由緒略

 当社は大庭大宮とも云ひ出雲国造の大祖天穂日命が、此地に天降られて御創建、伊弊冊大神を祀り、出雲大神、出雲国の総産土大神、として天穂日命の子孫(大社町、北島、千家両国造)は元正天皇霊亀二年(716)に至る二十五代果安国造迄祭主として奉仕、斉明天皇の勅令により、出雲大社の創建なるや、杵築(大社)へ移住したる。 

 しかし、国造就任の印綬とも云ふべき神代ながらの神火相続
(おひつぎ)式、並に新嘗祭を執行の為め、現在も当社に参向されている。 従って大国主命の国譲も、出雲朝廷のもと国造として祭政を執った当社が古代出雲の神都であり、毎年十月には全国の八百万の神々が集ひ給ふ神在祭も行はれている。

 本殿は民族祖先の独創になる日本最古の建築様式で天地根元造の形態を有する大社造として国宝
(本殿。内殿。古代心の御柱の一部共)に指定され全国に現存する大社造としても最古(正平元年)のもので素朴雄大、本殿内は狩野山楽土佐光起の筆とも伝えられる大壁画九面にて囲まれ、天井の九重雲は(出雲大社は七重雲)日本建国の創業を物語る貴重な神話を伝う。

御釜宮  例祭日十二月十三日(出雲国造参向)

 当社の境内にありて、出雲国造の大祖天穂日命が天照皇大神の神勅に依り、大国主命に出雲国奉還を促し給ふ為め、高天原より大庭釜ケ谷へ乗って天降られたと伝える神釜を祀る。
 出雲国造新嘗祭に参向の節には必ず御釜御神事を行うを例とした。 故に、今日
出雲大社で新嘗祭の時(明治四年より)大庭御神事と称する御釜を祀る神事を執行することになったのは、一時、当社へ参向が中止になったので此の御釜宮を遙拝の為めの神事という。

 竈繁栄、火難除、五穀豊穣、特に子供の虫除、稻熱病並刺虫除の神として崇敬されている。 宮司秋上家は創祀以来連綿として奉仕、出雲神話、伝説などを伝え又古文書などの重要文化財を多数保存、神秘な祭事、特種な祈祷などを伝承している。



霊現地 宿祢岩(天之磐座)

 垂仁天皇は、出雲国造十三代の孫野見宿祢(のみのすくね)が怪力であることを御聞きになり、当時大和で日本一の大力と豪語する當麻蹴速(たいまのけはや)と角力させんと勅使を当大庭に遣はされ、宿祢に伝えさせ給う。
 爾来宿祢は当社に参籠、必勝を祈る内に、神夢に依って、裏山へ奇岩、怪石を累々と集めて力試をし、天磐座大神を祀り、信仰によって自信を深め遂に蹴速を倒して、天皇の親任を得、当時殉死の弊風があったのを改めて埴土に替える様になったと伝えられる。

 此の磐座には宿祢の全智全能がこもっていて角力の祖神として、勝負事
(運動競枝)事業(土木、建築、相場)商売繁昌、勉学、夫婦和合、授児などの霊験ありと信仰されている。
              神魂神社(かもす)大庭大宮(おうばおうみや)

◆出雲国松江市大庭町鎮座


神魂神社

 日本最古の建築様式である天地根元造の形態を有する大社造りとして、明治三十三年四月七日特別保護建造物
(後に国宝と云う)に指定され、現在の本殿は従来応安元年の改築と伝えられていたが、昭和二十三年度よりの修理の際主柱上部の突起(ホゾ)に正平元年(1346)丙戊十一月日と墨書されているを発見された。 従って現存する大社造としては最古のもので、出雲大社の改築より約四百年も古い。

 歴史的にも原始的な構造、古形を具備し全国総ての神社建築並一般民家建築の根元をなし、日本民族祖先の独創になる世界に誇るべき文化財として斯界の学者、技術者から推称されている。
(出雲大社が創建される時当社の倍率に設計されたとの社伝がある)





重要文化財

貴布禰稲荷両神杜本殿……二間社流造…一棟貴布禰稲荷神社
室町時代

 神社建築様式としては他に類例のない珍しい形式のものとして推称されている。
 全国に一間社、三間社流造は類例が多いが二間社は類例が少ない。



神魂と云う社名

 神魂を何故にカモスと読むかについて諸説があるが、天穂日命が当地に天降り天津神籬(神木)叉は天津磐坂(大岩)に先伊弉冊大神を祀り、次に伊弉諾大神を併せ祀り神霊の鎮り坐す所、即ち神坐所と申され、それが、カンマス−カモスとなったと云われる。
 又御祭神二柱の神が、天地の創造の時初めて夫婦の道を開きムスビ給ひし古事により、
神ムスビ(縁結)の大神と唱えたのを神魂となった説や、神皇産霊神を当初祀った事はないかとも伝えられて居る。 しかし、宮中にて御神鏡(八咫鏡)を祀られ在る所を賢所といわれていますが、これも神霊の鎮坐す、尊い、賢い所と云う意で賢所=神坐所と共通した呼称もあることも銘記する必要がある。 従って神社とか神宮とか社と呼ばれる様になる以前の一層に古い信仰上の表現だと云える。

御神紋

 当社の神紋は亀甲の中に有の字を標示してある。 これは毎年十月に御祭神伊弉冊大神の御祭をなさるため全国の神々が御集合になるので、出雲では神在月と云うし、他国では神々が御不在なので神無月と云われているが、大古より十月十一日に当社へ集られ十八日迄御滞在になることになっているため、神々が御集合になる目標として神在の十月を象形したものと伝えられている。

大社造内部

 当社は女神伊弉冊尊を祀ってあるので外形内部共女造になっている。 出雲大社は大国主命を祀る故、外形内部共男造である。
御祭神

主祭神 伊弉冊大神
合 祀 伊弉諾大神

春祭=4月18日 例祭=10月18日 新嘗祭=12月13日 神在祭=11月11日
国宝神魂神社本殿  (大庭大宮)

          国宝  御 内 殿       大  社  造 ・ 屋根栃葺  一棟

             国宝  心御柱古材      一間社切妻造 ・ 妻   入  一棟正平 元年

                               十一月日 記入  一箇
〜神魂神社案内書による〜


杵築大社   熊野大社   佐太大社   能義大社
出雲の国   美保神社   加賀神社   神魂神社  日御碕神社

  神社  話題  登山  今立町