モンシロチョウの観察(その1)


モンシロチョウの幼虫(アオムシ)
いっぱい食べて大きくなりました。
このあと さなぎになる場所をさがして、歩き回ります。
口から糸を出して さなぎになるための足場を作ります。
体は、だんだん縮んできます。

(画像は、おなか側から見たところ)
さなぎになるための脱皮がすんだところ。
さなぎになってから 一週間から十日くらいたつと、
中の羽が透けて見えてきます。
いよいよ 羽化の時が近づいて来ました。
頭の後ろが割れて、羽化が始まりました。


羽化の瞬間を gifアニメーションにしました。
ここをクリックしてね。(gifファイル64kb)
戻るときはブラウザの戻るボタンで戻って下さい。
さなぎから出たばかりのチョウは、羽が縮んでいます。
ゆっくり時間をかけて伸びていきます。
羽が完全に伸びました。

モンシロチョウの観察(その2)

これは、モンシロチョウになれなかったアオムシの観察記録です。
気持ちの悪い画像もあります。興味のない方、気の弱い方は見ないで下さい。
見たい方は、ここをクリックして下さい。


TOPページ  虫のコーナー  植物のコーナー  リンク