唐松岳2016





 平成28年9月18日〜19日、一泊二日で唐松岳に登ってきました。メンバーはスキー仲間の林業男子、一級建築士Mさん。どこでもドアならぬどこでも睡眠ベッピンUさん。最後に雨男復活イケ君、の以上3人です。福井を前日の20時に出発、八方の駐車場に23時30分到着、そのまま車中泊。蚊に刺されました。
 予定コースは、八方尾根〜唐松岳頂上山荘〜牛首〜大黒岳〜白岳〜五竜山荘(泊)〜五竜岳〜五竜山荘〜遠見尾根。が、しかし、大方の予想通り秋雨前線と台風16号の影響で二日間とも雨。稜線に出ると雨粒が顔に当たるくらいの強風と強雨でした。やむなく唐松岳頂上山荘(泊)で唐松岳ピストンになりました。絶対に無理は禁物です。入山口の八方の登山相談所でも情報をもらいました。
 こういう天候でも楽しみがあります。ライチョウです。丸山ケルン周辺と山頂周辺で10羽位見かけました。ライチョウは荒天の時に草地に出てきます。晴天の時は猛禽類から身を守るためハイマツの中に隠れています。近寄っても距離を保ちつつなかなか逃げません。以前、笠ヶ岳から秩父平の稜線で登山道を先導してくれました。鳴き声は、イマイチです。
 丸山ケルンを過ぎた辺りで一瞬ですが、不帰ノ険、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、遠見尾根、白馬の街並みが見えました。二日目は、強風強雨の中を唐松岳に登頂。素晴らしい景色は乳白色のむこうにあるはず。途中コマクサが一株咲いていました。扇雪渓ではナナカマドが赤い実をつけていました。お花の方は、ほとんどが枯れて種をつけていました。
 天候は最悪でしたが、唐松岳頂上山荘はベリーグッド。トイレがすごくきれいです。男女別室もはじめてでした。(良いような悪いような?)。
 雨の中の登山もたまには良い経験です。山の怖さを教えてくれます。しずくに濡れたハイマツ、ナナカマドは、おつなものです。ライチョウにも会えました。
 次回は必ず好天時にリベンジします。きっと山頂からは素晴らしい景色と感動が待ってるよー!!
 下山後は、八方の「第二郷の湯」で入浴し無事福井に帰りました。

丸山にて


不帰ノ険


雨の中


丸山にて


雨にけむる唐松岳頂上山荘


唐松岳頂上


扇雪渓にて





  他の山行へ



   ホームへ戻る