日本曹洞第二道場
薦福山 宝慶寺



 宝慶寺は今から約700年前、寂円禅師によって開かれました。開山寂円禅師は、中国宋朝の人であり、明州慶元府の太白山天童景徳禅寺で、日本から入宋した道元禅師(日本曹洞宗永平寺の開山)とともに、如浄禅師のもとで参学を続けられました。その後、安貞2年(1228)さきに帰朝した道元禅師を慕って来朝し、常に随待しました。

 道元禅師ご遷化の後、弘長元年(1261)この銀杏峰の麓に入り、石上に坐禅すること18年。たまたまこの山奥に遊猟した下野守藤原氏(伊自良氏)が、坐禅される寂円禅師のお姿をみて、帰依尊信の念を起こし、一宇を草創して宝慶寺と名付け、請して開山と仰ぎました。弘安元年(1278)伊自良氏の知円沙弥によって七堂伽藍が造立されました。
 寂円禅師はますます道元禅師正伝の仏法を宣揚されましたが、正安元年(1299)9月13日、93歳で入寂されました。
本堂(昭和44年改築)  天蓋と御本尊
宝慶寺参道の杉木立    坐禅岩




お問い合わせ宝 慶 寺
〒912-14 福井県大野市宝慶寺1−2
TEL 0779(65)8833


参考図書:宝慶寺ガイドブック等


次のページへ(NEXT1)
義雲禅師、牛と犬の托鉢、水のみ龍
次のページへ(NEXT2)
主な寺宝、僧堂
次のページへ(NEXT3)
伊自良氏の寄進状、重文 橋本家住宅