室堂、山頂周辺








マウスをドラッグすると地図が移動します。ホイールをまわすと拡大縮小します。


 室堂は白山室堂センターを中心に各登山道の終着点です。

室堂センター


 センターは平成13年に改築され、14年度から再開されました.室堂には白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)奥宮があります。

白山比盗_社奥宮と御前ヶ峰


 山頂は2702mの御前ヶ峰を中心に剣ヶ峰、大汝峰から成り立ちます。

再建された銅板製の方位盤

 山頂には銅製の方位盤がありましたが、平成19年に落雷で壊れてしまいました。今年、平成20年6月に再建されました。

平成20年6月に再建された方位盤の基部

 山頂周辺は火口湖が点在し、お池めぐりコースが設定されています。

山頂から槍、穂高連峰、乗鞍岳、御嶽山

 紺屋ヶ池(こんやがいけ)、油ヶ池、翠ヶ池(みどりがいけ)、血ノ池、五色池、百姓池、千蛇ヶ池があります。特に千蛇ヶ池は万年雪に覆われています。

御前ヶ峰より大汝峰、左が油ヶ池、右が紺屋ヶ池(こんやがいけ)


<

翠ヶ池(みどりがいけ)と大汝峰

初冬の翠ヶ池(みどりがいけ)

 大汝峰のすそから血の池付近にかけては、少し異なった風景です。白っぽいさらさらした砂や、小礫の間に巨岩が散在しています。これらが熱雲堆積物と呼ばれているものです。1554〜1556年に翠ヶ池からの火砕流が流れてできたと考えられています。

中宮道分岐から剣ヶ峰(左)と御前ヶ峰(中央)


大汝峰から御宝庫(おたからくら)と千蛇ヶ池


大汝峰から中宮道分岐


 また、シーズン中は高山植物が咲き乱れています。大汝峰周辺は人も少なく時間があれば登ってみてください。

初冬の大汝峰山頂


初冬の大汝峰山頂


大汝峰から翠ヶ池(みどりがいけ)、左が剣ヶ峰、右が御前ヶ峰


 室堂から平瀬道へ5分ほど歩くと思いのほか静かで高山植物が咲き乱れている室堂平があります。ハクサンシャクナゲがたくさんみられます。
 翠ヶ池から千蛇ヶ池にかけての岩の隙間を覗いてみてください。イワヒゲが岩の隙間にはえています。うろこ状の葉が特徴です。

イワヒゲ


血ノ池から剣ヶ峰


 夏のシーズン中は室堂周辺はどこもお花でいっぱいです。


 11月にはいると初冠雪がおとずれます。大変静かです。空気が澄んでいるので遠くまで見渡せます。


 登山道も木々が枯れて、先まで見通せます。
 

初冬の室堂と別山


初冬の白山比盗_社と御前ヶ峰



  登山コースへ戻る


 一部(財)白山観光協会発行の「山頂池めぐりコースの自然観察」より抜粋



   ホームへ戻る