中山神社(ちうさん)

◆岡山県津山市一宮695

祭神

主祭神   鏡作神 (鏡作部の祖神石凝姥神の神業を称えた御名)
相殿神   石凝姥神 (天孫降臨の五部神 八咫鏡を造りませる神)
        天糠戸神 (石凝姥神の父神)

祭神拝殿・本殿

 主神についての説は多数存する。 最も有力なのが鏡作尊とする 『中山神社縁由』 説で、類似の説に石凝姥神・天糠戸命・天鏡命・金山彦命とする説もある。 産鉄・製鉄の神として崇敬せられたところから生じた説であろう。
 また『延喜式頭注』等は大己貴神とする説をとなえている。 しかし、社伝では大己貴神は中山大神に宮地を譲られ、自らは境内の祝木(イボキ)神社あるいは國司(クニス)神社に退かれたという。 『諸国神名帳』は中山祇神としている。 
 また『作陽誌』は吉備武彦命説をあげ、『大日本史』や『神祇志料』では吉備津彦命説をあげている。 美作国分立と共に吉備国の守護神たる吉備津神社の分霊を勧請したとする推測が正しければこの説が妥当ということになる。


 今昔物語集宇治拾遺物語には中山神社の祭神は猿神であるとの説話を所載している。 鉄の神としての本社の御神徳は、砂鉄の採取や製鉄のための木材を求めて山に入る人々によって信仰されたところから、山神ともなり猿神と考えられたのか、本殿の裏50mほどのところに猿神社が祀られている。

 相殿神大己貴神瓊々杵尊とする説が有力である。 古代の美作は背後の出雲の勢力がおよぶと共に、津山盆地が湖だったこともあって、出雲勢力の象徴である大己貴神と海人族が伝えたと思われる日向神話の代表的な神である瓊々杵命を相殿神として配祀したことは自然であろう。


 このほかに本社にはもと百十二もの攝末社が存したが、その大多数は尼子晴久の攻略によって焼失し、今日では境内に五社が鎮座されるのみである。

 國司神社は中山神がこの地に遷り来られる以前に鎮座されていた
大己貴神が祀られており、御先神社稲荷神が祀られている。 猿神社猿多彦神といい、本社では安産神として崇敬されている。 今昔物語集にいう「中山は猿神」というのはこの神のことかも知れない。

 『中山神社縁由』には、中山神がこの地に鎮座されたのち、地主神の大己貴神を奉斎していたこの地の豪族である伽多野郡乙丸を久米郡弓削郷に追放したという贄賂吾狼神なども所見するが、今日は攝末社として残つていない。

社名中山神社大鳥居

 延喜式吉田家本に「中山(チウサン)神社」と有り、今昔物語には「中参」とあり、古くは「チウサン」と音読するのが普通であった。 中山の名称については、本社が吉備の中山、吉備津神社を勧請したからであろう。 本社は産鉄・製鉄の神としての信仰を得ていたが、『山海経』という中国の古典の中に鉄の世界を描いた『中山経』という書があり、この影響によって「ナカヤマ」ではなく「チウサン」と音読されたと思われる。
 南北朝時代の北朝の祝詞に「中山太神宮」、永禄二年(1559)の社殿造営の棟札にも「中山太神宮」と尊称され、『類聚既験抄』『作陽誌』などには「中山大明神」ともあり、近世ではこの名称がよく使用されたようである。 今日では一般に「ナカヤマ」と訓読され、一宮とも南宮とも称されている。



由緒

 『中山神社縁由』によると、本社の創祀は慶雲四年(707)四月三日であるという。 が、続日本紀には和銅六年(713)四月三日に美作国が備前国より分立したことを記しており、本社は美作国分立と共に本社が創始せられたのではなかろうか。
 理由として、旧吉備国から分立した備前国・備中国・備後国すべてが吉備国の守護神たる吉備津神社を奉斎している。 したがって美作国も吉備津神社を勧請してもしかるべきと考える。

 中山神は清和天皇朝において急激に台頭する。 貞観六年八月十四日には官社に列せられ、式内社となられたのである。 清和朝の末期、貞観十七年四月五日に正三位に昇叙され、そのあとは正史に所見することはない。 このことは中山神社を中心とする美作国と清和天皇あるいはその下で政治の実権を掌握していた藤原良房との特別な関係が存したからではないかと思われる。 藤原良房はその政権の基礎となる軍事力を充実させるため産鉄の国である美作国に注目したのではなかろうか。本社が製鉄・鉱山神として崇敬されると共に軍神としても尊崇されたのは、このようなところに由来するのであろう。

 中世末から近世にかけては、美作國を領した、赤松・尼子・毛利・浦上・宇喜多・小早川・森・松平等の諸氏は、神領および祭祀料の寄進、社殿の修復、祈請等を行なっている。 本社は特に軍神として崇敬せられたというよりも、美作國神門の代表的な大社として尊崇せられた。 現存の社殿は天文二年(1533)に尼子晴久が美作に侵入し、本社に陣する敵を攻略するために火を放ったために焼亡したものを、美作平定の後に晴久自身が再建したものである。

 江戸時代の頃には本社最大の祭祀である四月の二の午の日の御田植祭は盛大を極め、当日より五月四日まで本社境内で牛馬の市が行なわれ繁昌した。 そのため本社はまた農耕神としても牛馬の守護神としても崇敬された。
 本社と同じ西一宮村に慈覚大師の創建と伝へられる天台宗の寺院、真応寺がある。 この真応寺の伝によると、中山大神の本地仏は文珠菩薩で、長良峯には文珠堂が存したという。 この神宮寺は今は癈寺となっている。

 また、和銅七年(714)の創建と伝えられる黒澤山萬福寺も本社と関係が深かったと思われる。 中山神社の北方約4Kmの黒澤山で田辺郷の猟師の前に虚空蔵菩薩が化現され、佛堂を営んだのが萬福寺のはじまりであるといい、中山神社の境内の側を萬福寺の参道が通っている。
 『作陽誌』に中山神社の異猿が毎月十二日に黒澤山に登ったという萬福寺の伝を所載している。


嚴島とサクラ   厳島神社

    話題  登山  今立町




「式内社調査報告」

社殿国司神社、御先神社

 本殿は南向きの大社造で、間口四間・奥行三間。 永禄二年に尼子晴久の建立したものであるという。 国指定の重要文化財である。 屋根は桧皮葺。 幣殿は間口二間・奥行一間。 拝殿は間口六間・奥行三間で、共に桧皮葺。

 拝殿東に間口五間・奥行三間の神饌所があり、幅一間・長さ六間半の廊下で拝殿と結ばれている。 その北(本殿東)には間口一間半・奥行二間の神厩殿がある。 拝殿の南西には間口六間・奥行三間の神楽殿であり、その北には二間四方の総神殿がある。 そこから北へ(本殿および拝殿の西)攝末社の國司神社御先神社とあり、本殿裏に猿神社がある。