メールソフトの設定

メールソフトの設定 >> Windows Live メール

Windows Live メール

  • インストール
  • 新規設定
  • 変更・確認

インストール

Windows7にはメールソフトがインストールされておりません。(メーカー製パソコンの場合、Outlook等のメールソフトがインストールされている場合があります)
メールソフトが見当たらない場合は、下記を参考いただきWindows Live メールのインストールから設定をお願いいたします。

  1. 「スタート」をクリックして、「はじめに」の矢印部分をクリックすると「タスク」が表示されますので「Windows Live」をクリックします。 「はじめに」が見当たらない場合は、直接ダウンロードサイト(http://download.live.com/wlmail)にアクセスして下さい。
  2. 表示されたページの「今すぐダウンロード」をクリックします。
  3. 「実行」をクリックします。
  4. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。
  5. ダウンロードが終了すると、インストーラーが起動します。

  6. サービスの利用規約をご確認いただき、「同意する」をクリックします。
  7. 「メール」にチェックを付けて「インストール」をクリックします。
  8. 「続行」をクリックすると、インストールが開始されます。

  9. お好みでチェックを行っていただき「続行」をクリックします。
  10. 以上でインストールは終了です。「閉じる」をクリックしてウィンドウを閉じて下さい。

新規設定

  1. 以下のいずれかの方法で「Windows Live メール」を起動します。

    ●「スタート」→「Windows Live メール」


    ●「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Live」→「Windows Live メール」
  2. 「Windows Live メール」が起動します。


    ※初回起動時等、「電子メールアカウントを追加する」画面が自動で開いた場合は、「キャンセル」ボタンをクリック後、表示されるメッセージボックスの「はい」をクリックして閉じて下さい。


  3. 「メニュー」アイコンをクリックして、「メニューバーの表示」をクリックします。


  4. 表示された「メニューバー」の「ツール」をクリックして、「アカウント」をクリックします。

  5. 「アカウント」画面が開きますので、「追加」ボタンをクリックします。
  6. 「電子メールアカウント」を選択して、「次へ」をクリックします。
  7. 「電子メールアカウントを追加する」画面が表示されますので、「アクセス情報・アカウント情報」通知書の「メール・アカウント情報」を参照し、以下の内容を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    電子メールアドレス メールアドレスを入力します。
    パスワード メールパスワードを入力します。
    パスワードを保存する 保存する場合はチェックをします。
    表示名 任意の名前を入力します。例 mitene 等
    ※メールを送信した際に表示される名前です。
  8. 引き続き、「アクセス情報・アカウント情報」通知書の「メール・アカウント情報」を参照し、メールサーバ情報を入力します。

    受信メールサーバーの種類 POP3を選択します。
    受信サーバー 受信(POP3)メールサーバ名を入力します。
    po.mitene.or.jp、kore.mitene.or.jp 等
    ポート 110を入力します。(初期値)
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
    ログインに使用する認証 クリアテキスト認証を選択します。
    ログインID 受信メールアカウントを入力します。
    送信サーバー 送信(SMTP)メールサーバ名を入力します。smtp.mitene.or.jp 等
    ポート 587を入力します。
    (初期値は25ですが、587に変更して下さい。)
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
    送信サーバーは認証が必要 チェックしません。
  9. 「完了」をクリックします。
  10. 「アカウント」画面に戻りますので、新しく作成されたアカウントを選択し、[プロパティ]をクリックします。アカウントの名前は、初期設定では受信メールサーバ名になります。
  11. 「プロパティ」画面の「詳細設定」タブをクリックして、「配信」欄を下記のいずれかに変更して「OK」をクリックして下さい。
    配信
    (右の項目のいずれかに変更してください)
    「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外します。
    「サーバーから削除する」にチェックを付けて、「[ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除」のチェックを外します。

    ※メールボックスにメールが溜まりますとメールが受信できなくなります。初期値では「[ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除」にチェックされているため、メールを削除しても「ごみ箱」を空にしない限りメールサーバからメールが削除されません。初期値のままご利用される場合は定期的に[ごみ箱]の削除をお願いいたします。

  12. 「アカウント」画面に戻りますので、「閉じる」をクリックします。
  13. 以上で設定は終了です。「同期」ボタンをクリックすると新着のメールを確認できます。

変更・確認

  1. 「Windows Live メール」を起動して、「ツール」をクリックして「アカウント」をクリックします。
  2. 該当の「アカウント」を選択して「プロパティ」ボタンをクリックします。
  3. 「全般」タブをクリックして、「アクセス情報・アカウント情報」通知書の「メール・アカウント情報」を参照し、下記の内容を確認します。

    メールアカウント 任意の文字が入力されているか確認します。例miteneなど
    「アカウント」画面の「アカウント」名称を変更する場合は修正して下さい。初期設定では受信メールサーバ名になっています。
    名前 任意の名前が入力されているか確認します。例 mitene 等
    ※メールを送信した際に表示される名前です。
    電子メールアドレス メールアドレスが入力されているか確認します。
  4. 「サーバー」タブをクリックして、「アクセス情報・アカウント情報」通知書の「メール・アカウント情報」を参照し、下記の内容を確認します。

    受信メールサーバーの種類 POP3が入力されているか確認します。
    受信メール(POP3) 受信(POP3)メールサーバ名が入力されているか確認します。
    po.mitene.or.jp、kore.mitene.or.jp 等
    送信メール(SMTP) 送信(SMTP)メールサーバ名が入力されているか確認します。
    smtp.mitene.or.jp 等
    ユーザー名 受信メールアカウントが入力されているか確認します。
    パスワード メールパスワードが入力されているか確認します。
    パスワードを保存する 保存する場合はチェックします。
    クリアテキスト認証を使用してログオンする 選択します。
    このサーバーは認証が必要 チェックしません。
  5. 「詳細設定」タブをクリックして、「アクセス情報・アカウント情報」通知書の「メール・アカウント情報」を参照し、下記の内容を確認して「OK」ボタンをクリックします。
    送信メール(SMTP) 587が入力されているか確認します。
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
    受信メール(POP3) 110が入力されているか確認します。
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
    配信
    (右の項目のいずれかに設定になっているか確認します)
    「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外します。
    「サーバーから削除する」にチェックを付けて、「[ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除」のチェックを外します。

    ※メールボックスにメールが溜まりますとメールが受信できなくなります。初期値では「[ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除」にチェックされているため、メールを削除しても「ごみ箱」を空にしない限りメールサーバからメールが削除されません。初期値のままご利用される場合は定期的に[ごみ箱]の削除をお願いいたします。

  6. 「アカウント」画面に戻りますので「閉じる」をクリックします。

    以上でメールの設定の確認、変更は完了です。

メールアドレスの変更・追加

メールアドレスを変更したい。メールアドレスを増やしたい。

» お手続きはこちらから