財団協賛事業

←前のページに戻る

団体名 木水育男(奥右衛門)顕彰会
活動内容 『我が家の玄関に子どもの絵を!!!』

日本を代表する児童画の研究家であり日本一の美術教師であった木水育男の業績を残すために2007年に木水育男(奥右衛門)先生没後10周年顕彰会を結成しての記念事業を開催。今までの業績をまとめた『木水育男と児童画−心の通いと子どもの絵−』の出版と氏指導の児童画の展覧会を越前市市民ホールで開催した。次年度からは継続的活動のため木水育男(奥右衛門)顕彰会に改称。この記念事業が契機になり昨年の10月には京都造形芸術大学での木水育男指導児童画展や本年の1月には東京四谷のCAAでの木水氏指導の児童画展を開催し全国的な木水氏の見直しができた。その後も『木水コレクション世界児童画展』『市長・議長・教育長室に掲げられた絵展』『久保貞次郎コレクション外国の絵展』 『我が家の玄関に子どもの絵を!!!』展など木水育男氏に関係する展覧会の開催や勉強会討論会を開催。また出かける絵を描く会やギャラリーで絵を描く会を開催することにより児童画の価値や“自由で生き生きと絵を描かす”意義を広めたり『我が家の玄関に子どもの絵を!!!』を推進していく活動を行ってきた。本年度は木水育男の同志で福井県出身の野々目桂三の見直しを行うべく東京のCCAAと協力し『戦後美術教育を考える−野々目桂三を追って』展を9月6日〜22日にCCAAで開催し10月19日〜11月7日にはこどもの城で新しい絵の会造形センター日本版画協会等の作品も加え開催予定である。来年の1月21日〜30日には野々目福井展を越前市ふるさとギャラリー淑羅と石石で計画している。6月は木水指導児童画展を鯖江において開催予定。

お問い合わせ 代表者名 国定 秀行
住所

〒915-0215 越前市柳元町22−9

電話番号 0778-42-3114 (090-1638-7833)
ファックス  

シンポ・野々目

発言する宮脇理

木水指導児童画の絵の選定と勉強会 その1

木水指導児童画の絵の選定と勉強会 その2

←前のページに戻る

Copyright(c) 2014 Mitani Cultural Foundation All Rights Reserved.