の救う所に非ず、唯此の秘密神通の力のみ即ち能く救療す、不共力を顕わさんが為めに大を以って之れを分かつ云云。義釈九に云わく、我一切本初等とは将に秘蔵を説かんとするに先ず自ら徳を歎ず、本初は即ち是れ寿量の義なりと云云。

答う、弘法強いて列衆の中の大那羅延を以って二乗作仏を顕わす、実に是れ不便の引証なり、彼の経の始末にすべて二乗作仏の義なし、若し有りと言わば正しく其の劫国名号等は如何、況んや復法華の中の彰灼の二乗作仏を隠没して余経の救う所に非ずと云うは寧ろ大謗法に非ずや。次ぎに我一切本初とは是れ法身本有の理に約す、何んぞ今経の久遠実成に同じからんや、証真の云わく、秘密経に云わく、我一切本初とは本有の理に帰す、故に本初と云う云云。妙楽大師の弘の六末六に云わく、遍く法華已前の諸経を尋ぬるに実に二乗作仏の文及び如来久遠の寿を明かすこと無し等云云。妙楽大師は唐の末天宝年中の人なり、故に真言教を普く之れを昭覧す。故に知んぬ、真言教の中に記小久成、一向に之れ無し、如何ぞ一念三千を明かすと云わんや、而も彼の宗の元祖は法華経の宝珠を盗み取って己が家財となすが故に閻王の責めを蒙るなり。

宗祖の云わく、一代経々の中には此の経計り一念三千の珠を懐けり、余経の理は珠に似たる黄石なり、沙を絞るに油なし、石女に子の無きが如し、諸経は智者尚お仏にならず、此の経は愚人も仏因を種うべし等云云。

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは、

諸抄の中に二文あり。一には迹本倶に一念三千と名づけ、二には迹は百界千如と名づけ、本を一念三千と名づく。初文を言わば次ぎ下に云わく、然りと雖も未だ発迹顕本せざれば真の一念三千も顕われず、二乗作仏も定まらず、なお水中の月を見るが如く、根無草の波の上に浮かべるに似たり

初文を言わば次ぎ下に(開目抄)云わく、然りと雖も未だ発迹顕本せざれば真の一念三千も顕われず、二乗作仏も定まらず、なお水中の月を見るが如く、根無草の波の上に浮かべるに似たり云云。

文に法譬あり、法の中の一念三千は是れ所詮なり、二乗作仏は是れ能詮なり、譬の中に水中の月は真の一念三千顕われざるに譬え、根無草は二乗作仏定まらざるに譬うるなり、法譬の四文並びに本無今有および有名無実の二失を挙げて以って之れを判ずるなり。

問う、迹門の一念三千何んぞ本無今有ならんや。

答う、既に未だ発迹せざる故に今有なり、亦未だ顕本せず、豈本無にあらずや、仏界既に爾なり、九界も亦然なり。故に十法界抄に云わく、迹門には但是れ始覚の十界互具を説き、未だ本覚本有の十界互具を顕わさず、故に所化の大衆も能化の円仏も皆悉く始覚なり、若し爾れば本無今有の失、何んぞ脱るることを得んや等云云。

問う、迹門の一念三千も亦何んぞ有名無実と云うや。

答う、既に真の一念三千顕われずと云う、豈有名無実と云うに非ずや。故に十章抄に云わく、一念三千の出処は略開三の十如実相なれども義分は本門に限る、爾前は迹門の依義判文、迹門は本門の依義判文なり等云云。迹門は但文のみ有って其の義なし、豈有名無実に非ずや、妙楽云わく、外小権迹を内大実本に望むるに即ち是れ有名無実なりと云云。

次ぎに二乗作仏も定まらずとは亦二の失あり。

問う、迹門の二乗作仏何んぞ是れ本無今有なるや。

答う、種子を覚知するを作仏と名づくるなり。而るに未だ根源の種子を覚知せざるが故に爾云うなり。

本尊抄八-二十に云わく、久遠を以って下種となし、大通前四味迹門を熟となし、本門に至り等妙に登らしむるを脱となす等云云。

而るに迹門に於いては未だ久遠下種を明かさず、豈本無に非ずや。而も二乗作仏と云う、寧ろ今有に非ずや。

問う、本尊抄の文は且く久遠下種の一類に約す、何んぞ必ずしも二乗の人ならんや。 答う、天台大師の三種の教相の中の第二化導の始終の時は、三周得道は皆是れ大通下種の人なり、若し第三師弟の遠近顕われ已れば咸く久遠下種の人と成るなり、且く二乗の人の如きは大通覆講の時に発心・未発心の二類あり、若し久遠下種を忘失せざるは法華を説くを聞いて即ち発心するなり、若し其れ久遠下種を忘失するは妙法を聞くと雖も未だ発心せざるなり。故に玄の六の文に云わく、不失心の者は薬を与うるに即ち服して父子を結ぶことを得、其の失心せる者は良薬を与うと雖も而も肯えて服せず等云云。籤の六に云わく、本の所受を忘るるが故に失心と曰う等云云。彼の発心の中にも亦二類あり、謂わく、第一に不退・第二に退大なり、彼の未発心の人は即ち是れ第三類なり。而るに今日得道の二乗は、多分は第二退大にして、少分は第三類なり。豈久遠下種の人に非ずや、古来の学者斯の旨に達せず云云。

問う、所引の玄籤の文は即ち是れ迹門第九眷属妙中の文なり、迹妙の中に於いて何んぞ本門の事を明かすべけんや。

答う、此れは是れ取意の釈なり、大師言えること有り、未だ是れ本門ならずと雖も意を取って説けるのみと云云。若し爾らずんば何んぞ迹妙の第一、境妙の中に二諦の意を明かすに尚お本行菩薩道の時を取って以って之れを釈するや。

問う、迹門の二乗作仏を何んぞ有名無実と云うや。

答う、其の三惑を断ずるを名づけて成仏となす、而るに迹門には二乗未だ見思を断ぜず、況んや無明を断ぜんや。

文の九−三十二に云わく、今生に始めて無生忍を得、及び未だ得ざるもの咸く此の謂いあり等云云。既に近成を愛楽すれば即ち是れ思惑なり、未だ本因本果を知らず、即ち是れ邪見なり、豈見惑に非ずや。十法界抄に云わく、迹門の二乗は未だ見思を断ぜず、迹門の菩薩は未だ無明を断ぜず、六道の凡夫は本有の六界に住せず、有名無実の故に涌出品に至りて爾前迹門の無明を断ずる菩薩、五十小劫半日の如しと謂わしむと説く等云云。既に二失あるが故に不定と云うなり、猶お水中の月を見るが如しとは是れ真月に非ず、故に知んぬ、真の一念三千顕われざるに譬うるなり。而して法体の二失を顕わすなり。

一には本無今有の失を顕わす。玄の七に云わく、天月を識らずただ池月を観ずと云云。不識天月豈本無に非ずや、但観池月寧ろ今有に非ずや。二には有名無実の失を顕わす。慧心僧都の児歌に曰わく、手に結ぶ水に宿れる月影の有るか無きかの世にも住むかな云云。根無草の波の上に浮かぶに似たりとは、是れ二乗作仏定まらざるに譬うるなり、根無草とは即ち萍の事なり、故に小野小町の歌に曰わく、わびぬれば身を萍の根を絶えて誘う水あらば往なんとぞ思う云云。

又法体の二失を顕わすなり。一には本無今有の失を顕わす。又小野小町の歌に曰わく、まかなくになにをたねとて萍の波のうねうねおいしげるらん云云。上の句は即ち本無、下の句は是れ今有なり、学者之れを思え。二には有名無実の失を顕わす。資治通鑑に曰わく、浮とは物の水上に浮かぶが如く実につかざるなり云云。既に草ありと雖も実無し、豈有名無実に非ずや、法譬の二文符節を合せるが如し云云。

問う、啓蒙の第五−二十八に云わく、未発迹の未の字本迹一致の証拠なり、已に発迹顕本し畢れば迹は即ち本なるが故なり云云。此の義如何。

難じて曰わく、若し爾らば未顕真実の未の字は権実一致の証拠ならんか、その故は已に真実顕われ畢れば権は即ち是れ実の故なり。日講重ねて会して云わく、権実の例難、僻案の至りなり、若し必ずしも一例ならば則ち宗祖何んぞ予が読む所の迹と名づけて但方便品を誦し、予が誦む所の権と名づけて弥陀経を誦まざるや等云云。

今大弐莞爾として云わく、此の難太だ非なり、何んとなれば権実本迹ともに法体に約するが故に是れ一例なり、若し其れ読誦は修行に約す、故に時に随って同じからず、日講尚お修行を以って法体に混乱す、況んや三時弘経を知らんをや、応に明文を引いて彼れが邪謬を顕わすべし云云。

玄の七−三十三に云わく、問う、三世諸仏皆顕本せば最初実成は若為ぞ本を顕わさん。答う、必ずしも本を顕わさず。問う、若し仏に始成・久成あり発迹・不発迹あらば亦まさに開三顕一・不開三顕一あるべしや等云云。

文の九−十八に云わく、法華に遠を開し竟って常不軽、那んぞ更に近なるや、若し爾らば会三帰一竟って亦応に会三帰一せざるべしや等云云。

文の六−二に云わく、有る人言わく、此の品は是れ迹なり、何んとなれば如来の成道已に久し、乃至中間の中止も亦是れ迹なるのみ。私に謂えらく、義理乃ち然れども文に在りて便ならず、何んとなれば仏未だ本迹を説かず那んぞ忽ちに預領せん、若ならば未だ三を会せず、已に応に一を悟るべし等云云。此の品とは即ち信解品なり。

記の九本三十四に云わく、本門顕われ已って更に近ならば迹門会し已って会せざらんやと云云。治病抄に云わく、法華経に亦二経有り、所謂迹門と本門となり、本迹の相違は水火天地の違目なり、例せば爾前と法華経との違目よりも猶お相違ありと云云。天台・章安・妙楽・蓮祖、並びに是れ僻案なりや、日講如何。

又修行に約して若し一例を示さば、凡そ蓮祖は是れ末法本門の導師なり。故に正には本門、傍には迹門なり、故に予が誦む所の迹と名づけて方便品を読みたまえり。天台亦是れ像法迹門の導師なり、故に正には法華、傍には爾前なり、故に亦弥陀経等を誦みたまえり、而も亦他人の読誦に異なり、口に権を説くと雖も内心は実法に違わず云云。豈予が誦む所の権と名づけて弥陀経を読むに非ずや、日講如何。

問う、又啓蒙に云わく、既に二乗作仏の下に於いて多宝・分身を引いて真実の旨を定むる故に未発迹顕本の時も真の一念三千にして二乗作仏も定まれり。然るに今真の一念三千顕われず二乗作仏も定まらずとは久成を以って始成を奪う言なり。是くの如く久成を以って始成を奪う元意は天台過時の迹を破せんが為なり云云、此の義如何。

難じて云わく、拙いかな日講、竊盗を行なう者は現に衣食の利あり、何んぞ明文を曲げて強いて己情に会すや。

妙楽の云わく、凡そ諸の法相は所対不同なりと。

宗祖云わく、所詮所対を見て経々の勝劣を辨ずべきなり等云云。上に多宝・分身を引き真実の旨を定むるは是れ爾前の方便に対する故なり。是の故に彼の結文に云わく、此の法門は迹門と爾前と相対する等云云。

今真の一念三千顕われず等と言うは是れ本門に対する故なり、是の故に未発迹顕本等と云うなり。同じき迹門なりと雖も而も所対に随って虚実天別なり。若し強いて爾らずと言わば重ねて難じて云わく、一代聖教皆是れ真実ならんや、既に上の文に言わく、一代五十年の説教は外典外道に対すれば大乗なり、大人の実語なりと云云、日講如何。

況んや復久成を以って始成を奪う則んば真の一念三千に非ざること汝も亦之れを知れり。若し実に然らずんば蓮祖何んぞ無実を以って台宗を破すべけんや。

始成正覚を破れば等とは、経に云わく、我実に成仏してよりこのかた無量無辺なり等云云、

是れ即ち爾前迹門の始成正覚を一言に大虚妄なりと破る文なり。

天台云わく云云。

宗祖云わく云云。

四教の果を破れば四教の因破る等とは、広くは玄文第七巻の如し、此の中に十界の因果とは是れ十界互具の因果には非ず、因は是れ九界、果は是れ仏界の故に十界の因果と云うなり、並びに釈尊の因行を挙げ、通じて九界を収むるなり、是れ則ち本因本果の法門とは此に深秘の相伝有り、所謂文上文底なり、今はしばらく文上に約して以って此の文を消せん。本因は即ち是れ無始の九界なり、故に経に云わく、我本菩薩の道を行ぜし時、成ずる所の寿命今猶お未だ尽きず等云云。天台云わく、所住に登る時已に常寿を得等云云。既に是れ本因常住なり、故に無始の仏界と云う、本因猶お常住なり、何に況んや本果をや。故に経に云わく、我実に成仏してより已来甚大久遠にして寿命無量阿僧祇劫なり、常住にして不滅なり云云。既に是れ本果常住なり、故に無始の仏界と云う。本有常住名体倶実の一念三千なり。故に真の十界互具、百界千如、一念三千と云うなり

次ぎに迹門百界千如の文とは、

本尊抄八−十八に云わく、迹門は始成正覚の仏、本無今有、百界千如を説く、本門は十界久遠の上に国土世間既に顕わる云云、

迹門は未だ国土世間を明かさざる故に百界千如に限るなり、而るに迹門方便品に一念三千を説くと云えることは正に必ず依あり、故に与えて爾云うなり。若し奪って之れを論ぜば迹門は但之れ百界千如なり。

本尊抄に云わく、百界千如と一念三千と差別如何。

答えて曰わく、百界千如は有情界に限り、一念三千は情・非情に亘る云云。

  • 三重秘伝鈔2へ続く