野沢温泉スキー2017





 平成29年4月22日、一泊二日で野沢温泉スキー場に行ってきました。メンバーは、林業男子、一級建築士Mさん。GPSイケ君。以上2人です。
 スキー場の積雪は、やまびこゲレンデで230cm。昨年の60cmとは大違い。ゴールデンウィークまで十分滑れます。初日は、リフト最終運行時間まで目いっぱい滑りました。二日目、14時まで滑って帰る予定。がしかし、ゴンドラが途中でストップしたらしい。非常用の発電機でお客さんを中間駅で降ろして、その後の復旧のめどが立たない。やむなく予定を変更して志賀高原へ。渋峠からの景色は、なかなかGood。気温はマイナス2度。笠岳をはじめ、四阿山、噴煙を上げる浅間山、後ろ立山連峰が眺められました。
 今回初めて民宿「鈴森」さんに泊まりました。アットホームで食事がうまかった〜。
今晩のメニューは、信州牛の陶板焼き、馬刺し、山菜の天ぷら、こごみの和え物、イワナの塩焼き。特別にイワナの骨酒をサービスしてもらいました。ご飯んも美味しかった。また来ます。
 野沢温泉は、13か所の外湯があります。初めて入ったときは、そのシンプルさに驚きます。入口の扉を開けると、衝立の向こうは、もうそこが湯船です。全て源泉かけ流し。湯温もそれぞれ異なります。それぞれの外湯は、その周辺の住民が「湯仲間」という制度をつくり、管理、維持をしています。電気料や水道料の負担、当番制で毎日の掃除をしています。利用料金は各外湯にある賽銭箱に「ちょっぴりお気持ちを」!スキーの後の温泉は最高です。
 年齢を重ねるとスキーよりも温泉がメインになりそうです。今回も無事に福井に帰りました。

本日の夕食


野沢温泉の外湯「大湯」


渋峠から笠岳


渋峠から浅間山




 雑記帳へ



   ホームへ戻る