白馬岳





 平成24年8月5日〜6日、一泊二日で白馬岳に登ってきました。初日の5日は晴れのち曇り一時雨、6日はくもりのち一時雨、今回も雨男を返上できず。
 メンバーはいつもの「こし白山会」。いつもやさしくサポート、炎のランナーNさん。どこでもドアならぬ、どこでも睡眠ベッピンUさん。会計担当元行員、そして夜はマッサージ師Kさん。格好だけは若い広報スピーカー担当Yさん。Kさんとあちこちの山へ登っている元祖山ガールK子さん。そしてこのメンバー紹介の楽しいブログを書いている元保育士ノンコさん。最後にイケメンイケ君、おっとウッカリイケ君、の7人です。
 福井を前日の20時に出発、途中で新潟からの帰りのYさんと合流。「道の駅小谷」で車中泊(寝れません)。翌日八方からタクシーで猿倉へ。
 コースは猿倉から大雪渓を登って、白馬山荘泊、翌日白馬大池から栂池自然園へ下山の予定でした。が、しかし実際はバテバテで白馬山荘には届かず、やっとこさ手前の村営頂上宿舎で宿泊。翌日は6時出発の予定が諸般の事情で1時間遅れの7時、白馬大池手前で雷雨に見舞われ白馬大池山荘でこれまた予定外の1時間の停滞、その後イケメンイケ君が道を間違えて、ウッカリイケ君に名前を変更、なんやかんやで栂池自然園に着いたのが16時10分、最終のロープーウェーにギリギリセーフ。何と二日目の行動時間、9時間になってしまいました。
 その後、「道の駅小谷」で入浴、食事をして、福井、正確には鯖江インターを出たのが午前様でした。こんな遅くに戻ったのは初めてでした。留守を守る家族の皆様本当にごめんなさい。やはり車中泊はきつい!
 それでも村営頂上宿舎での宴会は楽しかったあ。今回もいろいろ話題がありましたが楽しい山行でした。後日、福井で反省会いや飲み会で親睦を深めました。

サングラスが怖い まだまだ余裕


白馬尻より


白馬大雪渓にて


葱平にて まだまだ元気


やっと着いた 村営頂上宿舎 


村営頂上宿舎裏のハクサンイチゲの群落 


杓子岳と白馬鑓ヶ岳 


三国境 朝日岳方面 


お疲れさま 三国境にて


五竜岳からの唐松岳、白馬岳




  他の山行へ



   ホームへ戻る