財団協賛事業

←前のページに戻る

団体名 NPO 加越たたら研究会
活動内容 古代の鉄をつくろう
古代製鉄をカナケ(鉄分)の水から沈殿したソブという赤泥を使い簡易炉で研究しているグループです。
鉄を作っていると、「何をつくるのか」と聞かれますから、先ずは工業鋳鉄を熔かし造形の練習を行い、次にソブからの鉄を使って一応の鋳造も出来ました。
古代の鉄作りとその紹介が私たちの課題ですから、歩留まり良く、そして品質管理も良く、鍛造用鉄や鋳造用鉄をつくりたいものです。
しかし、製鉄操業状態を確認する手段を持ち合わせておらず、操業は経験と勘に頼っていました。
幸い今年は、操業時に「温度測定」し、できた「鉄や鉄滓の分析」にも取りかかり、古代製鉄を科学するスタートができそうです。
お問い合わせ 代表者名 宇都宮 高栄
住所

〒919-0725  あわら市前谷19-23-2

電話番号 0776-74-1979
ファックス  

ソブからの古代製鉄(たたら)

鋳造(湯流し)

ソブからの鋳造@型に鋳込直後A出来た斧

←前のページに戻る

Copyright(c) 2014 Mitani Cultural Foundation All Rights Reserved.